80℃ ししゃものコンフィ

お手軽ししゃもが、おしゃれに大変身!
栄養そのまま。お食事にも、おつまみにも。

BONIQ設定

80℃
1:00(1時間)

材料


☆2人分☆
・ししゃも(一夜干し)  180g
・オリーブオイル  60cc
・にんにく  1片
・たかのつめ  1本分(なくても可)
・ローリエ  1枚

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質5g以下)
カロリー  246 kcal
糖質  0.8 g
タンパク質  19.2 g  体重 x 1.2g ~ 1.5g
脂質  17.3 g
食物繊維  0.3 g 20 g 以上
カリウム  370 mg  3500 mg 以上
カルシウム 300 mg 650 mg 以上
マグネシウム  44 mg 350 mg 以上
鉄分  1.5 mg 7.5 mg 以上
亜鉛  1.7 mg  10 mg 以上

《手順》

BONIQをセット

食材全体がきちんと湯せんに浸かるよう、十分な水量を用意する。
80℃ 1:00(1時間)に設定する。

フリーザーバッグに投入

にんにくは半割りにし、芯を取る。
ししゃもが重ならないようにフリーザーバッグに並べ、残りの材料をすべて入れる。
高温調理のため念のためフリーザーバッグを二重にする。

BONIQに投入

BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れながら、バッグ内に気泡が残らないようにしっかり空気を抜いて密封し、低温調理をする。
この時、バッグを完全に沈めて食材全体が湯せんに浸かるようにする。
(気泡が残っていたり食材全体が完全に浸かっていないと、熱が適切に伝わらず、加熱ムラが生じる。)

フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0

仕上げ

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、ししゃもを皿に盛り付ける。
上からこしょうをふって、出来上がり。

《作る際のポイント》
1.オイルが入るので、念のためフリーザーバックを二重にしています。

2.保存食にもなるコンフィ。冷蔵庫保存する際は、蓋のできる清潔な容器にオイルごと入れてください。4~5日は美味しく食べられます。

3.フリーザーバックからししゃもを取り出すときはゆっくりそっと取り出してください。すごく柔らかいので箸で持っただけで崩れそうになります。

《作った感想》
オイルで煮る調理法の「コンフィ」で、あの安いししゃもが簡単に美味しく、おしゃれに仕上がりました!
箸で持つとホロッと崩れ、頭から尻尾の先まで、残す所なく食べられる美味しさです。
残ったオイルは風味が残っていますので、アンチョビ系のパスタやピザソースとしても使い回せます。

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

頭から尻尾の先まで骨ごと食べることができるししゃもは、栄養面でも優れた食材です。

タンパク質は約20%、脂質は約8%含んでいます。
白身魚の中では脂質が多めですが、不飽和脂肪酸が多く、EPAやDHAが摂取できます。EPAやDHAは血中の脂質バランスを整える働きがあり、血栓ができるのを防ぐため動脈硬化の予防に役立ちます。
他にもEPAにはアレルギーを和らげる働き、DHAには神経伝達をスムーズにして記憶力を高める働きが期待されています。

骨ごと食べられることから、丈夫な骨や歯をつくるのに欠かせないカルシウムが豊富です。
一日に摂取したいカルシウムの推奨量(30~49歳)は、男女ともにで650mgです。ししゃも100gあたり330mg含まれているため、約半分の量を摂取することができます。
カルシウムと一緒に骨をつくるマグネシウムも含まれているため、発育中のお子様や骨粗鬆症を気にしているご年配の方にもおすすめしたい一品です。

レシピ動画もご覧ください

【ししゃものコンフィ】BONIQ設定 – 80℃ 1:00(1時間)

ASMR(NO MUSIC)

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿






【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
NAO

NAO

1女・1男の母 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。リクエストいただければ、それに沿ったレシピ提案もさせていただきます。

前のページ

次のページ

関連記事

  1. 65℃ 冷凍魚そのまま低温調理可能?比較実験

    BONIQマニアにおくる、低温料理の疑問あれこれの検証。日々低温調理…

  2. とろふわかぼちゃの豆乳スープ(アップ):低温調理レシピ

    95℃ とろふわ かぼちゃの豆乳スープ

    カットしてフリーザーバッグに入れるだけ!小麦粉なしで、口当たりの良いとろっと…

  3. 80℃ ふわっと風味広がる海老しんじょ

    ふんわりはんぺんにプリプリえびの食感がアクセント。えびの風味がふわっ…

  4. 63℃, 73℃ サッパリしっとり豚もも角煮

    脂身の多い三枚肉ではなくもも肉を使って、BONIQの低温調理で、"サッパ…

  5. なめらかな舌触りの桜香る低温調理プリンの完成_桜プリン

    85℃ 幸せな香りと甘さ 桜プリン

    ふわっと香る桜の香りが、口の中で濃厚に広がる。季節と共に幸せを感じられる…

  6. 61℃ 同時調理で 水晶鶏の温玉のせ

    とろとろ温玉とやわらか鶏むねの定番最強コンビ。同時調理で時短&高たんぱく…

  7. 93℃ ジンジャーシロップ ジンジャーエール

    パンチが効いたしょうがの風味が爽快で、スパイシー!BONIQ調理時間・温…

  8. 65℃ ふわふわ煮込みハンバーグ

    ふわふわやわらか、家族も喜ぶ定番のおかずメニュー。BONIQの低温調理な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式SNS

       

PAGE TOP