豚肉レシピ

63℃ 疲労回復効果◎豚ヒレ肉の自家製 塩豚ハム

5
(1)


BONIQ設定
材料一食あたりの栄養素
手順
作る際のポイント
作った感想BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス
レシピ動画

アレンジの仕方は無限大!
簡単・無添加・ヘルシーな手作りハムを食卓に。

BONIQ設定

63℃
2:00(2時間)

※参照:低温調理 加熱時間基準表(豚肉)

材料


☆2人分☆
<BONIQする材料>
・豚ヒレ肉(ブロック/塊肉、厚さ3cm)  250g
・天然塩(海塩や岩塩など)  5g(小さじ1)
※詳細は《作る際のポイント》にあり。
・酒(煮切り)  大さじ1/2

<仕上げ> ※お好みで
・小ねぎ(小口切り)  適量
・柚子こしょう  適量

<ほか、調理器具など>
・キッチンペーパー
・ラップ
・耐熱容器(酒を煮切る用)
・氷

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質5g以下)
カロリー  150 kcal -
糖質  0.7 g -
タンパク質  25.5 g  体重 x 1.2g ~ 1.5g
脂質  2.1 g -
食物繊維  0 g 20 g 以上
カリウム  500 mg  3500 mg 以上
カルシウム 4 mg 650 mg 以上
マグネシウム  32 mg 350 mg 以上
鉄分  1.0 mg 7.5 mg 以上
亜鉛  2.5 mg  10 mg 以上

《手順》

豚ヒレ肉を塩漬けする(1日)

豚ヒレの全面に塩をまぶしてペーパーで包み、ラップで巻く。
冷蔵庫で1日置く。

低温調理器 BONIQをセットする

鍋やコンテナに水を入れ、本体を挿す。
63℃ 2:00(2時間)に設定する。

※肉、魚(生食用を除く)は種類と厚みに応じて加熱設定を変更する。参照:「低温調理 加熱時間基準表
※食材全体がきちんと湯せんに浸かるよう、十分な水量を用意する。
※高温・長時間調理時は蒸発による水位減少を防ぐため、最大水量を用意する。

BONIQ 低温調理コンテナ&コンテナアクセサリー(ラック、トレー、フタ、ジャケット)はこちら
BONIQ 深型ホーロー鍋はこちら

耐熱袋に投入する

耐熱容器に酒を入れ、電子レンジ600Wで30秒程加熱し、沸騰させてアルコールを煮切る。

豚ヒレのペーパーとラップを取り除き、出た水分をペーパーで拭き取る。
耐熱袋に豚ヒレと酒を入れる。

BONIQ 低温調理用耐熱袋「BONI BAG」はこちら

BONIQに投入する

設定温度に達したら袋を湯せんに入れ、低温調理をする。

※袋内に気泡が残らないよう湯せんに入れながらしっかり空気を抜き、密封する。(参考:動画「低温調理用バッグの密封方法」記事「ベストなバッグ密封の仕方 比較実験」
※食材全体が湯せんに浸かるようにする。浮いてくる場合は耐熱性の瓶や重しを乗せて完全に沈める。
※高温・長時間調理時は湯せんにカバーをする。(鍋:ラップ、コンテナ:フタ)

仕上げ

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったら袋を取り出し、袋ごと氷水で急冷する。
スライスして皿に盛り付ける。
お好みで小口ねぎを散らし、柚子こしょうを添えて出来上がり。




《作る際のポイント》
シンプルな材料で作るので、美味しい塩を使うのがポイントです。精製塩では塩味が鋭くなりすぎるので、海塩や岩塩など旨味のある天然塩がおすすめです。

仕上げには柚子こしょうの代わりにマスタードもよく合います。

《作った感想》
塩豚とは文字通り、豚肉を塩漬けにして作ります。実はこれ、かなり使える存在なのです。
美味しい天然塩に漬けるだけで、余分な水分がなくなり、旨味が凝縮します。
豚ヒレ肉が驚くほどに美味しくなります。
煮込んでポトフにしたり、焼き目をつけてローストポークにしたりと、万能選手です。
通常の塩豚は豚バラや豚肩ロースの塊肉で作りますが、今回は豚ヒレ肉を使って塩豚を作りました。
仕上がりはハムそのもの。
とってもしっとりしていて臭みもなく、豚肉のほんのりとした甘みとちょうど良い塩気がとても美味しかったです。
市販のハムは着色料や添加物、塩分も気になりますよね。
ぜひご家庭で、簡単手づくりハムを作ってみてください!

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

エネルギーに対するタンパク質の割合は66%と高く、糖質の割合は1%と低く、脂質は25%と低いバランスです。
豚ヒレ肉は100g当たりタンパク質22.2g、脂質3.7gと鶏ささみに匹敵するほどの高タンパク質、低脂質です。塩豚ハムにすることで一人分の食塩相当量が3.1gと高めなので、カリウムが多い生の野菜や果物と一緒に摂ったり、他の食事で調整すると良いですね。

豚ヒレ肉にはビタミンB1、鉄分、ナイアシン、ビタミンB6が多く含まれています。
ビタミンB1は豚肉に多いですが、その中でもヒレ肉の含有量は100g当たり1.32mgと、豚肩ロースの2倍、豚バラ肉の3倍多く含まれています。
ビタミンB1は糖質がエネルギーに変わるのを助ける栄養素で、不足すると疲労物質が溜まって疲れやすくなるため、疲労回復のビタミンとして知られています。体の疲れだけでなく、視神経を正常に働かせるため疲れ目にも良いです。

豚ヒレ肉には血液をつくるのに欠かせない鉄分も豊富です。動物性の鉄分は吸収が良いのも魅力です。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

レシピ動画もご覧ください

【63℃ 疲労回復効果◎豚ヒレ肉の自家製 塩豚ハム】


※訂正「BONIQ設定」:概要欄内の【BONIQ設定】をご確認ください。

ASMR(NO MUSIC)


※訂正「BONIQ設定」:概要欄内の【BONIQ設定】をご確認ください。

リニューアルバージョン


※訂正「BONIQ設定」:概要欄内の【BONIQ設定】をご確認ください。

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿








【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照くださいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

The following two tabs change content below.
nao
1女・1男の母 調理師兼フードコーディネーター。 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。美味しく、シンプルに簡単なレシピが得意です。 リクエストいただければ、それに沿ったレシピ提案もさせていただきます。
nao

最新記事 by nao (全て見る)

このレシピを評価しませんか?

星をクリックして下さい!(評価は1回限りです)

現在の平均:5 (評価数:1 件)

評価がまだ1件もありません。

コメント

    • 渡辺
    • 2018.12.21

    とても美味しかったです。
    ただ、ヒレ肉の場合ヒレカツで食べたいと思うのですが、同様のプロセスでいいのでしょうか?
    可能であればレシピを教えていただけるとありがたいです。

    • 佐藤
    • 2019.09.02

    美味しかったです。冷蔵庫でどの程度保存できますか?

    • BONIQ
      • boniq
      • 2019.09.07

      嬉しいです、ありがとうございます!^^
      4℃以下(チルド室)で3日程度を目安にお召し上がりくださいませ。

    • やなぎ
    • 2021.03.16

    シンプルですが、美味しい!
    出来上がったものはあらゆる料理に利用できそうです!!

BONIQ設定

材料一覧

  • ☆2人分☆
  • <BONIQする材料>
  • ・豚ヒレ肉(ブロック/塊肉、厚さ3cm)  250g
  • ・天然塩(海塩や岩塩など)  5g(小さじ1)
  • ※詳細は《作る際のポイント》にあり。
  • ・酒(煮切り)  大さじ1/2
  • <仕上げ> ※お好みで
  • ・小ねぎ(小口切り)  適量
  • ・柚子こしょう  適量
  • <ほか、調理器具など>
  • ・キッチンペーパー
  • ・ラップ
  • ・耐熱容器(酒を煮切る用)
  • ・氷

新着レシピ

  1. 95℃ 米粉のチーズ蒸しパン:グルテンフリー

  2. 70℃〜 豚スペアリブの低温調理 温度比較実験

  3. 60℃ えびと帆立のマリネとペンネ弁当

  4. 60℃ ココア麹ペースト&活用法:砂糖不使用!

  5. 95℃ 米粉の中華風 蒸しパン:マーラーカオ