77℃ ふわふわつるつる だし巻き卵

職人技は必要なし!
卵豆腐のような、つるつるだし巻き卵!

BONIQ設定

77℃
0:30(30分)

材料


☆2人分☆
・卵  3個
・出汁  60ml
・しょうゆ  10ml
・塩  1つまみ

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質5g以下)
カロリー  140 kcal
糖質  0.9 g
タンパク質  11.5 g  体重 x 1.2g ~ 1.5 g
脂質  10.0 g
食物繊維  0 g 20 g 以上
カリウム  156 mg  3500 mg 以上
カルシウム 48 mg 650 mg 以上
マグネシウム  1.4 mg 350 mg 以上
鉄分  1.7 mg 7.5 mg 以上
亜鉛  1.2 mg  10 mg 以上

《手順》

BONIQをセット

77℃ 0:30(30分)に設定する。

卵液を作る

だし巻き卵の材料をすべてボウルに入れ、泡だて器(菜箸)で白身と黄身を混ぜる。
この時泡立てないようにする。

フリーザーバッグに投入

卵液を適度な大きさのフリーザーバッグに入れ、空気を抜いて密封する。

フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0

BONIQに投入

BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れ、低温調理をする。
この時、卵液が下に溜まるようにする。
(後に成型しやすいように)

だし巻き卵を成形

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、巻きすで形を整え10分ほど置いておく。

仕上げ

フリーザーバッグからだし巻き卵を取り出す。
適当な厚さにカットし、皿に盛り付けて出来上がり。


《作る際のポイント》
BONIQから取り出した時に成型しやすいように、卵液がフリーザーバッグの下に集まるように入れてくださいね。

《作った感想》
卵料理はシンプルでいて、火加減や技術が必要な料理の一つ。BONIQを使えばまるで卵豆腐のようにふわふわつるつるのだし巻き卵の完成です。これを応用して次はだしの量を増やし、卵豆腐や茶碗蒸しに挑戦したいと思います。

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

卵は「完全栄養食品」と言われるほど栄養価が詰まっています。
生命の源になるので動物の体を作るための栄養素が濃縮されているのです。

卵はタンパク質や脂質、ミネラル、ビタミンなどをバランスよく含んでおり、野菜や果物と一緒に食べると不足しているビタミンCや食物繊維がカバーされ、すべての栄養素を摂取することができます。

ただ、生卵のまま食べると卵白と卵黄に含まれている成分同士が体内で反応し、消化しにくい物質に変化してしまいます。また、固ゆでのゆで卵は腹持ちが良い通り、消化に時間がかかり胃に負担をかけてしまうことも。そこで、卵を低温調理することで、消化に負担がかからず熱に弱い栄養素の損失も防ぐことができるというわけです。

また、卵はGI値(グリセミックインデックス値)が低い食品としても有名です。低GI値の食品は血糖値の上昇を穏やかにし、肥満を防ぐことができます。

卵を大量に食べるとコレステロールが上がるという話もありますが、ヒトの体の中でもコレステロールは生成されており、健康な人であれば食事で摂取するコレステロールの量は気にしなくて大丈夫です。
卵についても、1日に2〜3個食べることは全く問題ありません。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

レシピ動画もご覧ください

【ふわふわつるつる だし巻き卵】BONIQ設定 – 77℃ 0:30(30分)

ASMR(NO MUSIC)

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿






【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
小野寺 桂子

小野寺 桂子

大学卒業後にフレンチを学びにル・コルドン・ブルー・ロンドンへ留学。 その後、La Maison Courtineパリにて料理人をした後、フレンチの鉄人坂井氏がプロデュースの大阪の名門フレンチ ラ・ロシェルにて従事。食育インストラクター・日本ソムリエ協会公認ソムリエ。お酒にマッチするBONIQレシピを提案させていただきます。

前のページ

次のページ

関連記事

  1. 85℃ 栄養満点!旬の味 ゴーヤのおひたし

    クセになる旬の美味しさ!栄養そのまま、苦味を抑えて、召し上がれ!…

  2. 60℃ ふっくら驚き!鶏ささみのコンフィ

    パサつく鶏のささみを、BONIQで驚きのしっとりふっくら仕上げ。アレンジ…

  3. 65℃ サラダフィッシュに!さば比較実験

    BONIQマニアにおくる、低温調理の疑問あれこれの検証。日々低温調理…

  4. 90℃ まるごと玉ねぎのスープ

    栄養を残すことなく閉じ込めた、素材の旨味が生きるスープで芯からぽかぽか。…

  5. 60℃ オードブルにも!合鴨ロース パストラミ

    サンドイッチ、ピザ、オードブルなど使い勝手良し。BONIQで簡単にふわっ…

  6. 93℃ 煮くずれなし!かぼちゃの煮つけ

    簡単なのに煮くずれの心配なしでほくほく!少ない煮汁でお出汁が染み込んだか…

  7. 77℃ “下茹でなし”で豚の角煮 比較実験

    BONIQマニアにおくる、低温調理の疑問あれこれの検証。日々低温調理…

  8. 95℃ ジャスミンライスの魚粥 シンガポール屋台…

    赤唐辛子や薬味をたっぷり入れて、汗をかきながら豪快に食べる。ドロッと熱々…

コメント

    • 渡辺
    • 2018年 12月 28日

    アドバイスをお願いいたします。

    少し胡麻油で焼き目をつけたいと思います。
    その場合フライパンで焼くのは、
    A 巻きすで成型する前にフライパンで焼いて、その後巻きすで成型する。
    B 巻きすで成型した後にフライパンで焼き目をつける。
    のどちらがいいと思われますか?

    • boniq
      • boniq
      • 2018年 12月 31日

      ありがとうございます。
      Bの成型してからの方が焼き目つけやすいと思います!

    • ベンガルキャット
    • 2019年 1月 21日

    豊富て分かりやすいレシピをありがとうございます。
    毎日のようにBONIQを使用して料理を作っております。
    今回、だし巻き卵を作ってみたところ、見た目も味も
    素晴らしい出来でした。
    最後に、フライパンにゴマ油をひいてかるく焼き目を
    つけたところた、完璧になりました。
    ありがとうございました。

    • boniq
      • boniq
      • 2019年 1月 28日

      良いですね!!」
      コメントありがとうございます!
      このレシピは、芸術的な姿に思わず「おぉぉ!」って言ってしまう出汁巻卵だと思います^^

      ぜひ、他にも作ったら教えてください!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式SNS

       

PAGE TOP