82℃ りんごのコンポート 赤ワイン風味

ふわっとスパイスを効かせた、大人のデザート。
赤ワイン染み込む、シャキッと食感がクセになる。

BONIQ設定

82℃
1:30(1時間30分)

材料


☆2人分☆
・りんご  1個

<シロップ>
・三温糖(又はグラニュー糖)  40g
・赤ワイン  1カップ
・レモン  1/2個
・シナモンスティック  1本

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質40g以下)
カロリー  230 kcal
糖質  39.8 g
タンパク質  0.7 g  体重 x 1.2g ~ 1.5g
脂質  0.3 g
食物繊維  3.8 g 20 g 以上
カリウム  310 mg  3500 mg 以上
カルシウム 30 mg 650 mg 以上
マグネシウム  19 mg 350 mg 以上
鉄分  0.6 mg 7.5 mg 以上
亜鉛  0.2 mg  10 mg 以上

《手順》

BONIQをセット

82℃ 1:30(1時間30分)に設定する。

りんご・レモンの下処理

りんごを水洗いし、皮を剥く(剥いた皮は後で使うため捨てない)。
芯をくり貫き、塩水(分量外)にさらしておく。
レモンは塩水で洗ってワックスを取る。1/2カットにし、スライスしておく。

シロップを作る

シロップの材料を小鍋に合わせ、沸騰させたら火を止めてりんごの皮を入れ、あら熱を取る。

フリーザーバッグ〜BONIQに投入

フリーザーバッグにりんごと③のシロップを入れ、空気を抜いて密封する。
BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れ、低温調理をする。

フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0

1日寝かせる

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、時間があれば1日寝かせる。

仕上げ

皿に盛り付け、お好みでクリームチーズや生クリームを添えて出来上がり。

《作る際のポイント》
今回使用したりんごはふじりんごで固めですが、品種によっては温度と時間を調整する必要があります。

《作った感想》
りんごを沢山いただくと、ジャムを作ろうか、アップルパイを作ろうか、コンポートを作ろうか、、ワクワクが止まりません。
今回、BONIQを使って初めてりんごのコンポートを作りました。
今までは鍋で気長に煮ていましたが、途中でひっくり返したり、温度調節が必要で放ったらかしには出来ませんでしたが、BONIQを使えばその手間が省けます。
煮崩れもなく、シャキシャキです。
お肉だけではなく、果物も美味しく出来るBONIQ、ぜひお試しください。

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

エネルギーに対して、タンパク質1%と低く、脂質2%と低く、糖質70%と高めのバランスです。

りんごには、果肉と果皮にペクチンという水溶性の食物繊維が多く含まれています。
食物繊維は腸内で消化されずに大腸まで到達し、腸内の善玉菌を増やすことで、腸の調子を整える働きがあります。また、粘性により有害物質を吸着して排泄する働きもあります。
りんごにはクエン酸やリンゴ酸などの有機酸も多く、疲労物質を分解してエネルギーに変える働きがあるため、疲労回復に良いとされています。

また、赤ワインには白内障や緑内障の予防になるアントシアニン、シミやシワを予防するレスベラトロール、メラニンの生成を抑えるタンニンなど抗酸化作用を持つ様々なポリフェノールが含まれています。また、これらのポリフェノールには血液の酸化を防いだり、血管を柔軟にしたりする働きがあり、シナモンにも血管を丈夫に保つ働きがあるため、血管や血液のケアとして良い組み合わせです。

りんごの皮にもりんごポリフェノールが含まれているため、口当たりが苦手でなければ果皮も一緒に召し上がると良いでしょう。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿





【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【牛肉の加熱温度時間】【豚肉の加熱温度時間】【鶏肉の加熱温度時間】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
NAO

NAO

1女・1男の母 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。リクエスト頂ければ、それに沿ったレシピ提案もさせて頂きます。

57℃ 鴨むね肉 カシスソースと共に

60℃ トマトの低温調理 温度比較実験

関連記事

  1. 85℃ 風味がぎゅっと凝縮 簡単たまご豆腐

    卵の風味がぎゅっと凝縮された、濃厚な味わい。材料4つ、簡単なのにまろ…

  2. 74℃ がぶっといきたい スパイシーバックリブ

    スパイシーな味付けにやみつき!青空の下ビール片手に、召し上がれ!…

  3. 75℃ オイルを楽しむ えびのアヒージョ

    プリップリの海老に、エキスたっぷりオリーブオイル!オイル自体を楽しんで。…

  4. 80℃ ホットワイン(赤)

    スパイスたっぷりの本格派。自宅で簡単、リッチ気分♪パーティーやおもてなし…

  5. 70℃ 風味しみ込む 鶏レバーの赤ワイン煮

    臭みなし、クリーミーで食べやすい♪赤ワインの風味がしみ込んで、ワインにぴ…

  6. 93℃ 何にでも合う万能選手!かぼちゃバター

    皮を落とす必要なし。煮崩れなし。ほくほくで甘じょっぱい、万能のサブメ…

  7. サーモンのコンフィ

    40℃ ホロリと柔らかいサーモンのコンフィ

    とてもやわらか&しっとり質感で、ホロリと崩れる。まさに「火の通った生」の…

  8. 40℃〜 カッテージチーズ 温度比較実験

    BONIQマニアにおくる、低温調理の疑問あれこれの検証。日々低温調理…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP