88℃ 圧力鍋を超えるスペアリブオレンジ煮込み

圧力鍋では再現できないやわらかさは、BONIQならでは。
甘酸っぱい味がくせになって、ご飯がすすみます!

BONIQ設定

88℃
8hr(480min)

材料


☆3人分☆
・豚スペアリブ  400g
・塩こしょう  適量
・オリーブオイル  小さじ1
・にんにく  1片
・しょうが  10g
・オレンジ スライスなど  お好みの量

<A>
・100%オレンジジュース  150ml
・醤油  大さじ3
・はちみつ  大さじ2

《手順》

BONIQをセット

88℃ 8時間に設定する。

塩こしょうする

スペアリブの全面に塩こしょうする。

薬味をカットする

にんにくとしょうがの皮を剥き、それぞれ4つずつにカットする。

焼き色をつける

フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくとしょうがを入れる。
香りが立ってきたらスペアリブを入れ、左右両面に焼き色をつけたら取り出す。

調味液を煮詰める

④のフライパンに<A>の材料をすべて入れ、とろみがつくまで煮詰めてあら熱を取る。

フリーザーバッグに投入

④で取り出したスペアリブと⑤の調味液をフリーザーバッグに入れ、空気を抜いて真空密封する。

フリーザーバッグの真空密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0

BONIQに投入

BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れ、低温調理をする。
このとき、鍋をアルミホイルで覆って水の蒸発を防ぐ。

盛り付け

設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出す。
お皿に盛り付けオレンジを添えて、完成です。



《作る際のポイント》
高温・長時間のBONIQ調理のため、アルミホイルで塞いで湯せんの蒸発を防ぎます。
セット時に水位も限界まで入れるようにしてください。

《作った感想》
圧力鍋で作るスペアリブは簡単に短時間で調理できますが、BONIQ調理との仕上がりに差がでることが分かりました。
圧力鍋の場合、やわらかいのですが水分が抜けきってしまうのと、肉質が繊維状に剥がれる食感で、歯にはさまりやすくなります。。
一方でBONIQでの今回の設定温度では、タンパク質の変性により水分が抜ける温度ではありますが、圧力鍋やオーブンよりも低い温度なので肉質のままホロっと崩れるくらいにやわらかく、コラーゲンがゼラチンになることで、さらにやわらかさが増します。
スペアリブのような骨つきの肉は、豚もも肉や豚肩ロース肉と違って80℃以上の長時間調理がおすすめです。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿




【注意】食中毒に関しては、下記のサイトをご一読下さい。

特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75度1分以上】の加熱をしてください。

→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
NAO

NAO

1女・1男の母 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。リクエスト頂ければ、それに沿ったレシピ提案もさせて頂きます。

【レシピ開発者のおすすめ】TOP3 – Vol.01

【レシピ開発者のおすすめ】TOP3 – Vol.02

関連記事

  1. 72℃ 簡単ふわとろ♪エッグベネディクト

    BONIQで作るポーチドエッグは、ねっとり濃厚!見た目も美味しい♪レスト…

  2. 60℃ 飲む点滴!甘酒バナナスムージー

    甘酒独特の味が苦手な方はバナナスムージーで!ブドウ糖たっぷりで朝食変わり…

  3. 55℃ 極上肉を格上げ!牧草牛のステーキ

    上質なお肉×「理想」のミディアムレア。BONIQとの相性は最強!まずは塩…

  4. 61℃ 極上天然プロテイン!最強サラダチキン

    「えっ、これが鶏むね肉なの!?」パサパサで食べてたくないけど、健康の為に…

  5. 60℃ 鶏むね肉 低温調理 塩タイミング比較実験…

    BONIQで低温調理する時、塩を入れるタイミングで鶏むね肉の仕上がりに違…

  6. 85℃ 栄養満点!旬の味 ゴーヤのおひたし

    クセになる旬の美味しさ!栄養そのまま、苦味を抑えて、召し上がれ♪…

  7. 94℃ 癒しのお粥

    食欲がない時もこれで解決!シンプルな癒しのお粥です!BONIQ設定…

  8. 60℃ 昆布だしの低温調理 時間比較実験

    BONIQマニアにおくる、低温料理の疑問あれこれの検証。日々低温調理…

コメント

    • Narumi Hirose
    • 2019年 4月 30日

    レストランの味に仕上がりました。
    ポークリブはいつも料理していますが、今回が最高の出来でした。
    骨は簡単にはずれて、柔らかくホロホロ!
    ダーリンも私も大満足です。
    すばらしいレシピをありがとうございました。

    • boniq
      • boniq
      • 2019年 5月 01日

      ありがとうございます^^
      とても嬉しいコメントありがとうございます!!

      コラーゲンをしっかりと破壊する事ができるので
      ホロホロに調理可能です。

      ぜひ、他にも作ったら教えてくださいませ!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

SNS

     

友だち追加



PAGE TOP