【糖質 20g以下レシピ】TOP5

ダイエット中や減量中の方はもちろん、最近の健康ブームで糖質について意識されている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は「糖質 5g以下レシピ」、「糖質 10g以下レシピ」に続き、300個以上の低温調理レシピを公開している「BONIQ」の公式レシピサイトにおける、「人気&注目の糖質 20g以下レシピ」TOP5を発表!
糖質の摂りすぎは体脂肪の増加や糖尿病などの深刻な健康トラブルにつながってしまうので注意したいですが、糖質は重要な栄養素でもあり、不足しすぎるのも危険です。自分の体調や目的をふまえた上で、上手く食事コントロールしていきたいですね。
前回、前々回は一食あたりの糖質量が5g以内、10g以内とかなり制限されているメニューでしたが、今回は20g以内ということで、よりいつものおうちごはんにも取り入れやすいのではないでしょうか。
低糖質でダイエットや減量中の方々にはとてもおすすめですが、そうでない方にも、ヘルシーなのに美味しい、ヘルシーなのに食べ応え満点なBONIQの低温調理レシピ。朝ごはんやお昼ごはんは糖質少しだけ高めの20g以内のレシピから、そして夜ごはんは5g、もしくは10g以内のレシピから、などお好みに応じて選んでみてくださいね。
なお、次回は40g以下レシピの人気ランキングを予定しているので、そちらもぜひお楽しみに!^^

【糖質 5g以下レシピ】TOP5 はこちら↓


【糖質 10g以下レシピ】TOP5 はこちら↓

※本ランキングは一食あたり糖質10g以上、20g以下のレシピランキングになります。5g以下、10g以下の人気ランキングは上記リンクよりご覧ください。

【糖質 20g以下レシピ】人気ランキング No.5!

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:1,059 kcal、タンパク質:25.3 g、糖質:14.2 g、脂質:95.2 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
『タリアータ』とは…焼いた牛肉を薄くカットし、ルッコラなどの野菜とパルミジャーノレッジャーノと合わせて食べるシンプルなイタリア料理です。シンプルなだけに素材の味がダイレクトに伝わり温度管理をきっちりしないと仕上がりに差が出ます。
フライパンでの温度管理は慣れていないと難しいところですが、BONIQでは設定さえきちんとしていれば簡単に狙った通りの仕上がりになります。
ローストビーフのロゼ色より赤く、牛のたたきより火の入ったミディアムレアのタリアータ。ワインがすすむ美味しさです。
詳しいレシピはこちらから↓

【糖質 20g以下レシピ】人気ランキング No.4!

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:227 kcal、タンパク質:21.0 g、糖質:18.4 g、脂質:5.3 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
低温調理ならではのローストビーフ。見事にお肉の断面が均一にピンク色です。
低温でゆっくり熱が入っていく事で、お肉がしっとり柔らかくなります。
味噌ならではの濃いめの味わいと、たっぷりの薬味が合います。
たくさん作ってローストビーフ丼やサンドイッチにしても美味しいですよ。
詳しいレシピはこちらから↓

【糖質 20g以下レシピ】人気ランキング No.3!

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:355 kcal、タンパク質:21.4 g、糖質:17.1 g、脂質:19.6 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
マリネも、BONIQでの調理も、フリーザーバッグの中でできるので、洗い物が少なくて簡単!
おうちで簡単に、中国料理のお店で前菜で食べるようなチャーシューができました。飴を塗るので、テリテリな見た目もさらに食欲をそそります。
ビールはもちろん、華やかな香りの白ワイン、ロゼワインと合わせてどうぞ。
詳しいレシピはこちらから↓

【糖質 20g以下レシピ】人気ランキング No.2!

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:267 kcal、タンパク質:28 g、糖質:12 g、脂質:6 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
BONIQを使えば、厚切りの豚ロースの火入れが完璧で、間違いなくジューシーに仕上がりました。
すぐに食べない時でも再び湯せんで温めれば、ジューシーさが味わえます。
また、お好みでブラックペッパーを挽けば、味が引き締まります。
炊き立てのご飯と共にどうぞ!
詳しいレシピはこちらから↓

【糖質 20g以下レシピ】人気ランキング No.1!

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:655 kcal、タンパク質:24.9 g、糖質:12.6 g、脂質:57.5 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
従来の方法では調味料を入れて煮込む行程で、十分に味をしみこませようとすると下の方だけ焦げたりしがちですが、BONIQを使えばより短い時間で全体にムラなく、味が十分染みたとろとろの角煮が出来ました!お好みで辛子を添えてお召し上がりください。
詳しいレシピはこちらから↓

《まとめ》
今回のランキングでは豚肉が人気で、5メニュー中3メニューが豚肉レシピ、5メニュー中2メニューは牛肉レシピになりました。やはり低温調理ならではの仕上がりは塊肉がよりわかりやすいためか、塊肉のレシピが目立ちますね。
毎回購入しにくい塊肉、パーティーや持ち寄りなどのイベント時や安価な時の買いだめなどで使うことがメインかもしれませんが、BONIQを手に入れたらまず作ってみる!という方も多いのではないでしょうか。
こんなにも塊肉が「簡単に、”ちょうど良く”、理想的」に仕上がるのは低温調理ならではですよね。
こんなに食べ応えもあってやみつきになるような美味しさの5メニュー、いずれも一食あたりの糖質量は20g以下ととてもヘルシーです。美味しく食べて、痩せる。美味しい上に体に優しくて、健康。やっぱり低温調理は最強ですね!
今回の糖質20g以下レシピ、ダイエット中や減量中、ボディメイクやトレーニングをされる方、糖質を気にされている方はもちろんですが、そうでない方もぜひ一度作ってみられることをおすすめしたい5レシピです。
より詳しい栄養計算やBONIQ管理栄養士によるアドバイスはそれぞれのレシピページをご覧くださいませ。

低糖質、高タンパク、高栄養な食事を作るのに適した調理器具、「BONIQ」。
今後も「BONIQ」はより「美味しい食事」を食べていただくこと、ひいては「美味しい食事」を食べて健康になるためには何を知り・すべきかを提案していくこと、を目的として、様々なレシピや調理の比較実験をみなさまへご提案してまいります。

※本ランキングは当社の公式レシピサイト(http://boniq.jp/recipe/)における、「一食あたり糖質10g以上、20g以下」カテゴリレシピの総アクセス数に基づいてランク付けしています。

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿





【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。

また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
boniq

boniq

低温調理をもっと身近に・・・

50℃〜 低温調理いろいろ 満腹コブサラダ

【極上なめらかプリン】レシピ動画

関連記事

  1. 家呑みに♪【おつまみレシピ】TOP3

    お仕事後におうちでまったり、ちょい呑み!至福の時間ですね♪BONIQ…

  2. 柔らか美味【低温調理 ローストビーフ】TOP3

    低温調理で調理する魅力がトップランクで分かりやすいのはお肉(特に”塊肉”!)…

  3. 【低温調理ならではのお米レシピ】TOP3

    お肉、お魚、野菜、卵・・・以外にも、低温調理ならではのお米レシピがあります。…

  4. 【低温調理ならではのお肉レシピ】TOP3

    BONIQとの相性が最強なお肉。そこで今回は、220個以上の低温調理…

  5. 【どれが1番?低温調理比較】TOP3

    220個以上の低温調理レシピを展開するBONIQ 公式レシピサイトの中で、人…

  6. 【低温調理ならではの豆腐レシピ】TOP3

    「低温調理」×「豆腐」、なかなかパッと想像がつかないかもしれませんが、低温調…

  7. 【糖質 5g以下レシピ】TOP5

    ダイエット中や減量中の方はもちろん、最近の健康ブームで糖質について意識されて…

  8. 【レシピ開発者のおすすめ】TOP3 –…

    毎週更新のBONIQ オリジナル公式レシピを開発してくれている、BONIQ …

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

言語 / Languages

  • English (United States)
  • 日本語

最近の記事

SNS

     



PAGE TOP