肉厚やわらか、旨み満点!牛タンの塩焼き

低温でじっくり仕上げたジューシーなやわらか食感。
歯ごたえ◎、ビールとご飯がすすみます!

BONIQ設定

・63℃
・40min

材料


・牛タン  140g
(厚さ2cm、スライスしてあるものを使用)
・塩  適量
・こしょう  適量
・レモン  1/8カット
・ごま油  小さじ3
・白髪ねぎ  適量

《手順》

BONIQをセット

63℃ 40分に設定する。

フリーザーバッグに投入

牛タンの両面に塩こしょうをし、フリーザーバッグに入れる。

BONIQに投入

BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れ、低温調理をする。

焼き色をつける

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、バーナーで炙って牛タンの表面に焼き色をつける。

盛り付け

お皿に盛り付け白髪ねぎをのせ、ごま油、カットレモン、塩を添えて完成です。


《作る際のポイント》
最後にバーナーで炙ることで香ばしさを出します。
バーナーがない場合はフライパンを高温に熱し、牛タンの表面だけをサッと焼いてください。

《作った感想》
厚みがない薄い牛タンは火が入り過ぎてしまったり、逆に厚みのあるものは生焼けになりがちで、家庭では火の管理が難しい牛タンですが、BONIQのおかげでジューシーでやわらかいのに歯切れも良く、美味しくちょうど良い食感に仕上がりました。
牛肉はミディアムレアで仕上げる場合は55〜58度くらいが適度ですが(部位によって異なります)、牛タンをこの温度で調理するとやわらか過ぎて噛みにくい食感になってしまうと思われるため、63度 40分に設定しています。
新鮮な牛タンが手に入ったらぜひ、肉厚なのにやわらかジューシー、旨み満点のBONIQ調理を試してみてくださいね!

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^


【注意】食中毒に関しては、下記のサイトをご一読下さい。

特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75度1分以上】の加熱をしてください。

→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
NAO

NAO

1女・1男の母 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。リクエスト頂ければ、それに沿ったレシピ提案もさせて頂きます。

究極の昆布だしで作る、とろとろ温泉豆腐

風邪に負けない!【免疫力を高めるレシピ】TOP3

関連記事

  1. しっとり本格!韓国風ローストビーフ

    BONIQだから端から端までしっとり、贅沢な味わい。ピリ辛&甘めの味付け…

  2. ローストビーフの玉ねぎ赤ワインソース

    火加減の心配なし!ローストビーフが最高の状態に仕上がります!BONI…

  3. 【低温調理ならでは!レシピ】TOP3

    ひと口食べればその魅力にとりつかれてしまう、家庭料理とは思えない!「低温調理…

  4. BONIQのおすすめ1週間レシピ

    仕事に、家事に、子育てに・・・。日々目まぐるしく追われている主婦にとって、…

  5. ローストビーフの低温調理 塩のタイミング比較

    BONIQで低温調理する時、塩を入れるタイミングで牛もものローストビーフ…

  6. 肉じゃが

    お腹も心も満たされる♪みんな大好き、おふくろの味。BONIQ設定…

  7. クリスマスに♪【牛肉/鶏肉/豚肉レシピ】TOP3…

    子どもも大人も、みんな大好きクリスマス♪そこで今回は、200個以上の低温…

  8. 【バレンタインのごちそうディナー】TOP3

    もうすぐバレンタインデー。見た目にも華やかなごちそうレシピで胃袋つかみ直…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP