63℃ 豚ロース肉の味噌粕漬け

様々な効能があり、日々の食事に取り入れたい「酒粕」。
さらにしっとりやわらかで、BONIQとの相性は抜群!

BONIQ設定

63℃
1:05(1時間5分)

材料


☆2人分☆
・豚ロース肉(厚さ1.5cm×2枚)  240g
・サラダ油  小さじ1

<調味料>
・酒粕  50g
・味噌  50g
・水  大さじ2
・三温糖  大さじ1/2

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質5g以下)
カロリー  353 kcal
糖質  4.1 g
タンパク質  25.4 g  体重 x 1.2g ~ 1.5 g
脂質  23.6 g
食物繊維  0.8 g 20 g 以上
カリウム  405 mg  3500 mg 以上
カルシウム 14 mg 650 mg 以上
マグネシウム  33 mg 350 mg 以上
鉄分  0.7 mg 7.5 mg 以上
亜鉛  2.2 mg  10 mg 以上

《手順》

豚ロースの下ごしらえ

豚ロースの赤身と脂身の間に数ヶ所切り込みを入れ、筋切りをする。

酒粕をペースト状にする

酒粕を細かくちぎり、調味料のすべてと合わせて耐熱容器に入れ、塗りやすい固さになるまでレンジで加熱する。
加熱後そのまま2分程置き、あら熱が取れたら混ぜ合わせる。

味をなじませる

豚ロースの両面に②を塗り込み、袋に入れる。
空気を抜いて口を閉じ、冷蔵庫で1日寝かせる。

BONIQをセット

63℃ 1:05(1時間5分)に設定する。

フリーザーバッグに投入

冷蔵庫から豚ロースを取り出し、両面に塗った酒粕をゴムベラなどでぬぐう。
豚ロースをフリーザーバッグに入れ、空気を抜いて密封する。この時、肉同士が重ならないようにする。

フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0

BONIQに投入

BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れ、低温調理をする。

両面に焼き色をつける

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出す。
フライパンにサラダ油を熱し、豚ロースの両面に焼き色をつける。

仕上げ

豚ロースを皿に盛り付けて出来上がり。



《作る際のポイント》
時間があれば2〜3日味噌粕に漬けることで、更に味が深くなります。
最後にフライパンで両面焼き付けますが、中心部まで火が入っていますので強火でサッとで大丈夫です。バーナーで炙るのでも良いでしょう。

《作った感想》
冬場になると、スーパーでも頻繁に目にする酒粕ですが、美容効果や腸内環境改善、認知症予防など、様々な効能があることで有名ですね。
これだけ栄養価の高い食材なので、せっかくなら毎日の生活に積極的に取り入れたいです。
では板粕 1枚を購入、いざどうやって使い切るか、、、頭を抱える方も多いかと思います。
甘酒、粕汁、、これだけではありません!
味噌粕漬けによく使えます。
今回は豚ロース肉ですが、漬ける食材は鶏肉や魚でもOK!
漬けてBONIQに投入するだけなのに、酒粕効果でいつも以上にしっとり柔らかく仕上がりました。
「BONIQ×酒粕」最強です!
(予め酒粕をレンジでチンすることでアルコール分はほぼ飛びますが、小さいお子様やアルコールが極端に弱い方は味見してからの方が良いかもしれません。)

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

味噌粕漬けに使用した酒粕には、板粕や練り粕など様々な種類があります。選ぶポイントは、何も添加されていない原材料が「酒粕」のみのもの、また加熱処理がされていない生の酒粕を使用すると良いです。

酒粕は、日本酒を醸造する過程で最後に固形物とお酒を分けた際に残った固形物です。つまり、日本酒は米と米こうじで醸造されることから、もともと酒粕は米から出来ていると言えます。
しかし不思議なことに、酒粕には米には少ししか含まれていないビタミンB6や葉酸、たんぱく質が豊富に含まれているのです。これが、発酵のパワーなのです。

選ぶポイントとして、非加熱の酒粕をおすすめしたのには理由があります。生の酒粕の中には、お米を分解し日本酒にする過程で活躍していた酵素がまだ残っており、その酵素が豚肉の旨味をアップさせたり肉を柔らかくしたりする働きを持つからです。酒粕は栄養素もたっぷりで、肉を柔らかく美味しくする力をもつスーパー食材です。使い切れなかった場合は冷凍保存も可能ですよ。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿





【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【牛肉の加熱温度時間】【豚肉の加熱温度時間】【鶏肉の加熱温度時間】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
NAO

NAO

1女・1男の母 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。リクエスト頂ければ、それに沿ったレシピ提案もさせて頂きます。

【低温調理ならではの野菜レシピ】TOP3

63℃ しっとり極上 ヒレかつサンド

関連記事

  1. 65℃ ヤリイカのバター焼き

    いつもと全く異なる、いかの食感に驚き!甘味と旨味、栄養もたっぷりでダイエ…

  2. 61℃ お弁当に♪しっとりタンドリーチキン

    翌日のお弁当でも、パサつくむね肉とは思えないほど、しっとりとしたタンドリ…

  3. 60℃ タレ絡む 牛肉の韓国風ナムルサラダ

    時間が経ってもパサつきなし。しっとり牛肉と濃厚タレがベストマッチ!B…

  4. 80℃ ホットワイン(白)

    ほっと一息、癒しの味わい♪アレンジ次第でリッチな味わいに♪BONIQ…

  5. 56℃ 柔らかくてサクサク!牛ヒレかつ

    サクッと衣が包み込む、柔らかい牛ヒレの旨み。この味わい、BONIQなしで…

  6. 80℃ とうもろこしの格上げ 焼き方比較実験

    仕上げは網焼きかグリルがオススメ。芯まで熱々、しょうゆの焦げた香りが…

  7. 60℃ ローストビーフの玉ねぎ赤ワインソース

    火加減の心配なし!ほったらかしで、ローストビーフが最高の状態に!BO…

  8. 58℃ 鴨胸肉のロースト イチジクソース

    レストランの鴨ローストが家庭で味わえる。簡単で、おしゃれに、しかも極上お…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP