95℃ ほうれん草のナムル

ほうれん草本来の味が濃い!
低温調理なら、シンプルなサイドメニューも真に丁寧な味わい。

BONIQ設定

95℃
2min

材料


☆2人分☆
・ほうれん草  1束(約200g)
・塩  2g(ほうれん草の1%)

<仕上げ>
・しょうゆ  小さじ1
・おろしにんにく  小さじ1/3
・すりごま(またはいりごま)  大さじ1
・ごま油  大さじ1

《手順》

BONIQをセット

95℃ 2分に設定する。

ほうれん草の下処理

ほうれん草の根の先(土をかんでる部分)を少し切り落とし、根元に十字に切り込みを入れる。
※泥を洗い流しやすくし、火を均一に入れるため。
たっぷりの水に浸してほうれん草を上下させ、根元の泥を落とす。はった水に泥がなくなるまで、数回水を替えて繰り返す。
葉の部分も洗う。


フリーザーバッグに投入

ほうれん草を塩と共にフリーザーバッグに入れ、空気を抜いて真空密封する。

フリーザーバッグの真空密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0

BONIQに投入

BONIQが設定温度に達したら、フリーザーバッグを湯せんに入れ低温調理をする。
※フリーザーバッグが浮き上がってきやすいので、トングなどを使い完全に沈める。

冷水にさらす

設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、ほうれん草を取り出して氷水に3分さらす。

カットする

ほうれん草を冷水から引き上げ手で絞る。この時、ギュッと握り過ぎる繊維を壊してしまうので、程よい力加減で尚且つしっかり水気を切るようにする。
約5㎝にカットする。

仕上げ

ボールにカットしたほうれん草、調味料、にんにく、すりごまを入れて混ぜる。
お皿に盛り付けて出来上がり。

《作る際のポイント》
BONIQ後、ほうれん草を冷水にさらす時間は3分を目安にしてください。
ほうれん草のアク抜きは可能?比較実験」の結果、BONIQ後に水にさらして3分でアクは抜け、塩が浸透したほうれん草は本来の味わいが引き出されていました。従来法の鍋で塩ゆでするよりもほうれん草の味が濃くなります。水に長くさらし過ぎると水っぽくなり、栄養分が流出するおそれがあります。

一般的なフリーザーバッグLサイズにほうれん草1束(約200g)がギリギリ入るくらいなので、量を増やす場合はフリーザーバッグを分けてください。

湯せんの中にフリーザーバッグを入れると残った空気が口の方に上がってきますので、ジップ部分を少し開けて空気を抜くと沈みやすくなります。

カットしたほうれん草をフリーザーバッグに入れてBONIQする方法でもできますが、水にさらした時に栄養分が流出するのを避けるためにカットせずBONIQしています。

簡単シャキシャキもやしのナムル」「にんじんのナムル」も同じ温度での調理ですので同時調理可能です(どちらも95℃ 10分)。同時調理する場合は、ほうれん草のタイマー(2分)が鳴ったら“スタート/ストップボタン”は押さずに、“時間設定ボタン”のみを操作して8分追加してください。

《作った感想》
従来の鍋でほうれん草を茹でる方法でも、ほうれん草ナムルは簡単にできます。
しかし比較してみると、BONIQで低温調理したものはほうれん草本来の味が濃い!とても丁寧な仕事をしている味がします。つまり間違いなく美味しい。
ジュっと焼いたお肉のような華やかさはないけれど、このように地味な(失礼!)サイドメニューが美味しいと、本物だなあといつも思います。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿




【注意】食中毒に関しては、下記のサイトをご一読下さい。

特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75度1分以上】の加熱をしてください。

→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
KEIKO

KEIKO

大学卒業後にフレンチを学びにル・コルドン・ブルー・ロンドンへ留学。 その後、La Maison Courtineパリにて料理人をした後、フレンチの鉄人坂井がオーナーを務める大阪の名門フレンチ ラ・ロシェルにて従事。日本ソムリエ協会公認ソムリエ。お酒にマッチするBONIQレシピを提案させて頂きます。

【ふわふわつるつる だし巻き卵】レシピ動画

【低温調理レシピ人気ランキング】TOP3

関連記事

  1. 60℃ 牛サガリのステーキ シャリアピンソー…

    とっても柔らか、脂っぽくないのに旨味あふれる!お店を超える味わいを、…

  2. 61℃ 極上天然プロテイン!最強サラダチキン

    「えっ、これが鶏むね肉なの!?」パサパサで食べてたくないけど、健康の為に…

  3. 70℃ ふわふわしみしみカレイの煮つけ

    少ない煮汁で身がふわふわ味もしっかり!煮崩れなしで見た目も美しい煮つけで…

  4. 60℃ タレが絡む♪牛肉の韓国風ナムルサラダ

    時間が経ってもパサつきなし♪しっとり牛肉と濃厚タレがベストマッチ!…

  5. 94.5℃ カスタードクリーム低温調理 比較実験…

    BONIQマニアにおくる、低温調理の疑問あれこれの検証。日々低温調理…

  6. 85℃ アスパラの温泉卵のせだしあんかけ

    旬のアスパラガスととろとろ温泉卵の創作前菜メニュー。BONIQの低温調理…

  7. 64℃ 柔らかいのに崩れない!ミートローフ

    ミートローフの新しい作り方を発見!パサつきなしで、ソースとの相性も抜群!…

  8. 55℃ 牛サーロインステーキ 赤ワインソース

    厚みのないお肉も焼きすぎません!リッチで深みのある簡単ソースでどうぞ!…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

SNS

     

友だち追加



PAGE TOP