【あったか煮込みレシピ】TOP5

いよいよ寒さが本格化、風は冷たく、積雪している地域も多くあります。冷えは万病のもと。体が冷えていたら元気もでないですよね。
暖房だけに頼らず、ぽかぽかお料理や適度な運動で温まりたいですね。
そこで今回は、「寒いこの時期に食べたい【あったか煮込みレシピ】TOP5」を発表!
BONIQにかければあとはほったらかしでOK!しっかり食材の旨みが引き出され、しっかり味も染み込んでほくほく。心も体も温まります。
ぜひ今日の晩御飯にいかがでしょうか^^

【あったか煮込みレシピ】No.5!


1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:735 kcal、タンパク質:23 g、糖質:2.6 g、脂質:50.3 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
柔らかいお肉を食べるための火入れの温度は、たんぱく質が収縮する温度(65℃)より低い温度で加熱するか、コラーゲンがゼラチンになる温度(80℃付近)で加熱し続ける。
つまり「火入れを甘くすることで柔らかい or 煮込むことで柔らかい」
のどちらかを選択することになります。
今回は、コラーゲンが多く含まれる部位を使用した事と、野菜も同時に入れて低温調理をしたので、人参の温度に合わせて温度を決めました。
仕上がりは思った通りに柔らかく、とても美味しかったです。

詳しいレシピはこちらから↓

【あったか煮込みレシピ】No.4!


1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:316 kcal、タンパク質:20.2 g、糖質:19.9 g、脂質:16.7 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
圧力鍋で作るスペアリブは簡単に短時間で調理できますが、BONIQ調理との仕上がりに差がでることが分かりました。
圧力鍋の場合、やわらかいのですが水分が抜けきってしまうのと、肉質が繊維状に剥がれる食感で、歯にはさまりやすくなります。。
一方でBONIQでの今回の設定温度では、タンパク質の変性により水分が抜ける温度ではありますが、圧力鍋やオーブンよりも低い温度なので肉質のままホロっと崩れるくらいにやわらかく、コラーゲンがゼラチンになることで、さらにやわらかさが増します。
スペアリブのような骨つきの肉は、豚もも肉や豚肩ロース肉と違って80℃以上の長時間調理がおすすめです。
詳しいレシピはこちらから↓

【あったか煮込みレシピ】No.3!


1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:269 kcal、タンパク質:18.2 g、糖質:9.1 g、脂質:15.9 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
毎日の生活で夕飯作りにかけられる時間は限られていますよね。家事、子育て、仕事に追われる主婦にとっては尚更の事だと思います。
今回は、前日からの下処理や下味の漬け込み時間を除き、30分で栄養たっぷり、とてもジューシーなスペアリブに仕上がりました。
骨付きの鶏肉(主に手羽先や手羽元など)は筋肉が発達しているため煮込み調理に適していますが、低温調理で80℃~95℃付近、5~7時間で、骨から外れる柔らかさになります。
火を使っても同じくらい柔らかくなりますが、しっとりさは抜けてしまうので、時間がある時は低温長時間料理で骨から外れる程の贅沢な柔らかさを、忙しい時は30分でしっとり、コクのあるスペアリブを、ぜひ試してみてくださいね。
詳しいレシピはこちらから↓

【あったか煮込みレシピ】No.2!


1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:144 kcal、タンパク質:6.6 g、糖質:12.2 g、脂質:5.9 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
同時に調理ができることは忙しい主婦にとって大変助かりますよね。
従来通りに鍋で作っても大根の下ゆでは必要になるので、二度手間とは思えません。
手羽先から出る旨味や脂が淡白な大根とよく合います。
1日大さじ1杯摂取すると内蔵脂肪が減り、また、疲れを溜め込まないと言われているお酢が多めに入っているので、疲労回復効果としても良いでしょう。
詳しいレシピはこちらから↓

【あったか煮込みレシピ】No.1!


1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:343 kcal、タンパク質:27.1 g、糖質:22 g、脂質:9.6 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
柔らかいお肉を食べるための火入れの温度は、たんぱく質が収縮する温度(65℃)より低い温度で加熱するか、コラーゲンがゼラチンになる温度(80℃付近)で加熱し続ける。
つまり「火入れを甘くすることで柔らかい or 煮込むことで柔らかい」
のどちらかを選択することになります。
今回は、コラーゲンが多く含まれる部位を使用した事と、野菜も同時に入れて低温調理をしたので、人参の温度に合わせて温度を決めました。
仕上がりは思った通りに柔らかく、とても美味しかったです。
詳しいレシピはこちらから↓

《まとめ》
BONIQで作る低温調理煮込みなら、火入れをしすぎてしまったり、やわらかくなりすぎてしまったりすることはありません。
ちょうどよく歯ごたえを残した、贅沢なやわらかさの具材がたまりません^^旨みや栄養素を逃しにくいのも嬉しいですね。
いずれも難しいステップはありません。簡単なのにしっかり味が染み込んで、ほくほく美味しい煮込みに癒されます。

低糖質、高タンパク、高栄養な食事を作るのに適した調理器具、「BONIQ」。
今後も「BONIQ」はより「美味しい食事」を食べていただくこと、ひいては「美味しい食事」を食べて健康になるためには何を知り・すべきかを提案していくこと、を目的として、様々なレシピや調理の比較実験をみなさまへご提案してまいります。

※本ランキングは当社の公式レシピサイト(http://boniq.jp/recipe/)における、「レバー・砂肝」レシピの総アクセス数に基づいてランク付けしています。

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿





【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【牛肉の加熱温度時間】【豚肉の加熱温度時間】【鶏肉の加熱温度時間】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
boniq

boniq

低温調理をもっと身近に・・・

63℃ やわらか牛タンのねぎ味噌焼き

【ふわふわ煮込みハンバーグ】レシピ動画

関連記事

  1. 【元気が出る!レシピ】TOP3

    梅雨の時期は、ずっと続く雨模様やどんよりとした曇り空に、気持ちがちょっと落ち…

  2. 【冷え性改善レシピ】TOP3

    「冷え性は万病のもと」ともいわれ、冷え性を放っておくと、さまざまな病気を引き…

  3. 和風〜洋風まで【鴨肉レシピ】TOP3

    特にお好きな方でなければ、いつものおうちごはんではあまり登場しにくい鴨肉。パ…

  4. 簡単おしゃれ【サラダレシピ】TOP5

    毎日食べるサラダ、頻度が多いだけについついマンネリしがちですよね。ヘルシ…

  5. 【糖質 40g以下レシピ】TOP5

    ダイエット中や減量中の方はもちろん、最近の健康ブームで糖質について意識されて…

  6. 【低温調理ならではレシピ】TOP3 Vol.02…

    ひと口食べればその魅力にとりつかれてしまう、家庭料理とは思えない!「低温調理…

  7. 家呑みに♪【おつまみレシピ】TOP3

    お仕事後におうちでまったり、ちょい呑み!至福の時間ですね♪BONIQ…

  8. 【栄養素の高い健康レシピ】TOP3

    BONIQは高温調理と違って食材がパサついたり固くなったり焦げ付いたりし…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP