野菜レシピ

65℃ 免疫機能UP◎エリンギ オイスターソース煮

4.3
(4)


BONIQ設定
材料一食あたりの栄養素
手順
作る際のポイント
作った感想
BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

プリプリした食感と凝縮された旨みが存分に味わえる。
低温調理でエリンギの新しい美味しさを発見!

BONIQ設定

65℃
0:30(30分)

材料


☆3人分☆
<BONIQする材料1>
・エリンギ  4本(150g)

《調味料》
・三温糖  大さじ1/2
・ごま油  大さじ1/2
・オイスターソース  大さじ1
・しょうゆ  大さじ1

<BONIQする材料2>
・小松菜  100g(2〜3株)
・塩  1つまみ

<仕上げ> ※お好みで
・糸とうがらし  適量

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質20g以下)
カロリー 75.6 kcal -
糖質 7.4 g -
タンパク質 3.5 g 体重 x 1.2g ~ 1.5 g
脂質 3.6 g -
食物繊維 2.4 g 20 g 以上
カリウム 414 mg 3500 mg 以上
カルシウム 59.3 mg 650 mg 以上
マグネシウム 22.3 mg 350 mg 以上
鉄分 1.3 mg 7.5 mg 以上
亜鉛 0.6 mg 10 mg 以上

《手順》

低温調理器 BONIQをセットする

鍋やコンテナに水を入れ、本体を挿す。
65℃ 0:30(30分)に設定する。

※肉、魚(生食用を除く)は種類と厚みに応じて加熱設定を変更する。参照:「低温調理 加熱時間基準表
※食材全体がきちんと湯せんに浸かるよう、十分な水量を用意する。
※高温・長時間調理時は蒸発による水位減少を防ぐため、最大水量を用意する。

BONIQ 低温調理コンテナ&コンテナアクセサリー(ラック、トレー、フタ、ジャケット)はこちら
BONIQ 深型ホーロー鍋はこちら

材料の下処理をする

エリンギは縦に厚み1cmの一口大にカットする。
小松菜は根元を切り落とし、よく洗う。

耐熱袋に投入する(エリンギ・小松菜)

耐熱袋を2枚用意する。
一方にエリンギと《調味料》(砂糖、ごま油、オイスターソース、しょうゆ)を入れる。
もう一方に小松菜と塩を入れる。

BONIQ 低温調理用耐熱袋「BONI BAG」はこちら


BONIQに投入する

設定温度に達したら袋を湯せんに入れ、低温調理をする。

※袋内に気泡が残らないよう湯せんに入れながらしっかり空気を抜き、密封する。(参考:動画「低温調理用バッグの密封方法」記事「ベストなバッグ密封の仕方 比較実験」
※食材全体が湯せんに浸かるようにする。浮いてくる場合は耐熱性の瓶や重しを乗せて完全に沈める。
※高温・長時間調理時は湯せんにカバーをする。(鍋:ラップ、コンテナ:フタ)

仕上げ

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったら袋を取り出す。
小松菜は水気をしっかり絞り、お好みで食べやすい大きさにカットする。
エリンギは煮汁ごと皿に盛り付け、小松菜を添え、お好みで糸とうがらしを飾って出来上がり。


《作る際のポイント》
きのこにはグアニル酸という旨味成分が含まれています。グアニル酸の量が増える温度帯60℃〜70℃で調理することがポイントです。
エリンギを水で洗うと、水をスポンジのように吸収し、風味や栄養成分が流れ出てしまうので水っぽくなってしまいます。決して水洗いしないでください。低温調理後の煮汁にもエリンギの美味しい旨味がたっぷり含まれていますので、一緒にお召し上がりください。

材料の小松菜は、チンゲン菜や豆苗などにしても良いでしょう。

手順3でエリンギと小松菜を別々の耐熱袋に入れて低温調理するのは、小松菜から水分が出るためです。手順5で低温調理後の小松菜の水気をしっかり絞ってください。

65℃の設定温度は豚肉、鶏肉料理やハンバーグなどと同時調理が可能です。ぜひBONIQをご活用ください。

《作った感想》
エリンギは栄養豊富で食物繊維もたっぷり。積極的に摂取したい食材です。香りと風味がおだやかなので、オイスターソースの濃厚な旨味と相性抜群です。
低温調理することでよりコリコリ、プリプリとした食感と凝縮された旨みが存分に味わえ、エリンギの新しい食べ方を発見できました。

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

エリンギにも小松菜にも、葉酸が多く含まれています。
葉酸は赤血球の細胞形成を助けたり、免疫機能を高める働きを持つビタミンです。また、妊娠初期には胎児の正常な発育を助ける重要な働きをすることから、女性には妊娠前から積極的な葉酸摂取が薦められています。

ただし、葉酸は加熱に弱いという特徴と、水に溶けやすいという弱点を持つビタミンです。食品によっては、沸騰したお湯で茹でた後には生の場合の1/4以下しか葉酸が残らないというものもあります。

その点、低温調理では過度な加熱を行わないので葉酸が壊れにくく、直接水の中で茹でることがないので茹で汁への葉酸の流出も防ぐことができます。

栄養素を失わずに摂取することができるのも、低温調理の優れた点ですね。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿








【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照くださいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

The following two tabs change content below.
nao
1女・1男の母 調理師兼フードコーディネーター。 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。美味しく、シンプルに簡単なレシピが得意です。 リクエストいただければ、それに沿ったレシピ提案もさせていただきます。
nao

最新記事 by nao (全て見る)

このレシピを評価しませんか?

星をクリックして下さい!(評価は1回限りです)

現在の平均:4.3 (評価数:4 件)

評価がまだ1件もありません。

コメント

  1. パパス
    • パパス
    • 2020.12.29

    小松菜なしでエリンギのみで調理して食べました。
    旨味だか調味料だか細かいことはわかりませんがとにかく美味しかったです。
    そんなに期待していなかった分、ギャップにビックリでした。

    • BONIQ
      • boniq
      • 2020.12.29

      コメントありがとうございます!お聞きできて大変嬉しいです^^
      低温調理は「この食材もこんなにおいしくなるの?!」と驚かせてくれます。レシピサイトには食材ジャンル問わず多種多様なレシピをご用意しておりますので、ぜひほかのお野菜はもちろん、魚介類や発酵食品、ドリンクやスイーツなど色々試してまた新しいおいしさを発見してみてくださいませ!

  2. ゆってぃ
    • ゆってぃ
    • 2021.01.16

    ごはんと一緒にいただくとちょうど良い感じです。

BONIQ設定

  • 65℃
  • 0:30(30分)

材料一覧

  • ☆3人分☆
  • <BONIQする材料1>
  • ・エリンギ  4本(150g)
  • 《調味料》
  • ・三温糖  大さじ1/2
  • ・ごま油  大さじ1/2
  • ・オイスターソース  大さじ1
  • ・しょうゆ  大さじ1
  • <BONIQする材料2>
  • ・小松菜  100g(2〜3株)
  • ・塩  1つまみ
  • <仕上げ> ※お好みで
  • ・糸とうがらし  適量

新着レシピ

  1. 61℃〜 生ホタルイカ低温調理 温度比較実験

  2. 61℃ しょうゆ麹鶏むねのオープンサンド弁当

  3. 43℃ 鯵のマリネ:低温調理で「飲めるアジ」!

  4. 63℃ 甘酢あんのやわらか肉団子弁当:ご飯進む

  5. 63℃ 豚ロースの西京漬け弁当:柔らかしっとり