発酵食品

43℃ 腸内環境を整える◎簡単 自家製ヨーグルト

0
(0)


手作りならではのまろやかな優しい味!
ジャムやフルーツなどをトッピングして、お好みのアレンジも!

BONIQ設定

43℃(R-1菌に適した培養温度)
8:00(8時間)

材料


・未開封の牛乳  1L
・R1系の液体ヨーグルト  55cc
・グラニュー糖  30g

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質20g以下)
カロリー  82 kcal -
糖質 8.4 g -
タンパク質  3.6 g  体重 x 1.2g ~ 1.5g
脂質  3.8 g -
食物繊維  0 g 20 g 以上
カリウム  160 mg  3500 mg 以上
カルシウム 120 mg 650 mg 以上
マグネシウム  11 mg 350 mg 以上
鉄分  0.0 mg 7.5 mg 以上
亜鉛  0.4 mg  10 mg 以上

《手順》

液体ヨーグルトとグラニュー糖を混ぜる

液体ヨーグルトドリンクとグラニュー糖をボウルに入れホイッパーでよく混ぜる。(グラニュー糖をボウルの底に擦り付けるようにする。)

牛乳と混ぜる

牛乳を開けて①を入れ、紙パックの口をラップと輪ゴムでしっかり閉じる。数回ゆっくり回して撹拌する。

BONIQをセット〜投入

43℃ 8:00(8時間)に設定する。
BONIQが設定温度に達したら紙パックごと湯せんに入れ、低温調理をする。
(43℃:R-1菌の培養に適した温度)

冷蔵庫で寝かせる

BONIQの設定終了のタイマーが鳴ったらパッケージの水気を拭き取り、冷蔵庫で1日寝かせる。

仕上げ

翌日、冷蔵庫から取り出したヨーグルトを皿に盛り付けて出来上がり。

《作る際のポイント》
半量で作る場合は衛生上、瓶などを熱湯消毒してから調理してください。
低脂肪牛乳だと固まりにくいです。濃い牛乳だとより濃厚なヨーグルトになります。

《作った感想》
こんなに簡単に、そして専用の道具を使わなくても、ヨーグルトができることに感激しました!
家族が多いと市販のヨーグルトでは1回で食べ終わってしまいますよね。市販品1個買うのと同じ値段で1リットルも作れてしまいます。
そして手作りならではの余計なものが入っていないまろやかな優しい味です。プレーンで食べてもジャムやフルーツをトッピングしても◎!お好みのアレンジで味を変えてお楽しみください。

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

今回のレシピでは出来上がった分を10人分として、1人分あたりの栄養素を計算しています。

ヨーグルトになることで、牛乳として摂取するよりも栄養面で嬉しいことがあります。乳酸菌が善玉菌を活性化して腸内環境を整える働きを期待できること、そして乳酸菌の発酵の過程で消化吸収が良くなる成分があることです。

乳酸菌の発酵によって消化吸収が良くなるとされているのは、主に乳糖とカルシウムです。
牛乳には乳糖が含まれますが、それを分解できずお腹がゴロゴロしてしまう方がいます。ヨーグルトの乳酸菌は乳糖を分解してくれるため、そのような体質の方でも吸収されやすく、安心して召し上がれます。

カルシウムは一般的に体内に吸収されにくい成分です。
牛乳は食品の中でも吸収されやすいですが、乳酸菌の発酵の過程で乳酸を出し、それとカルシウムが結びつくことで乳酸カルシウムに変化します。この乳酸カルシウムは、通常のカルシウムよりも吸収が良いとされています。

メーカーによって乳酸菌の種類が異なるので、色々と試してご自身に合った乳酸菌を見つけてみてください。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

レシピ動画もご覧ください

【まろやか やさしい自家製ヨーグルト】BONIQ設定 - 43℃ 8:00(8時間)

ASMR(NO MUSIC)

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿






【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

nao

1女・1男の母 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。リクエストいただければ、それに沿ったレシピ提案もさせていただきます。

最新記事 by nao (全て見る)

このレシピを評価しませんか?

星をクリックして下さい!(評価は1回限りです)

現在の平均:0 (評価数:0 件)

評価がまだ1件もありません。

コメント

  1. えつこ
    • えつこ
    • 2021.01.20

    免疫力をつける為にも作りたいメニューです!
    グラニュー糖は乳酸菌の発酵に必要ですか?

    • boniq
      • boniq
      • 2021.01.21

      お問い合わせありがとうございます!
      グラニュー糖は入れた方が発酵の手助け(乳酸菌が活発になる)になるため入れた方が良いと思われますが、なしでもできないことはないかと思います。
      種菌にも砂糖類が入っているためですが、固まりにくくなる可能性はあるかもしれません。
      いずれも実際に試した結果ではございませんのでご参考までになりますが、砂糖が気になる場合は代わりにオリゴ糖で代用してもよろしいかと思います^^

BONIQ設定

  • 43℃(R-1菌に適した培養温度)
  • 8:00(8時間)

材料一覧

  • ・未開封の牛乳  1L
  • ・R1系の液体ヨーグルト  55cc
  • ・グラニュー糖  30g

新着レシピ

  1. 95℃ 同時調理!鶏ももココナッツミルク煮弁当

  2. 65℃ ハロウィン★鶏ももコンフィとかぼちゃ

  3. 60℃ しっとり香ばしい!低温調理 焼き鳥

  4. 93℃ ハロウィン★しっとりスイートかぼちゃ

  5. 95℃ 簡単本格派 レモンクリームチキンカレー