80℃ 濃厚クリーミーなあん肝

口の中でとろける・・・
海のフォアグラ「あん肝」をご家庭で♪

BONIQ設定

80℃
0:30(30分)

材料

・生あん肝  180g
・塩  適量
・酒  小さじ1

お好みで薬味とたれ
・大葉
・かいわれ
・もみじおろし
・ぽん酢

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質5g以下)
カロリー  200 kcal
糖質  1 g
タンパク質  4.5 g  体重 x 1.2g ~ 1.5 g
脂質  18.9 g
食物繊維  0 g 20 g 以上
カリウム  99 mg  3500 mg 以上
カルシウム 3 mg 650 mg 以上
マグネシウム  4 mg 350 mg 以上
鉄分  0.5 mg 7.5 mg 以上
亜鉛  1 mg  10 mg 以上

《手順》

あん肝の下処理

あん肝の薄皮を取り除き、ばらしながら血合いを洗い流す。

あん肝の下ごしらえ

あん肝の水気をペーパーで押さえ、大きめに広げたラップの下の方に置き、塩を全体的に多めにふる(塩で全部が覆われるくらい)。酒もふる。

BONIQをセット

80℃ 0:30(30分)に設定する。

きつくキャンディー巻きにする

あん肝をラップの上でひと纏めにし、隙間が入らないように、キャンディー巻きにきつく巻いていく。
巻き終わりは下にして、両サイドのラップをしっかり結び、さらにもう一回新しいラップでキャンディー巻きをして二重にし、フリーザーバッグに入れる。
フリーザーバッグの空気を抜いて密封する。

フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0

BONIQに投入

BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れ、低温調理をする。

冷蔵庫で冷やす

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、氷水で急冷したら冷蔵庫で1時間以上、身が固まるまで冷やす。


仕上げ

紅葉おろしや大葉、かいわれなどお好みの薬味とぽん酢を添えて、出来上がり。




《作る際のポイント》
あん肝をラップでキャンディー巻きにまく時に、なるべくあん肝に空気が入らないようにきつく巻いていくことがポイントです。

《作った感想》
一般的に知られるあん肝の調理法は、血抜きなどの下処理の後に成型して「蒸す」のがスタンダードです。
単純なようですが、あん肝ポン酢において最もデリケートで難しいのが、この「蒸す」作業です。
高温で蒸し過ぎると、あん肝から脂分と水分が抜け出して固くなってしまい、食感がボソボソになってしまいます。かといって加熱不足だと、中心まで火が通りません。
BONIQでの低温調理は、家庭でも簡単に30分であん肝が口の中でとろける食感に仕上げてくれました!
もう家庭料理の域を越えています!

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

レシピの1/4分の栄養価を計算しています。

冬に旬を迎えるアンコウですが、あん肝に関しては冬の終わりから初夏にかけての産卵シーズンが脂乗りが良いと言われています。アンコウの肝は「海のフォアグラ」という別名を持つほど、濃厚でとろけるようなくちどけが特徴です。

あん肝にはビタミンDとビタミンB12、ビタミンAが豊富に含まれています。なんと、この3つの栄養素はあん肝100g中に、1日の必要量を十分に補える量が入っています。ただし、あん肝100g中40g以上が脂質なので食べすぎには注意が必要です。
ビタミンAは皮膚や鼻、目などの粘膜を健康に保つ役割があります。「目に良いビタミン」として取り上げられることが多く、薄暗い場所での視力の助けにもなります。
しかし、ビタミンAは摂取しすぎると「過剰症」という体に悪い影響を及ぼすことも。体に蓄積し脱毛や吐き気、肝機能障害などを引き起こし、妊婦の場合は胎児への奇形のリスクが高まります。
一度あん肝を大量に食べたからといって過剰症になるわけではありませんが、ビタミンAは過剰摂取に注意が必要な栄養素です。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿





【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【牛肉の加熱温度時間】【豚肉の加熱温度時間】【鶏肉の加熱温度時間】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
NAO

NAO

1女・1男の母 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。リクエスト頂ければ、それに沿ったレシピ提案もさせて頂きます。

85℃,86℃ 牡蠣のコンフィ

80℃ おぼろ豆腐

関連記事

  1. 58℃ 滑らかな牛肉のカルパッチョ

    生でもローストビーフでもない滑らかな食感!絶妙な舌触りのカルパッチョ!…

  2. 65℃ 鶏ささみのアボガドタルタルソース

    低カロリー・高タンパクで、ヘルシー。パサつかずにしっとり、ソースとの相性…

  3. 64℃ ふわふわ ひじきと豆腐のヘルシーつくね…

    鉄分や食物繊維がたっぷり!栄養バランス◎でお弁当にも最適です。B…

  4. 61℃ 同時調理で 水晶鶏の温玉のせ

    低温調理したとろとろ温玉とやわらか鶏むねの定番最強コンビ◎同時調理で時短…

  5. 95℃ 出来立てふわふわ!煮穴子

    味が染み込んだ出来立てふわふわの煮穴子をおうちで食す贅沢・・・!BO…

  6. 70℃ 鶏レバーの甘辛煮

    臭みなしのクリーミーな仕上がり。不足しがちな鉄分を上手に補給!BON…

  7. 61℃ 2種の最強サラダチキンスティック

    食べやすくて持ち運びも簡単♪市販を超える「最強サラダチキン」の進化版!…

  8. 85℃ 牛すね肉の赤ワイン煮込み

    赤ワインが染みる深い大人の味!柔らかお肉とスープも絶品なレストランメニュ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP