甘み×深み かぶと小松菜の温玉サラダ

寒い時期の美味しい旬を召し上がれ♪
BONIQでつくる「野菜の甘み」×「濃厚温玉」は相性◎

BONIQ設定

・65℃
・30min

・83℃
・30min

材料


・かぶ  2個
・小松菜  3束
・塩  1つまみ
・卵  1個
・粗挽きこしょう  適量
・パルメザンチーズ  大さじ1

<A>
・オリーブオイル  大さじ4
・レモン汁  大さじ1
・塩  小さじ1

《手順》

温泉卵を作る

BONIQを65℃ 30分に設定し、設定温度に達したら卵をそっと湯せんに入れ低温調理をする。

野菜の下ごしらえ

かぶは茎を2〜3cm程残してカットし、皮を剥いて8カットにする。
小松菜は4cm幅にカットする。

フリーザーバッグに投入

フリーザーバッグにかぶ、小松菜、塩を入れる。

BONIQに投入

①のBONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったら卵を取り出し、BONIQを83℃ 30分に設定する。
設定温度に達したら、フリーザーバッグを湯せんに入れ低温調理をする。

調味液を作る

<A>の材料をすべてボールに混ぜ合わせる。

調味液と合わせる

④のBONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、かぶと小松菜の水気を切る。
温かいうちに⑤の調味液と合わせる。

仕上げ

かぶと小松菜をお皿に盛り付け、温泉卵をのせてパルメザンチーズと粗挽きこしょうをふり、完成です。


《作る際のポイント》
かぶは葉の緑色が鮮やかで根の部分の皮が滑らか、ピンとハリがあってヒゲが少ないものを選びましょう。
野菜は密封しても軽いためBONIQ調理時に浮いてきてしまうことがありますが、瓶やトング等で押さえるようにしましょう。
小松菜とかぶを分けてフリーザーバッグに入れる場合は、小松菜は15分で取り出してください。
温玉は一度にたくさん作っておくと丼物やシーザーサラダなどに使えますよ。

《作った感想》
品種によって異なりますが、かぶは一般的に寒い時期ほど甘みがあり葉も柔らかくなると言われています。
小松菜はハウス栽培で通年野菜というイメージですが、かぶと同じく寒い時期の方が甘みを増します。
また、ほうれん草よりアクが少ないので下ゆでなしで美味しく食べられます。
この2種類の冬野菜は淡白な味のため脇役的な感じですが(付け合わせのような)低温調理した野菜は甘みが強く、濃厚な温泉卵とパルメザンチーズを合わせることで、主役になれそうなほど存在感を発揮します。
寒い時期に食べないなんてもったいない!

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^


【注意】食中毒に関しては、下記のサイトをご一読下さい。

特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75度1分以上】の加熱をしてください。

→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
NAO

NAO

1女・1男の母 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。リクエスト頂ければ、それに沿ったレシピ提案もさせて頂きます。

定番メニュー♪【子どもが喜ぶレシピ】TOP3

驚きの柔らかさ!いかと大根の煮物

関連記事

  1. ローストビーフのごちそうサラダ

    適度な脂身と旨みのある赤身がとても美味しい!噛めば噛むほどに濃厚な旨みを…

  2. ブロッコリーとアスパラガスの胡麻和え

    熱に弱い最強野菜も、BONIQなら栄養そのまま!「あと一品」にちょう…

  3. ドレッシングやソースにも♪豆乳ヨーグルト

    豆乳100%!クリーミーで癒しの味わい。「安全・美味しい・体に優しい」を…

  4. 【秋が旬の食材を使ったレシピ】TOP3

    食欲の秋という言葉があるように、秋は色々な食材が旬を迎え、大変美味しくなる時…

  5. まるごと玉ねぎのスープ

    栄養を残すことなく閉じ込めた、素材の旨味が生きるスープで芯からぽかぽか♪…

  6. とろける♪かぼちゃのなめらかプリン

    舌触りしっとり、滑かな仕上がり。カラメルと生クリームがアクセントのハ…

  7. さつまいもとクリームチーズのサラダ

    素材の甘さを活かした美味しいサラダ!ナツメグやコリアンダーを入れても◎!…

  8. ほろほろ♪サーモンとアボカドのタルタル

    女性が大好きな組み合わせ!ふわっとほろほろ、ご飯のお供にも!BO…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP