滑らかな牛肉のカルパッチョ

生でもローストビーフでもない滑らかな食感!
絶妙な舌触りのカルパッチョです!

BONIQ設定

53℃
50min

材料


・ 牛肩ロース肉 230g
(牛フィレ肉があれば尚良いです )
・ オリーブオイル 30cc
・ ケーパース 適量
・ 塩、胡椒 適量

《手順》

BONIQをセット

BONIQを53℃ 50minでセットする。

フリーザーバックに入れる

お肉の両面に塩胡椒をしフリーザーバックに入れ、オリーブオイルを注ぎ手でよく馴染ませ真空にする。

BONIQに投入

設定温度に到達したらフリーザーバックの残りの空気を抜きながらBONIQにそっと入れる。

仕上げ

終了のタイマーが鳴ったらフリーザーバックを取り出し、お肉の水気をペーパーで押さえる。
ラップで包み冷凍庫で1時間ほど寝かせてから薄くスライスして、お野菜と共にお召し上がり下さい。


《作る際のポイント》
①BONIQから取り出したばかりのお肉をすぐにカットしてしまうとせっかくの肉汁が流れてしまいますので、肉汁流出防止とカルパッチョはなるべく薄くカットして食べた方が美味しいので、半解凍程の固さでカットした方がやりやすいです。
②設定時間は厚み2㎝の牛肉を基準にしていますので、厚みが倍になったら時間も延ばして下さい。

《作った感想》
一見ローストビーフに思いますが、ローストビーフは中心温度を57℃、90分のミディアムレアで、最後にフライパンで表面だけ焼き付けました。
今回はカルパッチョなのでレアより低い温度53℃、50分で調理したので、ローストビーフより生に近い狙った通りの食感に仕上りました。
生ではなく、かといってローストビーフではない滑らかな食感。絶妙な舌触りのカルパッチョをBONIQ調理でぜひ味わって下さい。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^


【注意】食中毒に関しては、下記のサイトをご一読下さい。

特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75度1分以上】の加熱をしてください。

→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
NAO

NAO

1女・1男の母 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。リクエスト頂ければ、それに沿ったレシピ提案もさせて頂きます。

とろとろ豚ばらの角煮

半熟卵とツナのポテトサラダ

関連記事

  1. クリスマスに♪【牛肉/鶏肉/豚肉レシピ】TOP3…

    子どもも大人も、みんな大好きクリスマス♪そこで今回は、200個以上の低温…

  2. ローストビーフの和風味噌だれ

    口いっぱいに広がる、深い味わい。絶妙なしっとり柔らか食感、楽しみ方も…

  3. 牛サーロインステーキ 赤ワイン&リーペリンソース…

    厚みのないお肉も焼きすぎません!リッチで深みのある簡単ソースでどうぞ!…

  4. 【アウトドアにぴったりレシピ】TOP3

    170個以上の低温調理レシピを公開している「BONIQ」の公式レシピサイトに…

  5. ワインがすすむ和牛のタリアータ

    イタリアのシンプルな肉料理タリアータ!ワインがすすむ美味しさをご家庭でど…

  6. ローストビーフの玉ねぎ赤ワインソース

    火加減の心配なし!ローストビーフが最高の状態に仕上がります!BONI…

  7. 肉厚やわらか、旨み満点!牛タンの塩焼き

    低温でじっくり仕上げたジューシーなやわらか食感。歯ごたえ◎、ビールと…

  8. 牛サガリ肉のステーキ 自家製シャリアピンソー…

    とっても柔らか、脂っぽくないのに旨味あふれる!お店を超える味わいを、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP