60℃,63℃ 豚ロースソテー ハニーマスタード

脂が甘くてピンクに仕上がったジューシーな豚肉!
BONIQの低温調理なら、ほったらかしで最高の状態に!

BONIQ設定

60℃
2:35(2時間35分)

または、お好みで

63℃
1:05(1時間5分)

材料

☆2人分☆
・豚ロース 約140g(厚み1.5cm)×2枚
・塩、こしょう  適量
・オリーブオイル  大さじ1

<ハニーマスタードソース>
・粒マスタード  大さじ1
・はちみつ  小さじ1
・レモン汁  大さじ1
・豚肉から出た肉汁

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質5g以下)
カロリー  466 kcal
糖質  5.0 g
タンパク質  27.8 g  体重 x 1.2g ~ 1.5 g
脂質  35.3 g
食物繊維  0.0 g 20 g 以上
カリウム  462 mg  3500 mg 以上
カルシウム 18 mg 650 mg 以上
マグネシウム  41 mg 350 mg 以上
鉄分  0.7 mg 7.5 mg 以上
亜鉛  2.4 mg  10 mg 以上

《手順》

BONIQをセット

60℃ 2:35(2時間35分)または、63℃ 1:05(1時間5分)に設定する。

豚ロースの下処理

豚ロースの身と脂の間の筋に切り込みを入れ、両面筋切りをする。

豚ロースの表面を焼く

両面に塩・こしょうし、フライパンにオリーブオイルを熱して強火で両面と脂の部分をきつね色に焼き固める。(中は生の状態)

フリーザーバッグに投入

フリーザーバッグに豚ロースを入れ、空気を抜いて密封する。この時、豚ロースが重ならないようにする。

フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0

BONIQに投入

BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れ、低温調理をする。

ハニーマスタードソースを作る

ハニーマスタードソース用の材料を混ぜ合わせる。

仕上げ

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、豚ロースをスライスする。
フリーザーバッグに溜まった肉汁をソースに混ぜて、上からかけて出来上がり。

《作る際のポイント》
今回はハニーマスタードソースでしたが、バルサミコソース、ジンジャーソース、りんごのソースなどなど、ソースを変えれば料理の幅がぐんと広がります。

《作った感想》
きちんと火が入っていないと心配な豚肉。でも火が入り過ぎると固くなってしまいます。BONIQを使えば豚肉の火入れを完全にコントロールでき、最高の状態に仕上がります。
脂が甘くてピンクに仕上がったジューシーな豚肉、これはテンションが上がります!

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

豚肉にはたんぱく質や脂質、ビタミンB群が豊富に含まれています。
脂質は何かと悪者扱いされがちですが、豚肉の脂身に含まれる不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールの減少や、動脈硬化予防、心疾患予防などに効果が期待できます。
一度に大量に食べてしまうことには問題がありますが、ロース肉についている皮下脂肪程度であれば食べても健康を害する問題はありません。

ビタミンB群は豚肉の赤身部位に多く含有されています。その中でもビタミンB1は糖質の代謝に必要な栄養素です。米やパンなどの糖質を含む食品をたくさん摂取した場合、ビタミンB1をその分多めに摂取することでスムーズなエネルギー代謝に役立ちますよ。

粒マスタードはからしのようなツーンとする辛みが無く、マスタードの自然なさわやかな香りとプチプチした食感と酸味を楽しむような調味料です。マスタードの香りには食欲増進や消化を促す働きもあります。
マスタードや和からしが苦手な人でも、粒マスタードなら食べられるという人も多いですね。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

レシピ動画もご覧ください

【豚ロースソテー ハニーマスタードソース】BONIQ設定 – 60℃ 2:35(2時間35分)または、63℃ 1:05(1時間5分)


※訂正「BONIQ設定」:(正)60℃ 2:35(2時間35分)または、63℃ 1:05(1時間5分)にてご設定ください。

ASMR(NO MUSIC)

※訂正「BONIQ設定」:(正)60℃ 2:35(2時間35分)または、63℃ 1:05(1時間5分)にてご設定ください。

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿





【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【加熱時間基準表】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
小野寺 桂子

小野寺 桂子

大学卒業後にフレンチを学びにル・コルドン・ブルー・ロンドンへ留学。 その後、La Maison Courtineパリにて料理人をした後、フレンチの鉄人坂井氏がプロデュースの大阪の名門フレンチ ラ・ロシェルにて従事。食育インストラクター・日本ソムリエ協会公認ソムリエ。お酒にマッチするBONIQレシピを提案させていただきます。

90℃ 簡単で万能!じゃがいものピュレ

93℃ 煮くずれなし!かぼちゃの煮つけ

関連記事

  1. 80℃ ししゃものコンフィ

    お手軽ししゃもが、おしゃれに大変身!栄養そのまま。お食事にも、おつまみに…

  2. 63℃ 子供に人気!豚ロースの西京漬け

    炙っても、焼いても、そのままでも、美味しい。しっとりジューシー、子供にも…

  3. 78℃ もっと!なめらかプリン

    前回の「簡単!なめらか美味しいプリン」を、もっとなめらかに。スプーンを進…

  4. 57℃ ローストビーフ低温調理 塩投入比較

    BONIQで低温調理する時、塩を入れるタイミングで牛もものローストビーフの仕…

  5. 77℃,95℃ 塩豚のレンズ豆添え

    おうちでフレンチ!塩豚のグイグイくる旨みをやさしい味のレンズ豆がしっ…

  6. 55℃ しっとりふっくら鯖の味噌煮

    箸を入れた瞬間ほろっと柔らかい。しっとりふっくら鯖の味噌煮がとっても簡単…

  7. 61℃ 同時調理で 水晶鶏の温玉のせ

    とろとろ温玉とやわらか鶏むねの定番最強コンビ。同時調理で時短&高たんぱく…

  8. 70℃ ふわふわ蒸し鯛のごまだれ風味

    ごまだれの香ばしい風味がまるで料亭で食べてるよう!シンプルかつ贅沢な味わ…

コメント

    • 澁谷 圭
    • 2017年 10月 25日

    こんにちは。質問させていただきます。
    boniqで時間通りに調理し終えた料理を、時間通りに食べることができず、冷めてしまった場合や、まとめて作って後日食べるために冷蔵庫で保存しておいた場合、再度温めて食べたい場合ほどのようにしたら良いのでしょうか?せっかく適温で出来上がったものをレンチンしたりしたら火の通りが変わってしまうのでしょうか?

    • boniq
      • boniq
      • 2017年 10月 25日

      ご質問ありがとうございます。
      基準として、『調理後90分以内に食べる。もしくは、4℃以下のチルド温度帯での保管』が衛生上好ましいです。
      まとめて作って後日食べる場合は、冷凍庫にて冷凍保存してください。解答する場合は、『調理した温度と同じ温度』+『調理した時間の半分の時間』で再加熱すると風合いが損なわれず温める事ができます。ご察しの通り電子レンジで加熱してしまいますと、食材の水分は全て出てしまいますので全く美味しくなくなってしまいます。

      低温調理の基本は、食材に『適した温度での調理』となりますので、再加熱の場合も同じ温度かそれ以下である事が好ましいです。調理温度以上になると、タンパク質の収縮が起こります

      また、冷蔵庫で1日置いたモノは「しっとり」して美味しくなります。冷たさが気になる様でしたら、しばらく常温にさらして、食前に一瞬だけフライパンなどで焼く事で暖かくできます。
      保管時は、ガイドブックにございます細菌活性の温度帯を意識して、そこを避ける事が食品衛生上好ましいです。

      わからない事はいつでもご質問ください^^

    • 青山浩明
    • 2018年 8月 10日

    こちらのサイトで拝見した牛肉のステーキの場合は、低温調理してからフライパンで焼いており、豚ロースのソテーは先にフライパンで焼いてから低温調理しているのはなぜですか?
    塊肉の場合は先にフライパンで焼いてからという説明があったので疑問に思い質問させていただきました。

    • boniq
      • boniq
      • 2018年 8月 10日

      ご質問ありがとうございます。先に焼くか、後に焼くか?は好みにもよりますが、先に焼く場合は肉汁の流出抑制を目的とし、後に焼く場合は風味づけを目的と考えております。どちらを優先するかは作る人の考え方にもよりますので、是非両方試して実験してみてください!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP