BONIQのおすすめ1週間レシピ

仕事に、家事に、子育てに・・・。
日々目まぐるしく追われている主婦にとって、毎日の夜ご飯を考えるのは意外と大変。

そこでおすすめなのが、あらかじめ1週間分の献立を決めてしまうこと。
作るものが決まっていればまとめ買いができるので、無駄な買い物や買い物に費やす時間も減り、1週間を効率よく過ごすことができます。
初回の今回は、1番頭を抱えやすい「夜ご飯のメイン」を、BONIQを使ったレシピで紹介します。

献立の立て方とポイント

1週間のうち、牛・豚・鶏・魚をバランスよく取り入れましょう。
豚肉と鶏肉は大パックだと安く販売されていたりするので、一度にまとめて調理し、日持ちするものは翌日の朝ごはんやお弁当にも使い回せます。
もちろん冷凍しても、再加熱なしで冷蔵解凍すれば美味しくいただけます。

Monday


なにかといそがしい、月曜日。
大人も子どもも休み明けの気分が抜けませんが、こんな日はみんな大好きなトンテキで。
豚肉の持つ栄養を逃すことなく、体にしっかり取り入れて一週間をスタートしましょう!

Tuesday


少なくても週に1回は魚の和食があると、気分もほっこりします。
魚ぎらいな子どもでも「また食べたい!」と何度もリクエストがくる一品。
材料も鮭の切り身と3種類の調味料だけ。
前の晩か朝に漬け込み、帰宅後に鍋に入れるだけとゆう手軽さも良いですね。
BONIQ上級者はここでも時短テクを活用します。
鮭の調理時間は、61℃ 30分なので同じ温度帯の鶏むね肉も、フリーザーバッグを分ければ同時に調理可能です。
鮭の設定時間が終了したら時間を30分追加するだけ。
明日の夜ご飯が前日に終わるなんて 素晴らしいですね!
(※アニサキス対策のため、家庭用冷凍庫で48時間以上冷凍した鮭を使用した場合に限る。
または70℃以上での加熱が必要。なお、70℃以上だと、食感がレシピの仕上がりと異なります。)

Wednesday


週の真ん中、水曜日。
旦那さんは飲み会、子どもは夜まで習いごと。
そんな時こそチャンス!!
夜ご飯の心配なんて何もないない!気にしない!!
週に1回の自分時間を思いっきり満喫します。
仕事終わりにそのままヨガで体を動かし、凝り固まった体をほぐし、身心共に究極のリラックス。
自分1人の夕飯だから、コンビニでいいや!なんてしません。
せっかくデトックスした体には、低カロリー・高タンパクのサラダキンがおすすめです。
前日に作ってあるので、カットするだけ。
冷凍ストックされた玄米ご飯で、おにぎりを作り、お味噌汁だけ用意すれば、手抜きなのに体は喜ぶ立派な夜ご飯になります。

Thursday


だんだん疲れが見られる、木曜日。
少し手をかけて、ミートローフとソースを自家製で用意すれば、家庭料理とは思えないクオリティに。
家族の喜ぶ顔が一番。
ワーキングママにとって、帰宅後は疲れと家の事で手一杯です。
鍋にかけている時間は長めですが、その間は手が空くので子供の宿題をチェックしたり、乱れかけている部屋の掃除に費やすこともでき、時短にもつながります。

Friday


頑張ったごほうびに、毎週金曜日は牛肉です。
さがり肉は内臓肉ですが、見た目も味も赤身肉と似ています。
焼き肉屋さんに行かなくても、ここまで美味しく食べられるなら家族も大満足。
ソースも和風おろしや粒マスタード、焼き肉のタレでも美味しくいただけます。

Saturday


週末は、お友達家族と持ち寄りパーティーをすることも。
そんな時のために、見た目も豪華で華やかな料理が出来ると、一目置かれる存在に!
あさりの下処理さえしておけば、面倒なことはありません。
あさりの出汁のコクと鯛の身のふっくらとした柔らかさに、BONIQをまだ知らない友人も感動。
そして、ここでも同時にローストビーフを作る事が可能です。
あらじかじめ下味をつけておいた牛もも肉の表面をフライパンで焼き付け、フリーザーバッグに投入。
ローストビーフは、55℃〜56℃でレア、57℃〜59℃でミディアムレア、60℃〜62℃でミディアムです。
レアの仕上がりなら、温度帯が同じなので同じ鍋に入れることが可能です。
火入れ具合がもう少し欲しいときは最後にバーナーで炙ると良いでしょう。

Sunday


日曜日は朝から夕方まで思いっきり遊ぶ事も多いはず!
遠出して、帰ってからなにを作ろう・・・、なんて心配はいりません。
前日作ったローストビーフがあるから、ソースだけ用意すればいいのです。
翌日は更に味が染みていて、よりしっとり。
深めのお皿にご飯をよそって、ローストビーフ丼にしても良いですね。

《作った感想》
今回は1週間分のレシピの提案ですが、初めから1週間献立を立てるのは大変と感じるときは、まずは平日の5日間からスタートしてみるのが良いでしょう。




【注意】食中毒に関しては、下記のサイトをご一読下さい。

特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75度1分以上】の加熱をしてください。

→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
boniq

boniq

低温調理をもっと身近に・・・

59℃ ローストビーフ マスタードソース

定番メニュー♪【子どもが喜ぶレシピ】TOP3

関連記事

  1. 61℃ 自家製!美味しい鶏ハム

    パサつきのない、驚くほどしっとり滑かな食感!BONIQでしっかり加熱する…

  2. 63℃ 台湾名物 ルーロー飯

    台湾のおふくろの味をBONIQで♪しっとりジューシー、ご飯がすすむ!…

  3. 63℃ コリッとジューシー 豚タンのねぎ塩だれ

    外はコリッと、中は柔らかジューシー。焼き過ぎの心配もなし!ご飯とお酒…

  4. 61℃ 毛鹿鮫のムニエル ゆず胡椒クリームソー…

    日本海などにいるサメの一種「毛鹿鮫」を、BONIQでクセのないフワッ…

  5. 59℃ しっとり本格!韓国風ローストビーフ

    BONIQだから端から端までしっとり、贅沢な味わい。ピリ辛&甘めの味付け…

  6. 63℃ 豚ヒレ肉のしっとり塩豚ハム

    アレンジの仕方は無限大!簡単・無添加・ヘルシーな手作りハムを食卓に♪…

  7. 63℃ アジアン風♪はちみつマリネチキン

    一口で、気分はタイ♪はちみつの甘さとナンプラーのしょっぱさにやみつき…

  8. 73℃ パーティーにも♪海老のセビーチェ

    見た目が華やかでパーティーやおもてなしに最適!調理工程も簡単で栄養のバラ…

コメント

    • Kuni
    • 2019年 6月 14日

    各種レシピや実験のブログを参考にさせていただいています。料理を多めに作って後日再加熱して食べる場合はどうやるのがおすすめですか?サラダチキンやローストビーフのように冷たいままでも食べられるものはいいですが、ステーキや骨付きチキンはやはり暖かいものを食べたいですよね。毎日料理を作れればそれに越したことは無いとは思いますが、そういうわけに行かない方も多いかと思います。おいしくできた料理をうまく再加熱する方法を教えていただければと思います。

    • boniq
      • boniq
      • 2019年 6月 14日

      コメントありがとうございます。

      温かいモノが美味しいレシピの場合は、
      例えばステーキを保存前提とした調理の場合

      ・ 一次加熱:57度1時間
      ・ 冷蔵庫で保存

      食べる前に
      ・ 二次加熱:55度10分(1次加熱-5度を目安)
      ステーキの厚みによって時間を調整
      ・ 最後に焼き目をつける

      といった形で段取りされると早く美味しく召し上がれると思います。

      飲食店でも、この様な形で業務効率化を踏まえて
      活用して頂いております。

      是非やってみてください!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

SNS

     

友だち追加



PAGE TOP