80℃ とうもろこしの低温調理 温度比較実験

とうもろこしが一番美味しくなる温度はどれか?BONIQの設定温度別の方法で検証。
とうもろこしをフリーザーバッグに入れて密封し、BONIQで30分調理を行った。

① BONIQ:92℃
② BONIQ:84℃
③ BONIQ:80℃
④ BONIQ:70℃

温度決定は以下のような理由からである。

① 野菜のセルロース(食物繊維)が壊れ、シャキシャキ感がなくなり始める温度。ジューシーになるのでは。
② 海外のいくつか低温調理のサイトを覗くと、この温度が圧倒的に多い。(日本ではとうもろこしの低温調理実例が少ない。)
③ 以前調理してみて、間違いなく美味しかった。
④ 旬のとうもろこしは生でも美味しいので、低い温度でも美味しくなるのでは。

BONIQ設定

① 92℃ 0:30(30分)
② 84℃ 0:30(30分)
③ 80℃ 0:30(30分)
④ 70℃ 0:30(30分)

材料


・とうもろこし(品種 ゴールドラッシュ)

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質40g以下)
カロリー  138 kcal
糖質  22.7 g
タンパク質  5.4 g  体重 x 1.2g ~ 1.5 g
脂質  2.6 g
食物繊維  4.5 g 20 g 以上
カリウム  435 mg  3500 mg 以上
カルシウム 5 mg 650 mg 以上
マグネシウム  56 mg 350 mg 以上
鉄分  1.2 mg 7.5 mg 以上
亜鉛  1.5 mg  10 mg 以上

※1/2本分の栄養価を計算しています。

《手順》

① BONIQ設定:92℃ 30分

とうもろこしの皮をむいてひげを取り、フリーザーバッグに入れ空気を抜いて密封し、BONIQで低温調理する。
とうもろこしが浮いてきてしまうので、耐熱性のあるボウルやお皿などを重しにして水中に沈める。

フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0



通常の“茹でとうもろこし”に近く、なじみのある味わい。
身離れがよく、柔らかいので食べやすい。

② BONIQ設定:84℃ 30分


シャキッと感を残しつつ、ぷりっとジューシー。とても甘い。

③ BONIQ設定:80℃ 30分


シャキッと感を残しつつ、ぷりっとジューシー。相当甘い。
バターを入れていないのにバターのような風味が感じられる。

④ BONIQ設定:70℃ 30分


シャキシャキ。フレッシュで美味しいが、結構な青みが残る。

《まとめ》
それぞれ、以下のような結果となった。




結論からいうと、

③80℃に軍配!
シャキッと感もありつつ、ぷりっとジューシーで最も甘い。バターを入れていないのにバターのような風味が感じられる。30分ほど経って冷めるとなおさらその甘みが際立つ。
②84℃も、ジューシーでとても甘く美味しい。②③同時に食べ比べをしないとわからないレベルであるが、じっくり食べ比べてみるとやはり甘みの強さからして③がベスト。

次は①の92℃。通常の茹でとうもろこしに近く、なじみの味。②③と比べてしまうと甘みが少ないが、ジューシーで柔らかく、食べやすい。

そして④の70℃。かなりシャキシャキで青さがある。美味しいには美味しいが、この温度で食べる意味は今のところあまり見い出せない。

甘みの強さと総合的な美味しさで、
③ 80℃>② 84℃>① 92℃>④ 70℃
という結果になった。 

さらに冷めれば冷めるほど、その違いがより際立った。

《作った感想》
以前「甘くジューシーなバターコーン (BONIQ設定:80℃ 30分)」のレシピを作成しました。
このレシピでなぜ80℃に設定したかは思い出せないのですが、実際作ってみて美味しいのは間違いなかったのです。
そこで今回、もしかしたらもっと美味しくなる温度があるのでは?ということからこの実験を試みました。
調べてみたところ、日本では他に参考にできるレシピが見つからず、海外のレシピではほとんどが83℃か84℃。実際にこの実験をしてみるまでは、「あれっ、前回温度を間違えたか。。。」と不安になっていました。
BONIQ後、フリーザーバッグを開けた瞬間、甘いとうもろこしのみずみずしい香りが立ち上がり幸せな気持ちに。そして結果は・・・
80℃が一番甘い!ホッ。
自信を持っておすすめできます。

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

トウモロコシは野菜、というより穀物の一種です。
日本で主に食べられているのはスイートコーンですが、外国では別の品種のトウモロコシを主食としている国もあり「世界三大穀物」と呼ばれています。
穀物なので糖質の含有量が高く、エネルギーの補給源となる作物です。

スイートコーンが米や小麦粉と違う点は、食材自体に天然の甘みがあることと、食物繊維が豊富な点です。

主食の量を減らしてダイエットをしている人の場合、甘いものは避けがちですが、スイートコーンなら天然由来の甘みと整腸効果がある食物繊維のおかげで罪悪感なく甘いものを食べたい欲求を満たすことができます。
また、よく噛むことで満腹中枢も刺激され、少量でも満足できるのもうれしい点ですね。

スイートコーンの甘み成分には果糖が含まれており、果糖は冷やしたほうが甘みを強く感じることができます。低温調理後はできたてを味わった後、半分は冷蔵庫に入れて冷やしてから食べるのもおすすめです。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

レシピ動画もご覧ください

【とうもろこしの低温調理 温度比較実験】BONIQ設定 – 92℃/84℃/80℃/70℃ 0:30(30分)

ASMR(NO MUSIC)

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿





【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【牛肉の加熱温度時間】【豚肉の加熱温度時間】【鶏肉の加熱温度時間】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
小野寺 桂子

小野寺 桂子

大学卒業後にフレンチを学びにル・コルドン・ブルー・ロンドンへ留学。 その後、La Maison Courtineパリにて料理人をした後、フレンチの鉄人坂井氏がプロデュースの大阪の名門フレンチ ラ・ロシェルにて従事。日本ソムリエ協会公認ソムリエ。お酒にマッチするBONIQレシピを提案させて頂きます。

87℃ ふっくらやわらか♪さんまの煮物

63℃ アジアン風♪はちみつマリネチキン

関連記事

  1. 75℃ オイルを楽しむ えびのアヒージョ

    プリップリの海老に、エキスたっぷりオリーブオイル!オイル自体を楽しんで。…

  2. 85℃,86℃ 牡蠣のコンフィ

    生に近い形で仕上がる♪海のミルクの食感異なるコンフィ2種BONIQ設…

  3. 63℃ しっとりローストポーク 3種ソース添え

    しっとりとやわらかな口あたりのローストポーク。おもてなしや持ち寄りにも最…

  4. 77℃ 漬け込み不要!スペアリブのみそ煮込み

    朝一BONIQして、夜にどうぞ。お箸で食べられる柔らかさで病みつきに!…

  5. 85℃ じゃがいもの低温調理 温度比較実験

    じゃがいもが一番美味しくなる方法はどれか?竹串がすっと通るところを目指し…

  6. 90℃ 半熟煮卵低温調理 漬け時間比較実験

    黄身までねっとり、究極の美味しさ。まずはそのまま。ラーメンや丼ぶりにも♪…

  7. 50℃ カッテージチーズのレアチーズケーキ

    ロワール地方の郷土菓子をカッテージチーズでアレンジ。ラズベリーソースの魅…

  8. 63℃ 豚ヒレのステーキ ポルトソース

    肉厚ジューシーでとってもやわらか!厚切りなのにお箸で食べられる♪BO…

コメント

    • 西尾
    • 2018年 6月 23日

    とうもろこしが、名産の地域にすんでいます。今まで、レンジや塩ゆでの方法で食べていました。先日、BONIQが届き使ってみると、準備も簡単で大変美味しく出来ました。こんなにも一つ一つの粒のジューシー感が違うのかと驚きました。

    他の食材でもいろいろ試してみたいなと感じました。

    • boniq
      • boniq
      • 2018年 6月 25日

      ありがとうございます^^ 
      トウモロコシの可能性を限界まで引き出せるのはBONIQならではの加熱方法だと思います!
      是非、たくさんのレシピに挑戦してくださいませ!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP