鶏肉レシピ

61℃ 2種の最強サラダチキンスティック

5
(1)


市販を超える!最強サラダチキン」の進化版!
食べやすくて持ち運びも簡単!
ダイエットや筋トレ飯としてはもちろん、お子さまのおやつにも◎

BONIQ設定

61℃
1:40(1時間40分)

材料


☆チキンスティック8本分☆
・鶏むね肉  2枚(皮と余分な脂を剥いで1枚 約280g )
・塩  適量

<タンドリー>
・カレー粉  小さじ1と1/2
・顆粒コンソメ  小さじ1
・塩麹  15g

<エスニック>
・ナンプラー  小さじ3
・レモン汁  小さじ2
・三温糖  小さじ2
・パクチー  3〜4本

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食(1本あたり):糖質5g以下)
カロリー タンドリー 85 kcal、エスニック 91 kcal -
糖質 タンドリー 1.4 g、エスニック 3.4 g -
タンパク質 タンドリー 15.8 g、エスニック 16.1 g  体重 x 1.2g ~ 1.5 g
脂質 タンドリー 1.2 g、エスニック 1.1 g -
食物繊維 タンドリー 0.3 g、エスニック 0 g 20 g 以上
カリウム タンドリー 262 mg、エスニック 290 mg  3500 mg 以上
カルシウム タンドリー 8 mg、エスニック 7 mg 650 mg 以上
マグネシウム タンドリー 21 mg、エスニック 24 mg 350 mg 以上
鉄分 タンドリー 0.4 mg、エスニック 0.3 mg 7.5 mg 以上
亜鉛 タンドリー 0.5 mg、エスニック 0.5 mg  0.5 mg 以上

《手順》

鶏むねの下ごしらえ

鶏むねの皮を剥ぎ、余分な脂身や筋を取り除く。
パクチーはみじん切りにする。

鶏むねをペースト状にする

鶏むね(2枚)をそれぞれ一口大にカットし、1枚分ずつフードプロセッサーに入れる。
滑らかになるまで回し、ペースト状にする。

鶏むねに下味をつける

袋(2枚)にそれぞれ、ペースト状にした鶏むね、調味料を入れる。
上からよく揉み込み、馴染ませる。

BONIQをセット

食材全体がきちんと湯せんに浸かるよう、十分な水量を用意する。
61℃ 1:40(1時間40分)に設定する。

キャンディ巻きにする

味付けをした鶏むねをそれぞれ約70gずつ4等分し、大きく広げたラップに乗せる。
棒状に形を整えながら手前からラップをきつく巻いていき、直径2.5cmのキャンディー巻きにする。
両端をしっかりねじって結ぶ。

フリーザーバッグに投入

フリーザーバッグ(2枚)に鶏むねを4本ずつ入れる。
この時、サラダチキンスティック同士が重ならないようにする。

BONIQに投入

BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れながら、バッグ内に気泡が残らないようにしっかり空気を抜いて密封し、低温調理をする。
この時、バッグを完全に沈めて食材全体が湯せんに浸かるようにする。
(気泡が残っていたり食材全体が完全に浸かっていないと、熱が適切に伝わらず、加熱ムラが生じる。)

フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0

仕上げ

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出す。
バッグごと氷水に浸け、完全に冷却して出来上がり。




《作る際のポイント》
キャンディー状に包む際は、なるべく空気が入らないように手前からキツく巻いてください。
また、全て同じ太さ(直径2.5cm)にそろえて作ることが重要です。これより太くなる場合は、食中毒のリスクを避けるため設定時間を長くすることが必要になります。(直径3cmなら1時間50分、直径3.5cmなら2時間20分など)

《作った感想》
筋トレ女子にはたまらないサラダチキンですが、「サラダチキンスティック」と言うスティック状の物を市販で見つけて試食したところ、外出先でも食べやすく、量も食べきりサイズでとても便利でした。
自宅でもBONIQを使って簡単に美味しくできないか?と試行錯誤を繰り返して辿り着いたレシピです。
鶏ひき肉を使う手も考えましたがひき肉だとつくねになってしまうので、フードプロセッサーを使って滑らかなペースト状にすることをおすすめします。
コロンとした見た目から、自家製無添加ソーセージのホットドックにしても良いですね。
サラダチキンより肉々しい感じはなく、 食べやすいサイズなので、筋トレの合間や子どものおやつ、また、1〜2歳児の手掴み食べにもおすすめです!

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

携帯できるスティック状のタンパク源、と言えば魚肉ソーセージもありますが、魚肉ソーセージには糖質が多く含まれています。
100g当たりのカロリーは大体同じくらいなのですが、魚肉ソーセージには100gあたり10g前後の糖質が含まれています。

種原材料が魚なのになぜこんなに糖質が多いの?と驚く人も多いはず。これは、魚肉ソーセージの味を強く出すために糖類が使われていること、また「つなぎ」の役割をするでんぷんが使用されていることが理由に挙げられます。

高タンパク低糖質以外に手作りのチキンスティックを作る魅力としては、添加物を使わないで済むということです。
魚肉ソーセージにも発色剤や安定剤などの添加物が含まれています。
ただし添加物を使用していない分、足がはやいので持ち運びの際は保冷剤と一緒に保存しておくと安心ですね。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

レシピ動画もご覧ください

【2種の最強サラダチキンスティック】BONIQ設定 - 61℃ 1:40(1時間40分)

ASMR(NO MUSIC)

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿






【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

nao

1女・1男の母 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。リクエストいただければ、それに沿ったレシピ提案もさせていただきます。

最新記事 by nao (全て見る)

このレシピを評価しませんか?

星をクリックして下さい!(評価は1回限りです)

現在の平均:5 (評価数:1 件)

評価がまだ1件もありません。

コメント

    • SF
    • 2019.07.21

    いつも楽しく拝見させてもらってますし、活用できそうなレシピはすぐに試してます。
    下ごしらえしたら、ポンと入れるだけで、台所にずっと立っていなくていいし、生煮えの危険性もないから、育児しながらにはちょうどいいと気づきました。
    サラダスティック、早速試したのですが、ラップで巻いた時に肉の間に空気が入るのか、ジップロックに入れた時にスティック間の

    • SF
    • 2019.07.21

    途中て投稿になっちゃいました。

    スティック間の空気のせいか、なかなか沈まず上から重しをつけてなんとか出来ました。
    味もアイデアも良くて、中華風味付けなどして楽しんでます。市販のソーセージのような出来上がりに。これからもリピートします。

    • boniq
      • boniq
      • 2019.07.22

      コメントありがとうございます!むね肉をそのままBONIQ後かぶりつく従来のパターンの進化版のオリジナルレシピ、気に入っていただけてとっても嬉しいです!^^
      ひき肉の場合は仰る通り野菜などのように浮いてきてしまいますいので、トングや瓶などで押さえるなどしてあげてくださいませ!
      オリジナル味付け素敵です!*^^*

    • あらら
    • 2019.08.22

    いつも参考にさせてもらっています。
    こちらのレシピは、簡単にできて材料も少なく、アレンジもしやすいのでいいですね!粗みじん切りにしたウインナー、鷹の爪、チーズを混ぜたものがいまのお気に入りです(^^)他の方と同様、自分もうまく沈められないので重石で沈めています。空気を抜こうとすると潰れてしまいそうで難しいです。

    • boniq
      • boniq
      • 2019.08.22

      コメントありがとうございます!アレンジ、どれも美味しそうで素敵です!^^
      少し大変ですがラップできつきつに巻いてあげると少し安心して空気を抜きやすいかもしれません。
      今後ともぜひ色んなレシピご参考いただけたら嬉しいです!オリジナルアレンジについてもぜひ教えてください^^

BONIQ設定

  • 61℃
  • 1:40(1時間40分)

材料一覧

  • ☆チキンスティック8本分☆
  • ・鶏むね肉  2枚(皮と余分な脂を剥いで1枚 約280g )
  • ・塩  適量
  • <タンドリー>
  • ・カレー粉  小さじ1と1/2
  • ・顆粒コンソメ  小さじ1
  • ・塩麹  15g
  • <エスニック>
  • ・ナンプラー  小さじ3
  • ・レモン汁  小さじ2
  • ・三温糖  小さじ2
  • ・パクチー  3〜4本

新着レシピ

  1. 63℃ 疲労回復ビタミン◎厚切りポークチャップ

  2. 嬉しい健康効果も【カレー風味のレシピ】TOP4

  3. 63℃ 某有名店を再現!低温調理フライドチキン

  4. 88℃ 低温調理で作る基本のパンプディング

  5. 95℃ 冷製温製どちらも◯濃厚ビーツのスープ