【究極!】史上最強に柔らかい蒸し鶏

最高の柔らかさと、口に広がるジューシーな旨み。
比較実験の結果をもとにした、究極の仕上がり。

BONIQ設定

・60℃
・60min (1hr)

材料


☆2人分☆
・鶏むね肉  1枚(皮と余分な脂を除いたもの。約300g。)
・白ねぎの青い部分  1本
・しょうがの皮  1片分
・ごま油  大さじ1
・塩  2.5g(鶏肉の重量の0.8~0.9%)

<ねぎしょうがソース> 
・しょうが  1片(約5g)
・白ねぎ  7cmくらい
・サラダ油  大さじ2
・ごま油  大さじ2
・塩  1〜2g(お好みで調整。強めくらいがちょうど良い。)
・こしょう  適量

《手順》

BONIQをセット

60℃ 1時間にセットする。

フリーザーバッグに投入

フリーザーバッグに鶏むね肉、白ねぎの青い部分、しょうがの皮、ごま油を入れ、空気を抜いて密封する。
※ここではまだ塩は入れない。

BONIQに投入

BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れ、低温調理をする。

ねぎしょうがソースを作る

しょうが、白ねぎをみじん切りにし、サラダ油、ごま油、塩、こしょうと混ぜ合わせる。

フリーザーバッグに塩を投入

BONIQの終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出して塩を投入し、再び空気を抜いて口を閉めておく。
すぐに食べる場合にも、最低30分はそのまま置いて塩をなじませる。
すぐに食べない場合は、塩を投入後に冷却する。

仕上げ

鶏肉を取り出してスライスし、ねぎしょうがソースをかけたら出来上がり。

《作る際のポイント》
以前に「蒸し鶏のねぎしょうがソース」のレシピを作成しましたが、
鶏むね肉の低温調理 塩のタイミング比較実験」の比較実験結果を踏まえ、今回改訂版のレシピを作成しました。

以前は鶏むね肉に塩で下味をし、その後フリーザーバッグに入れてBONIQで調理していましたが、上記の実験結果から、BONIQでの調理後にフリーザーバッグに塩を入れて味を含ませた方が、より柔らかくジューシーに仕上がるということが判明しました。
一度フリーザーバッグを開けて塩を入れ、最低30分は塩が浸透するのを待つため、以前のレシピよりも工程が増えることになります。しかし、究極の仕上がりを求めるなら、塩をBONIQ後に入れる方法をおすすめします。

《作った感想》
以前の方法でも充分美味しいと思っていたのですが、今回のBONIQ後にフリーザーバッグに塩を入れて味を含ませる方法で、究極の仕上がりになりました。
これ以上に柔らかくてジューシーな蒸し鶏はないんじゃないか、というくらいのクオリティです。
もう蒸し鶏は何度も作った、という方も、ぜひこの方法で違いを感じてみてください。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

レシピ動画もご覧ください

【究極!史上最強に柔らかい蒸し鶏】BONIQ設定 – 60℃ 60min(1hr)

ASMR(NO MUSIC)はこちら




【注意】食中毒に関しては、下記のサイトをご一読下さい。

特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75度1分以上】の加熱をしてください。

→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
KEIKO

KEIKO

大学卒業後にフレンチを学びにル・コルドン・ブルー・ロンドンへ留学。 その後、La Maison Courtineパリにて料理人をした後、フレンチの鉄人坂井がオーナーを務める大阪の名門フレンチ ラ・ロシェルにて従事。日本ソムリエ協会公認ソムリエ。お酒にマッチするBONIQレシピを提案させて頂きます。

アジアン風♪はちみつマリネチキン

風味がぎゅっと凝縮!簡単たまご豆腐

関連記事

  1. 簡単なのに完璧!筑前煮

    低温調理の新たな可能性を発見!硬さの違ういろいろな具材の火通りが、完璧に…

  2. 鶏むね肉の低温調理 塩のタイミング比較実験

    BONIQで低温調理する時、塩を入れるタイミングで鶏むね肉の仕上がりに違…

  3. 鶏むねのしっとり棒棒鶏(バンバンジー)風

    BONIQ安定のおいしさ♪しっとりむね肉と濃厚ソースは相性◎!BON…

  4. お弁当に!手羽元フライドチキン

    時間が経ってもしっとり柔らかい!ピクニックのお弁当に最適です!BON…

  5. オードブルにも!合鴨ロース パストラミ

    サンドイッチ、ピザ、オードブルなど使い勝手◎BONIQで簡単ふんわり…

  6. 合鴨むね肉のロースト 無花果ソース

    レストランの鴨ローストが家庭で味わえます!簡単で、おしゃれに、しかも美味…

  7. 自家製!美味しい鶏ハム

    パサつきのない、驚くほどしっとり滑かな食感!BONIQでしっかり加熱する…

  8. コクうま 鶏スペアリブの中華風煮込み

    栄養たっぷり、贅沢なやわらかさ♪しっとり、コクのある味にやみつき!…

コメント

    • 素人料理人
    • 2018年 9月 22日

    低温調理前の鶏肉は叩いたり筋線維を切ったりした方が柔らかくなりますか?それとも何もしないで調理すればいいのでしょうか?

    • boniq
      • boniq
      • 2018年 9月 25日

      高温加熱による、タンパク質の収縮が少ないので何もしないでも十分柔らかくなります。
      叩いたり筋繊維を切れば食感が変わりますが、それは用途やお好みによるので是非比較してみてください。

    • kurdbt
    • 2018年 12月 21日

    60℃で60分の根拠はありますでしょうか?
    肉の中心温度が何度を超えたら大丈夫とか基準が分からなかったためご存知でしたら教えて頂けますでしょうか?
    ぜひ挑戦してみたいと思うのですが温度に関する知識が乏しいためよろしくお願いいたします。

    • boniq
      • boniq
      • 2018年 12月 24日

      今までの調理結果を考えると、60分加熱すれば市販の胸肉でしたら殺菌を考慮した加熱になります。
      もし、確実にお肉の芯温度を確認したい場合は、肉温度計を使っていただければ正確になりますのでご検討ください。

    • くぼっす
    • 2018年 12月 23日

    作りました。
    食べました。
    たしかに胸肉とは思えないほどしっとりで美味しかったですがスジっぽくって歯ごたえ満点でしたw
    多分切る方向を間違えたんでしょうね。

    • boniq
      • boniq
      • 2018年 12月 24日

      ありがとうございます。胸肉で筋っぽくなるのは経験無いのです。
      包丁入れる時はお肉を横長に置いて垂直に入れてみてください^^

    • kurdbt
    • 2018年 12月 25日

    コメントありがとうございます。
    温度計を使用して調理してみようと思います。
    調理しましたらまた報告させて頂きます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP