【家呑みに!絶品おつまみレシピ】TOP8

最近機会が増えた「家呑み」。アルコールだけでの参加ももちろん楽しいですが、やっぱりおいしいおつまみがあると一層気分が上がります。
そこで今回は、家呑みにおすすめ◎【おつまみレシピ】TOP8を発表!
キンキンに冷えたビールやお気に入りのカクテルがすすむ、絶品おつまみ。BONIQの低温調理で極上おいしいのに、料理初心者さんでも楽々の簡単レシピです。
さらに、ほったらかし調理でOKだから、BONIQに投入して出来上がるまでの間に、お酒の買い出しを済ませるのも効率的◎おつまみからお酒を選ぶのも、お酒からおつまみを選ぶのも楽しみの1つです。
おいしい×楽しい、至福のひとときを存分に満喫してくださいね^^

家呑みにおすすめ◎【おつまみレシピ】人気ランキング No.8!


BONIQレシピ開発者の作った感想
スーパーなどでも見かける豚タンですが牛タンと比べて値段も安く、脂が少ないのでサッパリとした、クセのない味です。
美味しく調理するには表面は香ばしさを出すためにコリっとさせ、中心部はジューシーに仕上げるのがおすすめですが、ついつい焼きすぎてしまう事がありませんか?
BONIQなら、豚肉を安心して食べられる温度で中心部までゆっくり熱を加え、最後に表面だけバーナーで炙ることで、自宅でコリコリ・ジューシーな豚タンが味わえます!


詳しいレシピはこちらから↓

家呑みにおすすめ◎【おつまみレシピ】人気ランキング No.7!


BONIQレシピ開発者の作った感想
マリネもBONIQでの調理もフリーザーバッグの中でできるので、洗い物も少なくて簡単!仕上げのグリルも、表面を香ばしく焼くだけなのでスピーディー。
このレシピは優しいピリ辛度合いにしてあります。お好みで豆板醤の量を調節してくださいね。間違いなくビールとご飯が進みます!


詳しいレシピはこちらから↓

家呑みにおすすめ◎【おつまみレシピ】人気ランキング No.6!


BONIQレシピ開発者の作った感想
年末年始、バレンタイン、誕生日、パーティーメニューやおもてなしに、ローストビーフは欠かせません。
毎回完璧なローストビーフを作るには徹底した温度管理が必須となりますが、家庭では間違いなく低温調理器が便利です。
レア→55〜56℃
ミディアムレア→57℃〜59℃
ミディアム→60℃〜62℃
この温度さえ覚えておけば、誰でも簡単に失敗知らずで、肉汁したたる美味しいローストビーフが出来上がります!


詳しいレシピはこちらから↓

家呑みにおすすめ◎【おつまみレシピ】人気ランキング No.5!


BONIQレシピ開発者の作った感想
一晩漬け込んだ鴨肉はしっかり味が染み込み、かつ全体的にロゼ色で狙った通りのしっとり感でした。
漬け汁は多めに用意することで、鴨南蛮のつけ汁にしたり、ゆで玉子をあらかじめ用意しておけば鴨肉と同時に味付け卵を作ることもできます。
お好きな薬味と練り辛子、または柚子こしょう、七味唐がらしなどと合わせれば日本酒が進むこと間違いなしです。


詳しいレシピはこちらから↓

家呑みにおすすめ◎【おつまみレシピ】人気ランキング No.4!


BONIQレシピ開発者の作った感想
筋肉質な砂肝は、コリコリな食感が特徴的です。
焼き鳥屋さんでは定番ですが、家庭での調理だと、火加減が難しいかと思います。
BONIQを使った砂肝のコンフィは、コリっとした食感を残しつつもムニュっとした、火は入っているのにレアっぽく新しい食感が癖になりそうです。


詳しいレシピはこちらから↓

家呑みにおすすめ◎【おつまみレシピ】人気ランキング No.3!


BONIQレシピ開発者の作った感想
従来の方法では調味料を入れて煮込む行程で、十分に味をしみこませようとすると下の方だけ焦げたりしがちですが、BONIQを使えばより短い時間で全体にムラなく、味が十分染みたとろとろの角煮が出来ました!お好みで辛子を添えてお召し上がりください。
改訂版「77℃ 極上!改訂版 豚ばらの角煮」できました!合わせてご参照ください。


詳しいレシピはこちらから↓

家呑みにおすすめ◎【おつまみレシピ】人気ランキング No.2!


BONIQレシピ開発者の作った感想
しっとりとやわらかな口あたりのローストポーク。おもてなしや持ち寄りにも最適!
厚めのカットだとジューシー、薄めのカットだとシットリした食感になります。お好みでお選びください。


詳しいレシピはこちらから↓

家呑みにおすすめ◎【おつまみレシピ】人気ランキング No.1!


BONIQレシピ開発者の作った感想
冷蔵庫で3~4日は保存可能なので、ぜひ2パターンで味わっていただきたいです。
チャーシューご飯用のソースはバルサミコ酢を入れることで、スッキリとした味わいになります。いつものチャーシューのこってりさにスッキリとしたソースでご飯がすすみます。
改訂版「63℃ もっとやわらかしっとり!チャーシュー」できました!合わせてご参照ください。


詳しいレシピはこちらから↓

《まとめ》
どれにしようかな?と考えている間も、楽しみでわくわく、ニヤニヤしてしまう絶品おつまみ。さくっと同時調理で、お酒に合わせて複数種類を楽しむのもよし、ぱっと簡単にお酒を選ばない万能メニューの一品でもよし。
たくさん作って冷蔵・冷凍保存しておけるので、少しずつつまんで楽しむのも良いですね。
く~っ!と唸っちゃう極上おつまみとお気に入りのお酒で、仲間との時間を一層充実!お箸もビールも止まりません!
食べ過ぎ、飲み過ぎにはご注意くださいね^^

低糖質、高タンパク、高栄養な食事を作るのに適した調理器具、「BONIQ」。
今後も「BONIQ」はより「美味しい食事」を食べていただくこと、ひいては「美味しい食事」を食べて健康になるためには何を知り・すべきかを提案していくこと、を目的として、様々なレシピや調理の比較実験をみなさまへご提案してまいります。

※本ランキングは当社の公式レシピサイト(http://boniq.jp/recipe/)における、「おつまみにぴったりなお酒がすすむレシピ」の総アクセス数に基づいてランク付けしています。

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿






【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
boniq

boniq

BONIQは、ユーザー様それぞれの本質的な目的をサポートする為のパートナーとなるべく低温調理器やそれをより楽しむためのアクセサリー、レシピ、実験記事などを開発しております。 低温調理の可能性を飛躍させ、【日本に低温調理文化を…】を創業以来掲げるテーマとして、一家に1台低温調理器の普及を目指し、そんな方々を見つめその目的達成の一役を担う事を最大の喜びとして、人生を捧げております。 どんな世界でも希望と覚悟を持って生きたいと願う全ての方々と共に・・・ 〜 Let's change your life 〜

ベストなバッグ密封の仕方 比較実験

【エスニックな鶏ももソテー】レシピ動画

関連記事

  1. 【栄養素の高い健康レシピ】TOP3

    BONIQは高温調理と違って食材がパサついたり固くなったり焦げ付いたりし…

  2. 【朝ごはんにぴったりレシピ】TOP3

    元気な1日を過ごすために大切な、朝ごはん。そこで今回は、220個以上…

  3. 【低温調理ならではの魚介レシピ】TOP3

    BONIQと相性が最強なのはお肉だけではないんです!そこで今回は、2…

  4. 【低温調理ならではの豆腐レシピ】TOP3

    「低温調理」×「豆腐」、なかなかパッと想像がつかないかもしれませんが、低温調…

  5. 【お祝いにぴったりレシピ】TOP3

    2019年はすぐそこ。みんなが集まる年明け、美味しいご馳走とともに新年を…

  6. 【あったか煮込みレシピ】TOP5

    いよいよ寒さが本格化、風は冷たく、積雪している地域も多くあります。冷えは…

  7. 感動食感【低温調理レバーレシピ】TOP5

    BONIQ試食イベントなどでもその食感や味わいに驚きの声や歓声が上がる、…

  8. 【おうちキャンプごはんレシピ】TOP3:低温調理レシピ

    【おうちキャンプごはんレシピ】TOP3

    ゴールデンウィークも後半。アウトドアはもちろん、なかなか外出を楽しむこと…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP