93℃ ジンジャーシロップ ジンジャーエール

パンチが効いたしょうがの風味が爽快で、スパイシー!
BONIQ調理時間・温度と材料違いで別バージョンも検証!

BONIQ設定

93℃
30min

材料


☆作りやすい分量☆
・しょうが  250g
・きび砂糖  200g
※お好みで増量可。200gは甘さ控えめ。
・はちみつ  大さじ2

<加えるスパイス>
・たかのつめ  1本
・シナモンスティック  1本
・カルダモン  5個
・粒こしょう  10粒
・クローブ  5粒

<仕上げ>
・レモン汁  大さじ2

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質20g以下)
カロリー  56 kcal
糖質  14.1 g
タンパク質  0.1 g  体重 x 1.2g ~ 1.5 g
脂質  0 g
食物繊維  0.3 g 20 g 以上
カリウム  42 mg  3500 mg 以上
カルシウム 3 mg 650 mg 以上
マグネシウム  4 mg 350 mg 以上
鉄分  0.1 mg 7.5 mg 以上
亜鉛  0.4 mg  10 mg 以上

※「すりおろしバージョン 大さじ2」分の栄養価を計算しています。

《手順》

しょうがを揉み込む

しょうがを包丁かスライサーで薄く(ガリの薄さくらい)スライスする。
フリーザーバッグにきび砂糖とはちみつと共にしょうがを入れ、手でバッグを揉み込む。

一晩寝かせる

①を冷蔵庫で一晩寝かせる。一晩寝かせるとこのように水分が出てくる。

BONIQをセット

93℃ 30分に設定する。

フリーザーバッグに投入

フリーザーバッグにスパイスを加える。
カルダモンはラップなどで包んで麺棒で叩くと、中の実が出てくるので香りが移りやすくなる。
シナモンスティックは手で半分に折って入れる。
フリーザーバッグの空気を抜いて真空密封する。

フリーザーバッグの真空密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0


BONIQに投入

BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れ、低温調理をする。

しょうがをしぼる

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、ザルにあけてしょうがをしぼる。この時、手に刺さらないようシナモンスティックは取り除いておくとよい。

レモン汁を加える

⑥のあら熱が取れたらレモン汁を加える。
これでジンジャーシロップは完成。

仕上げ

グラスに氷とジンジャーシロップを入れ、シロップの3~4倍の炭酸水を加えれば、パンチの効いた大人のジンジャーエールの出来上がり。

このレシピの完成までに他の時間、温度、すりおろしバージョンも試作した。

(1)設定:93℃ 1時間の場合

このレシピで採用した93℃ 30分よりも長くすればもっとスパイスの香りが抽出できるのでは?と予想した。

結果は・・・
スパイスの香りは30分のものとあまり変わらず、残念ながらはちみつの風味が飛んでしまっていた。

(2)設定:80℃ 30分の場合

スパイスの香りを引き出す温度が30℃~80℃という情報を見つけたので(真偽不明)、80℃なら香りをMAXに引き出せるのでは?と予想した。

結果は・・・
スパイスの香りもしょうがのパンチも弱めで、甘みが目立っていた。
もう30分追加して1時間やってみたが、結果はさほど変わらなかった。

(3)しょうがすりおろし使用 設定:93℃ 30分

スライスではなくすりおろしを使えば、もっとしょうがのパンチが効いた味になるのでは?と予想した。
また、すりおろしを使用する場合は調理後しょうがをしぼる必要がない為、カラフに材料を全て入れてBONIQした。

結果は・・・
しょうがの味が全面に押し出され、パンチが効きすぎてカーっと目が覚める味!
スパイスの香りが負けてしまっているが、しょうが好きには良いかもしれない。
氷を入れてジンジャーエールにした場合、しょうがが氷にまとわりついて最後まで上手く飲めないので、氷を入れない方がベター。
熱いお湯割りにすれば、風邪や喉の痛みなんか吹っ飛びそう。体がホットホット!

《作る際のポイント》
このレシピの肝は、スパイスとしょうがの香りが引き出せるBONIQの設定温度です。
以前制作したレシピ「ホットワイン(白)」、「ホットワイン(赤)」も同様にスパイスの香りを引き出すことが必要でしたが、この時はワインを使っていたため、アルコールを飛ばさないよう80℃に設定していました。
しかし今回はアルコールを使わないのでもっと高温に設定することができ、80℃よりも93℃の方がより香りを引き出せることがわかりました。 

レシピではしょうが250gに対して200gのきび砂糖を使っていますが、わりと甘さ控えめに仕上がります。お好みで250gぐらいまで砂糖を増やしてみてください。
しぼった後のしょうがは、カレーなどの料理に使ったり、魚や肉をBONIQする時に一緒にフリーザーバッグに入れて使うこともできます。
今回ジンジャーエールを作るために1キロ程しぼった後のしょうがが残りましたが、そのように大量にある場合は、甘さを減らした甘酢に漬けてガリを作ることをおすすめします。

《作った感想》
市販の通常のジンジャーエールとは違う、大人のための特製ジンジャーエールです。
パンチが効いた生姜の風味が爽快で、スパイシー!お子様はご遠慮ください。
ジンジャーシロップはジンジャーエール以外にも、ハイボールに入れたり、ビールに入れたらシャンディーガフに、ヨーグルトやアイスにかけたり、ミルクティーに入れてチャイとして楽しむことができますよ。

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

生姜は「ジンゲロール」という辛み成分が含まれており、食欲の増進や食中毒予防に効果的です。
生の生姜を食べると体が温まる気がしますが、実はその効果は一瞬で、食べた後は体を冷やす働きをします。

ジンゲロールは加熱や乾燥をする事で「ショウガオール」という成分に変化します。このショウガオールは体を持続的に温め、血行を良くする役割をします。
ジンジャーエールシロップをBONIQで加熱して作ることで、このショウガオールをしっかり摂取することができますね。

出がらしの生姜はクッキングシートの上で太陽に当てて乾燥させると、2〜3か月は余裕で保存が可能です。
煮つけの臭み消しに使えたり、紅茶に入れてジンジャーティーを手軽に楽しむことができます。

しかし、ジンジャーエールに使用したスパイスの香りが少しついているので、香りが気になる人は少量からお試しください。
角煮やしぐれ煮などのパンチが効いた肉料理に使用すると、スパイスの香りが本格的な雰囲気をプラスしてくれます。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿





【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【加熱温度基準表】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
小野寺 桂子

小野寺 桂子

大学卒業後にフレンチを学びにル・コルドン・ブルー・ロンドンへ留学。 その後、La Maison Courtineパリにて料理人をした後、フレンチの鉄人坂井氏がプロデュースの大阪の名門フレンチ ラ・ロシェルにて従事。日本ソムリエ協会公認ソムリエ。お酒にマッチするBONIQレシピを提案させて頂きます。

64℃ フワフワ食感に感動!鶏つくね

63℃ 塩麹豚の大葉ジェノベーゼソース

関連記事

  1. 95℃ ほうれん草のナムル

    ほうれん草本来の味が濃い!低温調理なら、シンプルなサイドメニューも真に丁…

  2. 95℃ ほうれん草のアク抜きは可能?比較実験

    BONIQマニアにおくる、低温調理の疑問あれこれの検証。日々低温調理…

  3. 90℃ 半熟煮卵低温調理 漬け時間比較実験

    黄身までねっとり、究極の美味しさ。まずはそのまま。ラーメンや丼ぶりにも♪…

  4. 60℃ オードブルにも!合鴨ロース パストラミ

    サンドイッチ、ピザ、オードブルなど使い勝手◎BONIQで簡単ふんわり♪レ…

  5. 63℃ 豚ヒレのステーキ ポルトソース

    肉厚ジューシーでとってもやわらか!厚切りなのにお箸で食べられる♪BO…

  6. 65℃ 子供に人気!豚ロースの西京漬け

    炙っても、焼いても、そのままでも美味しい!しっとりジューシーで子供にも大…

  7. 57℃ 牛ヒレ幽庵焼き きのこのみぞれあん

    これぞBONIQの実力、”漬ける”と”低温調理”を同時進行で!火通り…

  8. 80℃ さつまいもとクリームチーズのサラダ

    素材の甘さを活かした美味しいサラダ!ナツメグやコリアンダーを入れても◎!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP