人気ランキング

【低温調理ならではのハンバーグレシピ】TOP3

5
(1)


大きなブロック肉専用でしょ?と思われてしまいがちな低温調理。(魚や野菜、たまごや発酵食品、スイーツなども!ですが)挽き肉も、〝低温調理ならでは!〟な仕上がりで大変おいしく調理することができます。
従来の家庭での高温調理では難しかった「外側〜中心まで、360℃ムラなし&ふわふわでやわらかジューシー」な仕上がりにきっと驚くはず。ナイフがスッと入る感じも、スライスした後の断面も、たまりません。
そこで今回は、350以上の低温調理レシピを公開しているBONIQの公式レシピサイトにおける、人気「低温調理ならではのハンバーグレシピ」TOP3を発表!
大人も子どもも大好きなハンバーグ。本BONIQの低温調理レシピサイトでも大変人気の3レシピです。いずれもまさに〝低温調理ならでは〟な仕上がりで、おもてなし料理としても喜ばれます。
既に作ってSNSにアップいただいている方もたくさんいらっしゃって、大変嬉しいです!
ローストビーフ、鶏むね、チャーシューに次ぐ低温調理の人気鉄板メニューになるかもしれません^^
材料を合わせて捏ねたりと少し手間がかかるので、一度たくさん作って冷蔵・冷凍保存し、作り置きをしておいても便利ですね。BONIQで再加熱し、ソースと合わせてサッと食卓に並べるだけで、立派なメインの一皿が出来上がります。
「まだ作ったことがない!」という方はぜひ一度お試しください。
毎週のリピートメニューになること、間違いありません!

【低温調理ならではのハンバーグレシピ】No.3!


ふわふわやわらか、家族も喜ぶ定番のおかずメニュー。
BONIQの低温調理なら焼き過ぎ・生焼けの失敗知らず!

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:318 kcal、タンパク質:16.7 g、糖質:13.1 g、脂質:19.9 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
フライパンだと火入れ加減の難しいハンバーグ。
ついついよく焼かないと!と思って、焼きすぎたり、中が生焼けだった事はありませんか?
焼いている間に肉汁もどんどん流出してしまい、パサパサなハンバーグは美味しくないですよね。
BONIQの低温調理なら肉汁は閉じ込めたまま、煮込んでいないのにフワフワで柔らかな煮込みハンバーグに仕上がります。


※訂正「BONIQ設定」:(正)65℃ 1:10(1時間10分)にてご設定ください。

詳しいレシピはこちらから↓

【低温調理ならではのハンバーグレシピ】No.2!


たっぷり赤ワインが決め手。
リッチなデミグラスソースの本格派。

BONIQレシピ開発者の作った感想
なぜ68℃に設定したのかは前述(《作る際のポイント》)の通りですが、もっと高温(80℃)で熱々に仕上げたものとも比較してみました。熱々で美味しいのは美味しいのですが、やはり肉がやや縮んでしまう仕上がりとなりました。
68℃で狙い通り柔らかジューシー、それでいてきちんと熱い、リッチな赤ワインが決め手の最高の出来に満足です。
おもてなし料理としてもふさわしいクオリティ!
急ぎの場合は煮込みハンバーグ用のソースが市販されていますので、表面を焼いたハンバーグと共に同じ温度・時間でBONIQするのも便利です。


詳しいレシピはこちらから↓

【低温調理ならではのハンバーグレシピ】No.1!

ハンバーグは焼かずに低温調理をすることで、お肉が膨らみパンプアップすることをご存知ですか??
テレビで大反響だったレシピを再現しました。

BONIQレシピ調理者の作った感想
柔らかさやジュワッと感を出すために、胃もたれの原因となる「脂」を多くすることなく、「肉肉しさ満点」のフルパンプハンバーグ!
市販のソースに一手間加えて、簡単かつ美味しく作れるので是非トライしてみてください。我が家のチビッコ達も「またパパのハンバーグ食べたい!」と絶賛してくれてるので、週末に一緒に作って楽しんでます^^
いやぁ、これはホントに「一生使えるレシピじゃないの!」と思っております。
ぜひこのレシピをあなたの〝必殺技〟として使い倒していただき、ご家族やお友達にも喜んでいただけたら幸いです^^

詳しいレシピはこちらから↓

《まとめ》
身がぎゅっと詰まっているのにとってもやわらか。しかも、しっかりジューシーで肉肉しい!
BONIQを手に入れたらぜひ一度は作って欲しい低温調理ハンバーグ。
フライパンで焼いて作るだけのハンバーグとは異なる仕上がりで、きっとそのおいしさに感動していただけるはずです。
BONIQでは「低温調理挽き肉」レシピを複数公開しています。ぜひ下記からご覧ください。
鶏挽き肉の低温調理レシピ
合い挽き肉の低温調理レシピ
※お肉の種類と厚みに応じて加熱基準が異なります。くわしくは「低温調理 加熱時間基準表」をご参照ください。(牛豚の合い挽き肉の場合は「豚肉」の基準をご覧ください)

※本ランキングは当社の公式レシピサイト(http://boniq.jp/recipe)における、「ハンバーグレシピ」の総アクセス数に基づいてランク付けしています。

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿






【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
boniq

boniq

BONIQは、ユーザー様それぞれの本質的な目的をサポートする為のパートナーとなるべく低温調理器やそれをより楽しむためのアクセサリー、レシピ、実験記事などを開発しております。 低温調理の可能性を飛躍させ、【日本に低温調理文化を…】を創業以来掲げるテーマとして、一家に1台低温調理器の普及を目指し、そんな方々を見つめその目的達成の一役を担う事を最大の喜びとして、人生を捧げております。 どんな世界でも希望と覚悟を持って生きたいと願う全ての方々と共に・・・ 〜 Let's change your life 〜

このレシピを評価しませんか?

星をクリックして下さい!(評価は1回限りです)

現在の平均:5 (評価数:1 件)

評価がまだ1件もありません。

新着レシピ

  1. 60℃ 胃腸を丈夫に◎鶏ささみのタンドリー風

  2. 最速で最上級ステーキ!低温調理器の店舗活用法

  3. アスリート飯!長友選手シェフのミトコンボウル

  4. ホールディングは有効?比較実験~牛ももVo.3~

  5. 【1月のレシピアクセスランキング】TOP9