スイーツレシピ

95℃ 桜あん入り 春の香りのチーズケーキ

5
(1)


BONIQ設定
材料
手順
作る際のポイント
作った感想

BONIQの低温調理で、リッチなチーズケーキを。
ほのかな桜の香りに桜あんのやさしい甘み。
桜の塩気が、チーズケーキの美味しさを引き立てる。

BONIQ設定

95℃
1:00(1時間)

材料

☆ケーキ型 1台分(直径18cm)☆
<BONIQする材料>
・クリームチーズ  250g
・サワークリーム  50g
・生クリーム  200g
・卵  3個
・コーンスターチ  15g
・桜あん  250g
・桜の花の塩漬け  5g

<仕上げ> ※お好みで
・桜パウダー  適量
・粉糖  適量

<ほか、調理器具など>
・ケーキ型(直径18cm)、または、パウンド型
・サラダ油(型紙用)
・クッキングシート
・ハサミ
・ボウル/容器
・泡立て器
・ゴムベラ
・フードプロセッサー(なくても可)
・つまようじ、または、バーナー
・アルミホイル、または、ラップ

《手順》

下準備をする

クリームチーズは常温に戻しやわらかくしておく。(または、電子レンジでやわらかくする。)
卵は常温に戻しておく。

桜の花の塩漬けを流水で洗い、水に浸して15分程置く。
水気を絞る。

ケーキ型にクッキングシートを敷く。
クッキングシートを広げ、底の円をかたどり、線の2mm程内側をハサミで切り取る。
型の高さより1cm程長く、円周より3cm程長い長方形を切る。
型に薄くサラダ油を塗り、側面に長方形のクッキングシートを貼り、底に円形のシートを敷く。

低温調理器 BONIQをセットする

鍋やコンテナに水を入れ、本体を挿す。
95℃ 1:00(1時間)に設定する。

※肉、魚(生食用を除く)は種類と厚みに応じて加熱設定を変更する。参照:「低温調理 加熱時間基準表
※高温・長時間調理時は蒸発による水位減少を防ぐため、最大水量を用意する。
※容器の首まで浸かるようにする。下限水位に足りない場合は底上げをする。(鍋:ココットなどの耐熱容器を逆さに置く、コンテナ:ラック・トレーを使用)

BONIQ 低温調理コンテナ&コンテナアクセサリー(ラック、トレー、フタ、ジャケット)はこちら
BONIQ 深型ホーロー鍋はこちら

生地を作る

ボウルにクリームチーズとサワークリームを入れ、ゴムベラでなめらかになるまで混ぜ合わせる。
桜あんを加え混ぜる。
生クリームと卵は3回ずつに分けながら加え、泡立て器でその都度混ぜ合わせる。
コーンスターチをふるい入れ、混ぜる。

※この工程はフードプロセッサーで行っても良い。



型に生地を入れる

クッキングシートを敷いた型に生地を流し入れ、数cmの高さから落として空気を抜く。
気泡ができたらつまようじなどでつぶす。(または、バーナーの火を近づけて気泡を飛ばす。)

桜の花を飾る

上から塩抜きした桜の花を散らす。(切り分けることを考慮してのせると良い。)
※詳細は《作る際のポイント》にあり。

型をアルミホイルでカバーする。

BONIQに投入する

設定温度に達したら型を湯せんに入れ、低温調理をする。

※容器の首まで湯せんに浸かるようにする。
※高温・長時間調理時は湯せんにカバーをする。(鍋:ラップ、コンテナ:フタ)

冷やす

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったら型を取り出す。
(型を揺らすと、表面の中心が多少フルフルと揺れるくらいが仕上がりのサイン。)
あら熱が取れたら冷蔵庫で完全に冷やす。(3時間〜)

仕上げ

型を冷蔵庫から取り出し、クッキングシートごとチーズケーキを引き抜く。
クッキングシートを取りはずし、切り分けて皿に盛る。
お好みで桜パウダーや粉糖を振りかけて、出来上がり。






《作る際のポイント》
材料について、「桜パウダー」は桜の花や桜の葉から作られたパウダーで、お菓子やパン生地に練り込んだり、そのまま飾りとして振りかけたりできます。製菓材料店やネット販売などで購入できます。

本レシピでは直径18cmのケーキ型ではなく、18cmの手つき鍋で代用しました。鍋は重みもあり、手つきの部分がコンテナの突起にちょうど引っかかり湯せん状態にできるため鍋を使用しました。

他にも角形のパウンド型でも可能です。
丸の鍋やケーキ型を使用する場合は、型が入る大きさの湯せん鍋か12L以上のコンテナが必要になります。パウンド型の方が、湯せんに入れやすく作りやすいでしょう。
混ぜ合わせた生地は約920mlとなりますが、加熱時に膨らむことを考慮すると、生地が型の8割程度に収まる容量のものであれば、パウンド型でも可能です。(目安:9cm × 18cm × 高さ7cm)

以下、パウンド型にクッキングシートを敷く方法です。
シートを広げ(型を包み込んだ際、両端が2cmずつ余る大きさ)、中央にパウンド型を置き押さえながら底辺をかたどります。
書いた面を下にして四辺に折り目をつけ、短い方(パウンド型の高さの辺)折り目に切り込みを入れ、型に敷き込みます。

型の大きさが小さいほど(流し入れた生地が厚くなればなるほど)、設定時間通りでは加熱が不十分になります。9cm × 18cm × 高さ7cmのパウンド型の場合、BONIQ設定時間は「1時間20分」となります。
取り出した際に、表面の中心が多少フルフルと揺れるくらいが出来上がりのサインです。

手順5、18cmのケーキ型は通常8人分(8等分)になります。
桜の花を表面に置く際、8等分にカットすることを考慮してのせると良いでしょう。

《作った感想》
春らしいチーズケーキが出来ました。
ほのかな桜の香りに桜あんのやさしい甘み。ほんのりとピンクの色合いも春を感じさせます。
桜の塩気が、リッチなチーズケーキの美味しさをいっそう引き立てます。

チーズケーキは下準備さえ済めば、あとは混ぜるだけ。
お子様と一緒に作っても良いですね。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿








【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照くださいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

The following two tabs change content below.
nao
1女・1男の母 調理師兼フードコーディネーター。 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。美味しく、シンプルに簡単なレシピが得意です。 リクエストいただければ、それに沿ったレシピ提案もさせていただきます。
nao

最新記事 by nao (全て見る)

このレシピを評価しませんか?

星をクリックして下さい!(評価は1回限りです)

現在の平均:5 (評価数:1 件)

評価がまだ1件もありません。

コメント

この記事へのコメントはありません。

BONIQ設定

  • 95℃
  • 1:00(1時間)

材料一覧

  • ☆ケーキ型 1台分(直径18cm)☆
  • <BONIQする材料>
  • ・クリームチーズ  250g
  • ・サワークリーム  50g
  • ・生クリーム  200g
  • ・卵  3個
  • ・コーンスターチ  15g
  • ・桜あん  250g
  • ・桜の花の塩漬け  5g
  • <仕上げ> ※お好みで
  • ・桜パウダー  適量
  • ・粉糖  適量
  • <ほか、調理器具など>
  • ・ケーキ型(直径18cm)、または、パウンド型
  • ・サラダ油(型紙用)
  • ・クッキングシート
  • ・ハサミ
  • ・ボウル/容器
  • ・泡立て器
  • ・ゴムベラ
  • ・フードプロセッサー(なくても可)
  • ・つまようじ、または、バーナー
  • ・アルミホイル、または、ラップ

新着レシピ

  1. 95℃ 米粉のチーズ蒸しパン:グルテンフリー

  2. 70℃〜 豚スペアリブの低温調理 温度比較実験

  3. 60℃ えびと帆立のマリネとペンネ弁当

  4. 60℃ ココア麹ペースト&活用法:砂糖不使用!

  5. 95℃ 米粉の中華風 蒸しパン:マーラーカオ