魚介レシピ

80℃ リカバリー効果◎風味広がる海老しんじょ

4.5
(2)


BONIQ設定
材料
一食あたりの栄養素
手順
作る際のポイント
作った感想
BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

ふんわりはんぺんにプリプリえびの食感がアクセント。
えびの風味がふわっと広がって、ほっとする味わい。

BONIQ設定

80℃
0:30(30分)

材料


☆5人分☆
・むきえび  150g

<えびの下処理用> 
・片栗粉  大さじ1
・水  大さじ1
・塩  小さじ1/2

・はんぺん  2枚(180g)
・卵白  1個分

<A>
・片栗粉  大さじ1.5
・塩  1つまみ
・顆粒和風だし  小さじ1/2
・三温糖  小さじ1/2

<あん>
・だし汁  25ml(水 250ml、顆粒和風だし 小さじ1)
・塩  小さじ1/3
・みりん  小さじ1
・しょうゆ  小さじ1/2
・水溶き片栗粉(水 大さじ2、片栗粉 大さじ1)

<仕上げ>
・三つ葉  適量

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質20g以下)
カロリー 99.6 kcal -
糖質 13.2 g -
タンパク質 9.8 g 体重 x 1.2g ~ 1.5 g
脂質 0.5 g -
食物繊維 0.1 g 20 g 以上
カリウム 162 mg 3500 mg 以上
カルシウム 24 mg 650 mg 以上
マグネシウム 16 mg 350 mg 以上
鉄分 0.5 mg 7.5 mg 以上
亜鉛 0.3 mg 0.5 mg 以上

《手順》

えびの下処理

えびの背ワタを竹串などで取り除く。
下処理用の材料でえびをもみ洗いし、ザルに開けて水気をよく切る。

BONIQをセット

食材全体がきちんと湯せんに浸かるよう、十分な水量を用意する。
80℃ 0:30(30分)に設定する。

えびとはんぺんをミキサーにかける

えびとはんぺんを別々にミキサー(バーミックスやフードプロセッサーでも可)にかける。
えびは小さいかたまりが残る状態、はんぺんはペースト状になればOK。

材料を合わせる

ボウルに卵白を溶きほぐし、はんぺん、えびと合わせる。
<A>の調味料を加え、混ぜ合わせる。

キャンディ巻きにする〜フリーザーバッグに投入

大きくラップを広げ、棒状に形を整えながら手前からきつく巻いて直径4cm程のキャンディー巻きにする。
両端をしっかりねじって結び、フリーザーバッグに入れる。

BONIQに投入

BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れながら、バッグ内に気泡が残らないようにしっかり空気を抜いて密封し、低温調理をする。
この時、バッグを完全に沈めて食材全体が湯せんに浸かるようにする。
(気泡が残っていたり食材全体が完全に浸かっていないと、熱が適切に伝わらず、加熱ムラが生じる。)

フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0

あんを作る

フライパンに水溶き片栗粉以外のあんの材料を全て入れ、沸騰させる。
一旦火を止め(弱火のままでも可)、フライパンを回しながら水溶き片栗粉を少しずつ加える。
弱火〜中火で混ぜながらとろみを調節する。

カットする

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったら取り出し、お好みの厚さにカットする。

仕上げ

皿に盛り付け、あんをかけて三つ葉を添えて出来上がり。


多めに作って、フライにアレンジしても◎




《作る際のポイント》
えびはプロセッサーで回し過ぎない方が良いでしょう。
食感が残った方がアクセントになります。

《作った感想》
海老しんじょはお吸い物や天ぷら、あんかけ等、お店ではよく目にしますが、家庭でも簡単に美味しく作れたら良いですよね。
一般的な作り方は、蒸し器で蒸したり、1個ずつラップで包み、沸騰したお湯で茹でたり、電子レンジで簡単に作る方法がありますが、新しい作り方の1つとして覚えておくと便利です。
フードプロセッサーがない場合はすり鉢ではんぺんをペースト状になるように練り、海老はゴツゴツと残る程度に包丁で叩くと良いでしょう。
ふんわりとしたはんぺんにプリプリな海老の食感がアクセントになります。
多めに作って翌日はお吸い物、3日目はフライなど、使い回しにもおすすめです!

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

海老には疲労回復作用があるタウリンが含まれています。タウリンは必須アミノ酸の一種で、あらゆる臓器に存在して機能を一定に保つように調整している成分です。タウリンは他にも、コレステロール値を正常に近づけたり、胆石の生成の抑制、肝臓の働きを促進する働きがあります。

タウリンは水に溶けやすい性質を持っています。すなわち、ゆでたり蒸したりすることでタウリンが流出していってしまうのです。

水溶性の栄養素は他にも多く存在します。例えばビタミンCやB群も水溶性ビタミンの代表です。
BONIQを使って湯せんすると、直接水に浸かることなく海老しんじょを作ることができるので栄養価の流出の心配がないのも嬉しいポイントですね。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿






【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

nao

1女・1男の母 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。リクエストいただければ、それに沿ったレシピ提案もさせていただきます。

最新記事 by nao (全て見る)

このレシピを評価しませんか?

星をクリックして下さい!(評価は1回限りです)

現在の平均:4.5 (評価数:2 件)

評価がまだ1件もありません。

コメント

  1. ゆってぃ
    • ゆってぃ
    • 2021.01.20

    成形して程よい硬さにするのは、ちょっ難しかったです。
    味は上品で海老の味わい風味がよい。
    小料理屋さんでいただけるような一品です。

    おもてなし料理としておすすめです。

BONIQ設定

  • 80℃
  • 0:30(30分)

材料一覧

  • ☆5人分☆
  • ・むきえび  150g
  • <えびの下処理用> 
  • ・片栗粉  大さじ1
  • ・水  大さじ1
  • ・塩  小さじ1/2
  • ・はんぺん  2枚(180g)
  • ・卵白  1個分
  • <A>
  • ・片栗粉  大さじ1.5
  • ・塩  1つまみ
  • ・顆粒和風だし  小さじ1/2
  • ・三温糖  小さじ1/2
  • <あん>
  • ・だし汁  25ml(水 250ml、顆粒和風だし 小さじ1)
  • ・塩  小さじ1/3
  • ・みりん  小さじ1
  • ・しょうゆ  小さじ1/2
  • ・水溶き片栗粉(水大さじ2、片栗粉大さじ1)
  • <仕上げ>
  • ・三つ葉  適量

新着レシピ

  1. 【筋肉を育てる!筋トレ飯献立】人気TOP4

  2. 62℃ 再現レシピ 有名ホテルのフレンチトースト

  3. 58℃ 脱水は有効?低温調理比較実験 牛もも編

  4. 63℃ 濃厚リッチ 簡単本格フォアグラのテリーヌ

  5. 【低温調理ならではのさんまレシピ】TOP5