59℃ しっとり 韓国風ローストビーフ

BONIQの低温調理で端から端までしっとり、贅沢な味わい。
ピリ辛&甘めの味付けで、お箸が止まらない!

BONIQ設定

59℃
2:15(2時間15分)

材料


☆2人分☆
・牛もも ブロック/塊肉(厚さ3cm)  200g
・ごま油  小さじ1
・塩  適量(肉の両面を覆うくらい)

<韓国風タレ>
・しょうゆ  小さじ1
・酒  小さじ2
・みりん  小さじ1
・コチュジャン  小さじ2
・おろしにんにく  小さじ1/4
・おろししょうが  小さじ1/2

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質5g以下)
カロリー  175 kcal
糖質  4.1 g
タンパク質  22.8 g  体重 x 1.2g ~ 1.5 g
脂質  5.7 g
食物繊維  0.3 g 20 g 以上
カリウム  385 mg  3500 mg 以上
カルシウム 6 mg 650 mg 以上
マグネシウム  29 mg 350 mg 以上
鉄分  3 mg 7.5 mg 以上
亜鉛  4.4 mg  10 mg 以上

《手順》

牛ももの下ごしらえ

牛ももの両面全体をフォークで刺し、塩をふる。

タレを作る

ボウルにすべてのタレの材料を入れて混ぜ合わせる。

牛ももに焼き色をつける

フライパンにごま油を熱し、牛ももの両面と側面に焼き色を付ける。

フリーザーバッグに投入

あら熱を取った③の牛ももと②のタレをフリーザーバッグに入れ、よく揉み込んで馴染ませる。

冷蔵庫で寝かせる

冷蔵庫で1日(時間がなければ30分~1時間)寝かせ、下味を染み込ませる。

BONIQをセット

59℃ 2:15(2時間15分)に設定する。

BONIQに投入

BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを冷蔵庫から取り出し、湯せんに浸けて空気を抜きながら密封し、低温調理をする。

フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0

仕上げ

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、10分ほど休ませる。
お好みの厚さにスライスし、皿に盛り付けて出来上がり。

《作る際のポイント》
辛いのが苦手な方は、タレを合わせる時に三温糖を足してみましょう。まずは小さじ1/2程足してみて、味を見ながらお好みの辛さに調節してください。
冷蔵庫で1日寝かせると中までしっかり味が染み込むため、ソースなしでも美味しくいただけます。
手順⑤、肉をタレに漬けこむ時間が短ければ味が薄くなってしまうため、BONIQ後にフリーザーバッグに残ったタレを煮詰めてソースとして使うと良いでしょう。

《作った感想》
コチュジャンのピリ辛で甘めな味が牛ももの中まで染み込み、お箸が止まらなくなる美味しさです。
中心部まで均一にしっとりジューシーなのも、BONIQならではですね。
サンチュにお好みのお野菜とローストビーフを巻いて食べるのもおすすめです。

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

BONIQの低温調理レシピでは様々な種類のローストビーフを紹介しています。
今回は韓国風ということで、甘辛い韓国の辛味噌「コチュジャン」を使用したレシピです。
コチュジャンの「コチュ」とは韓国語で唐辛子のこと。「唐辛子味噌」とも言い、辛いだけではなく奥深い旨味とまったりとした甘さが特徴的です。

コチュジャンは日本の味噌と同じように発酵食品です。蒸したもち米に大豆麹と粉唐辛子、麦芽粉、塩等を加えて発酵させて作られています。

唐辛子=辛いというイメージにあるほど、唐辛子の辛さはほかの食品から群を抜いています。山椒や生姜、胡椒に比べると100倍以上辛いという測定記録があるほどです。

唐辛子に含まれている辛み成分である「カプサイシン」には、様々な働きがあります。
体温を上げて冷えを改善する効果や、脂肪の代謝を促す働き、消化不良の改善等が期待できます。

今回はコチュジャンをローストビーフのタレとして使用しましたが、普段の食生活にも「ちょい足し」するだけで、辛みと健康効果をプラスすることができますよ。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿





【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【加熱時間基準表】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
NAO

NAO

1女・1男の母 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。リクエストいただければ、それに沿ったレシピ提案もさせていただきます。

57℃ 旨味たっぷりガーリックシュリンプ

40℃ ドレッシングなどに♪豆乳ヨーグルト

関連記事

  1. 70℃ 風味しみ込む 鶏レバーの赤ワイン煮

    臭みなし、クリーミーで食べやすい♪赤ワインの風味がしみ込んで、ワインにぴ…

  2. 60℃ トマトの低温調理 温度比較実験

    トマトが一番美味しくなる方法はどれか?BONIQの設定温度別の方法で検証。…

  3. 94.5℃ 金柑のコンポート~金柑のタルト

    ほろ苦く甘酸っぱい金柑に、黒こしょうのアクセント。クリーミーでとろけるカ…

  4. 65℃ 食べ応え満点♪屋台のイカ焼き

    みんな大好き、あの味をご家庭で♪香ばしい香りと、丸かぶりできるやわらかさ…

  5. 70℃ 爽やか!桃のコンポート

    白ワインの風味とレモンの爽やかさ!アイスクリームやヨーグルトに添えても◎…

  6. 77℃,95℃ 塩豚のレンズ豆添え

    おうちでフレンチ!塩豚のグイグイくる旨みをやさしい味のレンズ豆がしっ…

  7. 85℃ 旬の新じゃがとアンチョビのコンフィ…

    低温調理でほくほく!香り高くて甘い新じゃがいも。旬の美味しさを栄養ま…

  8. 60℃ 定番!ハーブ香るサラダチキン

    とにかく美味しいの一言に尽きる、市販を超えたサラダチキン。BONIQの低…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP