74℃ がぶっといきたい スパイシーバックリブ

スパイシーな味付けにやみつき!
青空の下ビール片手に、召し上がれ!

BONIQ設定

74℃
8hr(480min)

材料


・バックリブ  4本(485g)

<調味料>
・塩  適量
・こしょう  適量
・醤油  大さじ1.5
・おろしにんにく  小さじ1/2
・おろし生姜  小さじ1/2
・カレー粉  小さじ1/2
・オイスターソース  大さじ1
・はちみつ  大さじ2
・酒  大さじ2

《手順》

調味料を合わせる

ボールに調味料をすべて入れ、混ぜ合わせる。

バックリブの下ごしらえ

バックリブの両面に塩こしょうし、①のボールに入れて馴染ませる。

フリーザーバッグに投入〜味付け

②のバックリブと調味料をフリーザーバッグに入れてマリネにし、冷蔵庫で1日寝かせる。

BONIQをセット

74℃ 8時間にセットする。

BONIQに投入

③のバックリブを常温に戻し、フリーザーバッグの空気を抜いて真空密封する。
BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れ、低温調理をする。

フリーザーバッグの真空密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0

焼き色をつける

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、表面をバーナーで炙って焼き色をつける。

出来上がり

お皿に盛り付けて、完成です。


《作る際のポイント》
高めの温度で長時間BONIQにかける場合は、お湯が蒸発しにくいようにアルミホイルを上から被せます。
フリーザーバッグに残った肉汁と調味料を濾して小鍋で煮詰めれば、お肉料理全般のソースとして使えます。
もちろんリブに絡めてもOK!!

《作った感想》
BBQで焼きたい肉の定番でもあるバックリブですが、スペアリブとの違いをご存じですか?
見た目は両方とも骨付きで細長い形をしていますが、豚のあばら骨の背中側に付いているのがバックリブ(ベイビーバックリブとも呼ばれています)、お腹側に付いているのがスペアリブです。
バックリブはスペアリブに比べて脂身が少なく、柔らかい肉質なのが特徴と言われています。
以前、スペアリブ(600g)を低温調理した時のBONIQの温度・時間設定は80℃ 4時間でしたが、今回は脂身が少ないのでスペアリブよりやや低い温度で、時間は倍に設定しました。
その違いはやはり脂身の多さで、好みはあると思いますが私はバックリブの方が食べやすいと感じました。
両方とも、ホロッと崩れる柔らかさは同じで、シットリしているのにパサつきなし!
晴れ渡る青空の下で、ビール片手にぜひ、かぶりついてお召し上がりください!

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^




【注意】食中毒に関しては、下記のサイトをご一読下さい。

特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75度1分以上】の加熱をしてください。

→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
NAO

NAO

1女・1男の母 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。リクエスト頂ければ、それに沿ったレシピ提案もさせて頂きます。

60℃ フリーザーバッグに油は必要? 鶏むね編

93℃ 何にでも合う万能選手!かぼちゃバター

関連記事

  1. 95℃ 簡単シャキシャキもやしのナムル

    中まで味が染みたシャキシャキのナムル!もやしだけでなく、にんじんやほうれ…

  2. 93℃ ジンジャーシロップ ジンジャーエール

    パンチが効いたしょうがの風味が爽快で、スパイシー!BONIQ調理時間…

  3. 85℃ 鶏手羽先と大根の酢醤油煮込み

    定番の煮物もBONIQならこの通り!しっかり中まで味が染み込んで、ほっこ…

  4. 72℃ 簡単ふわとろ♪エッグベネディクト

    BONIQで作るポーチドエッグは、ねっとり濃厚!見た目も美味しい♪レスト…

  5. 95℃ 出来立てふわふわ!煮穴子

    味が染み込んだ出来立てふわふわの煮穴子をおうちで食す贅沢・・・!BO…

  6. 85℃ 濃厚まろやか!チョコプリン

    いつものなめらかプリンとは、一味違う!チョコレートをぎゅっと凝縮、まろや…

  7. 64℃ フワフワ食感に感動!鶏つくね

    一口食べた瞬間、その食感に驚き!タレに絡まるフワフワ仕上げも、BON…

  8. 60℃ 鶏むね肉 低温調理 塩タイミング比較実験…

    BONIQで低温調理する時、塩を入れるタイミングで鶏むね肉の仕上がりに違…

コメント

    • 渡辺
    • 2018年 12月 22日

    スパイシーバックリブ、今回で4度目の調理となります。
    通販でまとめて購入し、いろいろとレシピを比較したところ、肉本来の美味しさを味わうには、
    マリネして低温調理し焼き目をつけるやり方がベストだと思っています。
    今回は1kg調理したので、8時間の低温調理ののち冷凍保存し、1~2週間後に70度前後で10分~20分温め、
    焼き色をつけて食べるつもりです。
    あるいはマリネして冷凍してからの方がいいのか、再加熱は何度くらいで何分くらいがいいのか、
    アドバイスいただければ幸いです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

SNS

     

友だち追加



PAGE TOP