しっとりふっくら鯖の味噌煮

箸を入れた瞬間ほろっと柔らかい!
しっとりふっくら鯖の味噌煮が簡単に出来ます!

BONIQ設定

55℃
60min

材料


☆4人分☆
・ 鯖  2切れ(370g)
※アニサキス殺菌の為、家庭用品冷凍庫で48hr冷凍した魚を使用
・ 長ねぎ(白い部分)  10cm分
・ 長ねぎ(青い部分)  10cm分
・ しょうが  1かけ半

<調味料>
・ 水  200cc
・ 酒  100cc
・ みりん  大さじ2
・ 砂糖  大さじ1
・ 梅ぼし  1個(臭み消しのため無くても可)
・ 味噌  大さじ1
・ いろは醤油  10cc

<ブライニング液>
・ 水  400cc
・ 塩  小さじ4
・ 砂糖  小さじ1

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質20g以下)
カロリー  258 kcal
糖質  10.9 g
タンパク質  19.4 g  体重 x 1.2g ~ 1.5 g
脂質  15.2 g
食物繊維  0.4 g 20 g 以上
カリウム  338 mg  3500 mg 以上
カルシウム 17 mg 650 mg 以上
マグネシウム  35 mg 350 mg 以上
鉄分  1.2 mg 7.5 mg 以上
亜鉛  1.0 mg  10 mg 以上

《手順》

鯖をカットする

鯖2切れを1/2にカットし、皮目に十字の切り込みを入れる。

鯖の臭みを取る

ブライニング液レシピの分量を深めのボールに入れ、ホイッパーでよく混ぜる。
塩と砂糖のジャリジャリ感を無くすよう、ボールの底に擦り付けるようにする。
鯖をボールに入れ冷蔵庫で35分~45分浸ける。

タレを作る

漬け込み用のタレを作る。
しょうが1かけ半のうち1個分をスライスし、小鍋にねぎの青い部分と共に入れる。
調味料のうち、みそといろは醤油以外の調味料を入れ一煮立ちさせる。
小鍋から少し煮汁をボールにとり、味噌を溶いてから鍋に戻す。
いろは醤油もここで入れる。
更に一煮立ちさせたらあら熱を取る。

BONIQをセット

ブライニング液の漬け込み時間が残り20分程になったら、BONIQを55℃ 60分に設定する。

フリーザーバッグに投入

漬け込み終えたらボールから鯖を取り出し、流水で流す。
ペーパーで水気を抑えフリーザーバッグに2カットずつ入れる。
あら熱が取れたタレのうち約半量を漬け込み用にするため、フリーザーバッグにそれぞれ入れる。
残り半量はそのまま鍋で少しとろっとするまで煮詰めて仕上げ用のタレに使う。
ねぎの白い部分としょうが残り半分は白髪ねぎと針しょうがにしておく。

BONIQに投入

設定温度に達したらフリーザーバッグをBONIQの湯せんに入れ、低温調理をする。

盛り付け

設定時間終了のタイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、鯖をお皿に盛り付ける。
白髪ねぎと針しょうがを乗せて、完成です。

《作る際のポイント》
1.鯖の臭みを取る方法として、ブライニング液に漬け込む方法や水から鯖を火にかけ40℃になったら2~3分煮る方法など色々ありますが、BONIQ調理ではブライニング液に漬け込む方法が余計な熱を加えないことと、塩水に浸けることでふっくら1番美味しくし上がります。

2.皮目の十文字は味を染み込みやすくするためと、煮崩れ防止にもなります。

《作った感想》
サバといえば、定番の鯖の味噌煮は外せませんね。
ただ、生臭かったり、サバの身がパサついてしまったことはありませんか?
鯖の味噌煮は比較的簡単な調理工程ではあるものの、ポイントとなる温度管理がきちんと出来ていないと美味しさ半減となります。
きちんと下処理をし、設定した温度で調理すれば箸を入れた瞬間ほろっと柔らかくしっとりとした鯖の味噌煮が簡単に出来ます。
梅干は味噌煮自体に味が出ることは無く、実は一緒に食べても味のアクセントになり美味しいんですよ。
鯖に限らず、カレイや赤魚の煮漬けも同じ行程で行えます。

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

青魚である鯖は、ビタミンB12とビタミンDが食品の中でもトップクラスに多い食品です。

ビタミンB群は栄養素をエネルギーに代謝したり、血液や免疫を健康に保つために重要な栄養素です。
なかでも、ビタミンB12は葉酸と共に赤血球中のヘモグロビンを造り出すために働きます。
鉄分が不足すると貧血になる、と言いますがビタミンB群は赤血球を作り出すために必要不可欠な栄養素であるため、ビタミンB群が不足しても貧血になってしまうのです。
1日に摂取することが推奨されているビタミンB12の量は男女ともに2.4mg。鯖を70g食べることで推奨量の約3倍を満たすことができます。

ビタミンDは植物由来のものと動物由来の2種類があり、鯖に含まれるビタミンDは動物由来のビタミンD3です。
なんと、鯖を70g食べるだけで、1日に必要なビタミンDの1.5倍の量を摂取することができるのです。
ビタミンDには免疫機能を正常に保つ働きもあるので、季節の変わり目には特に気を付けたいビタミンです。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^


【注意】食中毒に関しては、下記のサイトをご一読下さい。

特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75度1分以上】の加熱をしてください。

→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
NAO

NAO

1女・1男の母 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。リクエスト頂ければ、それに沿ったレシピ提案もさせて頂きます。

旨みが凝縮!かぼちゃの冷製スープ

爽やか!桃のコンポート

関連記事

  1. 秋鮭のムニエル 濃厚レモンソース

    市販の鮭も、ホロッとやわらか高級料理店の味わい。濃厚なのに後味さっぱ…

  2. ししゃものコンフィ

    お手軽ししゃもが、おしゃれに大変身!栄養そのまま。お食事にも、おつま…

  3. あん肝ポン酢

    じわーっと、染み入る旨さ。滑らかでパーフェクトな旬の味を、ぜひご家庭…

  4. フレッシュな香り広がる さばサンド

    トルコ名物のさばサンド。決め手はフレッシュなレモンとオリーブオイル!…

  5. びんちょうマグロの香草オイル漬け

    もちっとおいしく、お酒のお供に♪見た目も華やかで、おもてなし料理にも…

  6. 牡蠣のコンフィ

    生に近い形で仕上がる♪海のミルクの食感異なるコンフィ2種BONIQ設…

  7. 炙りほたて タプナードと共に

    旨みがしっかり凝縮された、驚きの食感!他の調理法には、真似できないお…

  8. 濃厚クリーミーなあん肝

    口の中でとろける・・・海のフォアグラ「あん肝」をご家庭で♪BONIQ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP