濃厚クリーミーな鶏レバーのエスニックソース

いつもの鶏レバーを食欲をそそるエスニックテイストにアレンジ!
栄養◎で濃厚クリーミーなBONIQの人気レシピです!

BONIQ設定

・65℃
・30min

材料


・鶏レバー  300g
・牛乳  800ml
・にんにく  1片
・たかのつめ  1本
・ごま油  大さじ1
・ピーナッツ  小さじ2
・パクチー  適量

<ソース>
・酒  大さじ1
・オイスターソース  小さじ1
・醤油  小さじ2
・三温糖  小さじ1
・スイートチリソース  大さじ1
・おろししょうが  小さじ1

《手順》

鶏レバーの下処理

鶏レバーの血筋や血の固まりを取り除き、流水で洗い流す。
牛乳にひたして冷蔵庫で1~2時間置く(時間があれば半日以上)。

フリーザーバッグに投入

①の鶏レバーを流水でよく洗い流してペーパーで水気をおさえ、フリーザーバッグに入れる。

BONIQをセット

65℃ 30分に設定する。

BONIQに投入

BONIQが設定温度に達したら、フリーザーバッグを湯せんに入れ低温調理をする。

ピーナッツを砕く

ピーナッツを綿棒などで粗めに砕いておく。

ソースを準備する

にんにくは半割りにして芯を取り除き、みじん切りにする。
たかのつめは種を取り除き、粗みじん切りにする。
小鍋にごま油を熱し、にんにくとたかのつめを焦がさないように、小鍋をゆすりながら炒める。
香りがたってきたらたれの調味料をすべて入れて混ぜ合わせ、火を止める。

鶏レバーとソースを合わせる

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグから鶏肉レバーだけを取り出し、⑥の小鍋に入れてソースと合わせる。(火はかけない)

仕上げ

鶏レバーをお皿によそい、砕いたピーナッツをまぶしてパクチーを添えて、完成です。


《作る際のポイント》
鶏レバーは新鮮な物を使用し、丁寧な下処理を行うことで、臭みを取り除くことができます。
レバー独特の香りが好きな方は牛乳に浸す時間を短くしてください。(目安 10〜30分)
低温調理後のレバーはとてもやわらかいです。フリーザーバッグから取り出す時や小鍋で合わせる時は崩れないように気をつけてください。

《作った感想》
スイートチリソースとパクチーを合わせるだけでも、食欲がそそるエスニックテイスト。
いつもの鶏レバーに飽きた時におすすめのアレンジです。
BONIQの低温調理で栄養たっぷり、いつでもパサパサせず、濃厚クリーミーな鶏レバーが味わえます。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^




【注意】食中毒に関しては、下記のサイトをご一読下さい。

特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75度1分以上】の加熱をしてください。

→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
NAO

NAO

1女・1男の母 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。リクエスト頂ければ、それに沿ったレシピ提案もさせて頂きます。

【低温調理ならでは!レシピ】TOP3 – Vol.02

3.21 BONIQ体験イベント w/ KANA

関連記事

  1. 極上の天然プロテイン!最強のサラダチキン

    「えっ、これが鶏むね肉なの!?」パサパサで食べてたくないけど、健康の…

  2. コクうま 鶏スペアリブの中華風煮込み

    栄養たっぷり、贅沢なやわらかさ♪しっとり、コクのある味にやみつき!…

  3. 鶏もも肉のソテー エスニックトマトソース

    やわらか派?しっとり派?いつもの鶏もも肉をアジアン風にアレンジ♪…

  4. 簡単なのに完璧!筑前煮

    低温調理の新たな可能性を発見!硬さの違ういろいろな具材の火通りが、完璧に…

  5. 定番!ハーブ香るサラダチキン

    とにかく美味しいの一言につきます!市販を超えたサラダチキンが作れます!…

  6. ふっくら驚き!鶏ささみのコンフィ

    パサつく鶏のささみが、驚くほどしっとり ふっくら仕上がる!サラダやパスタ…

  7. お弁当に!手羽元フライドチキン

    時間が経ってもしっとり柔らかい!ピクニックのお弁当に最適です!BON…

  8. 醤油麹漬けチキンの和風オープンサンド

    爽やかな香りと食欲をそそる味。噛めば噛むほどシリアルのプチプチとした食感…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP