63℃ 台湾名物 ルーロー飯

「台湾のおふくろの味」をBONIQで。
しっとりジューシー、ご飯がすすむ!

BONIQ設定

63℃
4:00(4時間)

材料


☆4人分☆
・豚肩ロース ブロック/塊肉(厚み5cm)  450g
・小松菜(塩ゆで、もしくは炒めたもの)  1束
・ゆで卵  4~6個

<調味液(豚肉マリネ用、ゆで卵マリネ用、仕上げのたれとして使用>
・しょうゆ  大さじ5
・みりん  大さじ2
・はちみつ  大さじ1
・オイスターソース  小さじ2
・酢  大さじ1
・塩  少々
・おろししょうが  少々
・砂糖  大さじ5

<飾り>
・フライドオニオン  大さじ3

・ご飯  4杯分

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質40g以下)
カロリー  365 kcal
糖質  26.9 g
タンパク質  30.7 g  体重 x 1.2g ~ 1.5g
脂質  10.6 g
食物繊維  2 g 20 g 以上
カリウム  940 mg  3500 mg 以上
カルシウム 180 mg 650 mg 以上
マグネシウム  56 mg 350 mg 以上
鉄分  4.4 mg 7.5 mg 以上
亜鉛  4.3 mg  10 mg 以上

《手順》

焼き付け〜フリーザーバッグに投入

豚肩ロースの表面をフライパンで焼き付け、あら熱が取れたらフリーザーバッグに入れる。

調味液を煮詰める

同じフライパンに調味液の材料をすべて入れて火にかけ、アルコールを飛ばして少し煮詰める。

マリネする

煮詰めた調味液は豚肩ロースのマリネ用、ゆで卵のマリネ用、仕上げのたれの3通りに使用する。
1)調味液のあら熱が取れたら、まず豚肩ロースの入ったフリーザーバッグに注ぐ(肉が浸るくらい)。
2)次にゆで卵を入れた器に注ぐ。
3)残りの液は煮詰めて濾し、仕上げのたれとする。

寝かせる

調味液に浸した豚肩ロースとゆで卵を冷蔵庫で半日~1日寝かせる。

BONIQをセット〜投入

食材全体がきちんと湯せんに浸かるよう、十分な水量を用意する。
63℃ 4:00(4時間)に設定する。

BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを冷蔵庫から取り出して湯せんに浸け、空気を抜きながら密封し、低温調理をする。
この時、バッグを完全に沈めて食材全体が湯せんに浸かるようにする。
(気泡が残っていたり食材全体が完全に浸かっていないと、熱が適切に伝わらず、加熱ムラが生じる。)

フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0

仕上げ

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったら豚肩ロースを取り出し、2cm角にカットする。
器にご飯をよそって豚肉をのせ、ゆで卵、小松菜(塩ゆで、もしくは炒めたもの)を添える。
上から煮詰めて濾したたれを回しかけ、フライドオニオンを散らして出来上がり。


《作る際のポイント》
最後に残った調味液は、しっかり煮詰めて濾すことで、更にご飯がすすむ仕上がりになります。
フリーザーバッグはなるべく丈夫な物を使うか、液漏れが心配な場合は二重にすることをおすすめします。ちなみに、今回のレシピでは二重にして調理しています。

《作った感想》
本場台湾でのレシピはさまざまで、脂身の多い豚ばらブロックを長時間煮込み、細切れにしたものを白飯の上にかけるのが一般的ですが、今回は脂身が少なくヘルシーな部位、脂身が適度な豚肩ロース肉を使用しました。
BONIQを使って低温調理することで、しっとりジューシーに仕上げることができます。
豚ばらブロックを使用する場合は、コラーゲンがゼラチンになる温度(80℃付近)で、長時間BONIQにかけてください。
しっとり、ジューシーな豚肉と濃いめのガツンとした味付けに、スプーンが止まりません。

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

台湾の屋台飯「ルーロー飯」は、豚バラ肉を使うことが一般的ですが、豚肩ロースにしたことでたんぱく質はより多く、脂質はより少ないヘルシーな仕上がりになっていますね。

ビタミンAやビタミンB群などのビタミンとカルシウムやカリウム、鉄分、セレン、亜鉛などのミネラルの栄養素がしっかり摂取できる一品です。

特に注目したいのはビタミンB群。
ビタミンB群はビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチンの8種類があり、共通した働きとして、炭水化物、タンパク質、脂質の栄養素の代謝を促進して、エネルギーの産生を助けます。そして、この8種類のビタミンB群はチームのように補い合って働くため、単体ではなくビタミンB群全体をバランス良く摂取することが大切です。

今回のレシピでは元々栄養価の高い豚肉、小松菜、卵を組み合わせたことで、8種類全てのビタミンB群が豊富で、一日の推奨量の約半分を摂取することができます。

また、ビタミンB群は水に溶けやすい水溶性ですが、BONIQを使用することでその栄養をあますことなくいただくことができます。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

レシピ動画もご覧ください

【台湾名物 ルーロー飯】BONIQ設定 – 63℃ 4:00(4時間)

ASMR(NO MUSIC)

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿






【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
NAO

NAO

1女・1男の母 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。リクエストいただければ、それに沿ったレシピ提案もさせていただきます。

60℃ ジンジャーポーク

80℃ あん肝ポン酢

関連記事

  1. 51℃ 炙りほたて タプナードと共に

    旨みがしっかり凝縮された、驚きの食感!他の調理法には、真似できないおいし…

  2. サーモンのコンフィ

    40℃ ホロリと柔らかいサーモンのコンフィ

    とてもやわらか&しっとり質感で、ホロリと崩れる。まさに「火の通った生」の…

  3. 70℃ ふっくら柔らか 鱈の明太クリームソース

    鱈と明太ソースの絶妙な味わい。低温調理ならではの、ふっくら柔らか仕上げ。…

  4. 65℃ 鶏むねのしっとりバンバンジー風

    やわらかジューシー鶏肉はBONIQ安定のおいしさ!濃厚ピーナッツソースと…

  5. 63℃ 豚ロース肉の味噌粕漬け

    様々な効能があり、日々の食事に取り入れたい「酒粕」。さらにしっとりや…

  6. 95℃ 骨まで柔らかくなる?さんま 比較実験

    BONIQマニアにおくる、低温調理の疑問あれこれの検証。日々低温調理…

  7. 60℃ フリーザーバッグに油は必要? 鶏むね編

    BONIQマニアにおくる、低温料理の疑問あれこれの検証。日々低温…

  8. 50℃ メカジキのソテー 焦がしバターソース

    面倒な下ごしらえは必要なし!ソースも本格的なのにとっても簡単!BON…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP