90℃ 半熟卵とツナのポテトサラダ

半熟卵も同時に調理できる逸品!
お好みできゅうりやハーブなどもどうぞ!

BONIQ設定

90℃
50min(卵は12分で取り出す)

材料


☆3〜4人分☆
・じゃがいも  350g(約2〜4個)
・エクストラバージンオリーブオイル  大さじ1
・たまねぎ(スライス)  小1/2個(約70g)
・塩  2つまみ

・卵  2個
・ツナ  70g
・マヨネーズ  大さじ2
・粒マスタード  小さじ1
・塩こしょう  適量

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質20g以下)
カロリー  246 kcal
糖質  13.5 g
タンパク質  7.6 g  体重 x 1.2g ~ 1.5 g
脂質  17.3 g
食物繊維  1.2 g 20 g 以上
カリウム  393 mg  3500 mg 以上
カルシウム 22 mg 650 mg 以上
マグネシウム  24 mg 350 mg 以上
鉄分  0.9 mg 7.5 mg 以上
亜鉛  0.6 mg  10 mg 以上

《手順》

BONIQをセット

90℃ 50分に設定する。

フリーザーバッグに投入

じゃがいもは皮をむいて5mm程の粗スライスにし、玉ねぎ、エクストラバージンオリーブオイル、塩と共にフリーザーバッグに入れ空気を抜いて真空密封する。

フリーザーバッグの真空密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0

BONIQに投入

設定温度に達したらフリーザーバッグと卵(直接湯せんへ)をBONIQの湯せんに入れ、低温調理をする。
卵は12分で先に取り出すので、別でタイマーをかけておく。

卵を取り出す

12分経ったらBONIQから卵のみ取り出し、冷水につけて冷やしておく。

じゃがいもをつぶす

設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、麺棒でバッグの上から叩いてじゃがいもをつぶす。
完全に滑らかにせず、少し食感が残るくらいで良い。

あら熱を取る

フリーザーバッグを冷水につける。

仕上げ

半熟卵を入れてさらに麺棒で叩いて混ぜ、ツナ、マヨネーズ、粒マスタード、こしょうを入れてフリーザーバッグを手でもんで全体を混ぜ合わせる。
足りなければ塩で味を調節し、皿に盛り付けてできあがり。

《作る際のポイント》
ポテトサラダは従来の方法で作る場合、水っぽくなるのを防ぐためにじゃがいもを皮付きで茹で、熱々の状態に耐えながら皮を剥いて具材を混ぜ合わせることが必要です。しかし、BONIQで作れば、初めから皮を剥いておくことができ、水っぽくなることなくじゃがいもの旨みが全て味わえます。

《作った感想》
じゃがいもも卵も同時進行で調理でき、シンプルな行程で洗い物も最小限のみで済むので本当に簡単。美味しさMAXです!
お好みできゅうりやハーブなどを追加して♪

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

半熟卵とツナのポテトサラダに使われているツナの栄養素について。ツナは今回、マグロの油漬けを使用しました。

ツナにはタンパク質やDHA・EPAが豊富に含まれています。DHA・EPAとは、魚油に主に含まれている不飽和脂肪酸の一種です。
DHA・EPAが豊富な魚といえば、アジやイワシ・サバなどの青魚ですが、マグロも同じく青魚の一種です。
DHA・EPAは血中のコレステロール値を下げ生活習慣病の予防に役立つほか、花粉症や食物アレルギーなどの程度を和らげてくれる働きがあったり、日焼けのダメージを軽減してくれる働きもあります。
厚生労働省によると、DHAとEPAを1日当たり合わせて1,000mg以上摂ることを推奨されているのですが、魚をあまり食べない方は不足しがちな栄養素です。

魚を調理することにハードルを感じる方は、まずはツナ缶や鯖缶などの缶詰を使ったお料理でDHAやEPAを摂取してみてはいかがでしょうか。
ツナが漬かっている油の中にもDHA・EPAが溶け込んでいるので、油は捨てずに使い切るのがポイントです。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿




【注意】食中毒に関しては、下記のサイトをご一読下さい。

特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75度1分以上】の加熱をしてください。

→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
小野寺 桂子

小野寺 桂子

大学卒業後にフレンチを学びにル・コルドン・ブルー・ロンドンへ留学。 その後、La Maison Courtineパリにて料理人をした後、フレンチの鉄人坂井氏がプロデュースの大阪の名門フレンチ ラ・ロシェルにて従事。日本ソムリエ協会公認ソムリエ。お酒にマッチするBONIQレシピを提案させて頂きます。

53℃ 滑らかな牛肉のカルパッチョ

63℃ フォアグラみたいな鶏レバー

関連記事

  1. 55℃ 柔らかくてサクサク!牛ヒレかつ

    サクッと衣が包み込む、柔らかい牛ヒレの旨み。この味わい、BONIQなしで…

  2. 82℃ ご飯がすすむ!手羽先のごま味噌焼き

    やわらかジューシーで食べごたえ◎!しっかり染み込む味付けで、お酒もご飯も…

  3. 63℃ しっとりローストポーク 3種ソース添え

    しっとりとやわらかな口あたりのローストポークは、おもてなしや持ち寄りにも…

  4. 60℃ 塩麹漬けゆで鶏と野菜のオードブル

    BONIQならではのやわらかジューシーゆで鶏体にやさしいビタミン野菜と召…

  5. 63℃, 73℃ サッパリしっとり豚もも角煮

    真空低温調理なら、脂身の多い三枚肉ではなく、もも肉でサッパリしっとりとし…

  6. 85℃,86℃ 牡蠣のコンフィ

    生に近い形で仕上がる♪海のミルクの食感異なるコンフィ2種BONIQ設…

  7. 80℃ 絶品!さんまと長芋のコンフィ

    低温でゆっくりじっくり仕上げた、絶品。旬の味わいを、とびきり美味しく…

  8. 61℃ 醤油麹漬けチキンの和風オープンサンド

    爽やかな香りと食欲をそそる味。噛めば噛むほどシリアルのプチプチとした食感…

コメント

    • 能勢行正
    • 2019年 4月 21日

    それぞれの栄養素をどのようにして測られているのですか?
    外食時に、メニューにはカロリーと塩分は書いてありますが糖尿病で糖質制限があり、測り方があると嬉しいです。

    • boniq
      • boniq
      • 2019年 4月 22日

      コメントありがとうございます!
      それぞれのレシピの栄養素や栄養アドバイスは、管理栄養士さんに算出してもらって記載しております。
      ご参考いただけましたら幸いです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語 / Languages

  • English (United States)
  • 日本語

最近の記事

SNS

     

友だち追加



PAGE TOP