63℃ チキンのトマトクリーム煮

しっとりやわらかチキンときのこがおいしい、濃厚煮込み。
これからの時期にぴったり、体温まる。

BONIQ設定

63℃
1:00(1時間)

材料


☆2人分☆
・鶏もも肉  1枚(350g)
・にんにく  1片
・塩  約3g(鶏肉の重量の0.9%)
・粗挽きこしょう  少々
・オリーブオイル  小さじ1
・玉ねぎ  1/4
・エリンギ  45g
・しめじ  80g
・オレガノ  小さじ1

<調味料>
・ケチャップ  小さじ2
・カットトマト  200g
・三温糖  小さじ1と1/2
・無添加野菜だし(コンソメ)  小さじ2             
・生クリーム(乳脂肪分35%)  70cc
・醤油  小さじ1と1/2

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質20g以下)
カロリー 602.8 kcal
糖質 14.9 g
タンパク質 32.9 g  体重 x 1.2g ~ 1.5 g
脂質 43.5 g
食物繊維 4.4 g 20 g 以上
カリウム 1100 mg  3500 mg 以上
カルシウム 50 mg 650 mg 以上
マグネシウム 64 mg 350 mg 以上
鉄分 1.6 mg 7.5 mg 以上
亜鉛 3.4 mg  0.5 mg 以上

《手順》

BONIQをセット

63℃ 1:00(1時間)に設定する。

鶏ももの下ごしらえ

鶏ももの筋と余分な脂身を取り除いて2cm角にカットし、塩こしょう・オレガノをふる。
ペーパーで水気をおさえる。

野菜を切る

玉ねぎは薄くスライスする。
にんにくは半割りにし、芯を取ってみじん切りにする。
エリンギは1cm幅でスライスし、しめじは石づきを切り落とす。

材料を炒める

フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくを炒める。
香りが立ってきたら玉ねぎを入れ、完全に炒める。
玉ねぎが完全に炒まったら、鶏ももを入れ全体に軽く焼き色をつける。
(ここでは鶏ももの中心部まで火を入れない。)

調味料を合わせる

ボールに調味料を合わせる。

フリーザーバッグに投入

フリーザーバッグに全ての材料を入れ、空気を抜いて密封する。

フリーザーバッグの真空密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0

BONIQに投入

設定温度に達したBONIQの湯せんにフリーザーバッグを入れて、低温調理をする。

仕上げ

終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、皿に盛り付けてできあがり。


《作る際のポイント》
鶏ももときのこが美味しくなる温度帯であること、また、同時調理が可能であることを考慮して63℃に設定しています。
玉ねぎはバッグに入れる前に完全に炒めてください。63℃では玉ねぎには火が通らないので、完全に炒めないと仕上がりが半生になってしまいます。

《作った感想》
チキン料理の定番でもあるトマトクリーム煮。
鍋で作ると煮詰めていく工程で生クリームが分離したり、鶏肉から水分や旨味が流出してパサパサしがちですが、BONIQの低温調理ならそんな心配も必要ありません。
鶏肉だけ低温調理をし、ソースだけ少量で作って後からチキンにかければ「チキンステーキのトマトソースがけ」にアレンジもできます。

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

鶏肉にはタンパク質や脂質が、トマトには免疫を正常に保つベータカロテンをはじめ、ビタミンCやE、カリウムなどが豊富に含まれています。
肉類にはビタミンB群は十分に含まれているのですが、ほかのビタミン類にはあまり期待できません。鶏肉とトマトは足りない栄養素を補いあえる良いコンビネーションと言えます。

また、鶏肉とトマトと乳製品は旨味を感じられる成分である「アミノ酸」の構成が違い、この3種類を組み合わせることでより旨味を強く感じられる「相乗効果」が期待できます。
和食ではコクやパンチを出すために砂糖やみりんを使うことが多いのですが、今回のチキンのトマトクリーム煮のように旨味を上手に利用することで味付けの物足りなさをカバーすることが可能です。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿





【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【加熱温度基準表】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
NAO

NAO

1女・1男の母 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。リクエスト頂ければ、それに沿ったレシピ提案もさせて頂きます。

【豚ロースの西京漬け】レシピ動画

感動食感【低温調理レバーレシピ】TOP5

関連記事

  1. 92℃ 冬瓜のふわふわカニあんかけ

    低カロリーでヘルシー、糖質制限にも◎とろふわあんかけとの相性も◎!…

  2. 82℃ りんごのコンポート 赤ワイン風味

    ふわっとスパイスを効かせた、大人のデザート。赤ワイン染み込む、シャキッと…

  3. 63℃ 塩麹豚の大葉ジェノベーゼソース

    固くなりがちな豚もも肉も、BONIQにお任せ!旨みが染み込んだ、見た目も…

  4. 50℃ ブライニングは有効?比較実験 サーモン編…

    BONIQマニアにおくる、低温料理の疑問あれこれの検証。日々低温調理…

  5. 95℃ 煮鮑(あわび)濃厚肝ソース

    説明不要なくらい、記憶に残る感動の美味しさ。口に入れれば、旨みの海が…

  6. 63℃ 柔らかレアの新食感 砂肝のコンフィ

    お酒のおつまみに最適♪バゲットに合わせても◎コリッとしながらもレアっぽい…

  7. 75℃ ふっくら柔らか 鱈の子の煮付け

    しっかり味が染み込んでご飯がすすむ!生たらこに近いプチプチ食感にやみ…

  8. 80℃ 1番美味しいのは?さつまいも 比較実験

    さつまいもが一番美味しくなる方法はどれか?5つの方法で作ってみました!…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP