人気ランキング

【低温調理ならではの鶏手羽先レシピ】TOP3

0
(0)


鶏むね肉や鶏もも肉の低温調理はトライ率も高く、高頻度で作られている方も多いと思いますが、初めての食材でぜひ新しいおいしさにも出会ってほしい・・!
そこで今回は、みなさん慣れているであろう同じ〝鶏肉〟で、330以上の低温調理レシピを公開している「BONIQ」の公式レシピサイトにおける、人気「低温調理で作る鶏手羽先と鶏手羽中のレシピ」TOP3を発表!
比較的手に入れやすい鶏手羽先・鶏手羽中ですが、どう調理したら良いの?!調理が大変なのでは?!と思われるかもしれません。
BONIQでは鶏手羽先・鶏手羽中も、低温調理で安定のやわらかジューシーさと、ほっこり落ち着くような和の味わいに仕上げる簡単レシピをご用意しています。
失敗知らずの簡単低温調理で、ぜひ明日のおうちごはんにいかがでしょうか。

【低温調理ならではの鶏手羽先・鶏手羽中レシピ】No.3!


栄養たっぷり、贅沢なやわらかさ。
しっとりやわらかでコクのある味に、やみつき!

BONIQレシピ開発者の作った感想
毎日の生活で夕飯作りにかけられる時間は限られていますよね。家事、子育て、仕事に追われる方にとっては尚更のことだと思います。
前日からの下処理や下味の漬け込み時間を除き、BONIQに30分入れてほったらかしにするだけ。
栄養たっぷり、とてもジューシーなスペアリブに仕上がりました。もっとやわらかくしたい場合は、設定時間を延ばしてもOK。
コクのある鶏スペアリブ、ぜひ試してみてくださいね。


詳しいレシピはこちらから↓

【低温調理ならではの鶏手羽先・鶏手羽中レシピ】No.2!


やわらかジューシーで食べごたえ満点。
味染み染み、お酒もご飯も進む!

BONIQレシピ開発者の作った感想
鶏の手羽先部分は、他の部位に比べてコラーゲンが多く含まれます。
コラーゲンは75℃付近からゆっくりゼラチン質へと変わっていくようですが、肉が骨から簡単に外れるほどやわらかく、ジューシーに仕上がりました。
表面をバーナーで炙ることで、皮の焼ける香ばしい香りに、より食欲をそそられます。

https://youtu.be/evo01S44oyI
詳しいレシピはこちらから↓

【低温調理ならではの鶏手羽先・鶏手羽中レシピ】No.1!


定番の煮物もBONIQの低温調理ならこの通り。
しっかり中まで味が染み込んで、ほっこり癒される。

BONIQレシピ開発者の作った感想
手羽先の旨味や脂を淡白な大根が吸うことで、美味しい煮込みができました。仕上がってすぐに味が染み込んでいるのも低温調理ならでは。翌日にはさらに味が染み込みます。

お酢を1日大さじ1杯摂取すると内蔵脂肪が減り、疲労回復効果があると言われています。
ぜひ日々の食卓に取り入れたいですね。

https://youtu.be/zximvql9wcQ
詳しいレシピはこちらから↓

《まとめ》
写真や動画からもしっかり伝わる、鶏手羽のやわらかジューシー感。味の染み込み具合も感じられます。
落ち着いた味わいで、一品あるとほっこり。ごはんの主菜としてはもちろん、おつまみとしても使えます。
毎日のおうちごはん、どうしてもマンネリ化しがちですよね。
少しの勇気を出していつもと違った食材を思い切って買ってみて、レシピを見ながらトライしてみたら、きっと新しいおいしさに出会えるはず。
作る工程も、いつも違うから新鮮で、きっと楽しめるはず。
そのうちに色々アレンジができるようになるのも、また楽しみの1つですね。
せっかくの低温調理、存分に楽しんで色んな食材を積極的に味わいましょう!
※お肉の厚みに応じて加熱基準が異なります。くわしくは「低温調理 加熱時間基準表」をご参照ください。

※本ランキングは当社の公式レシピサイト(http://boniq.jp/recipe/)における、「鶏手羽先・鶏手羽中を使ったレシピ」の総アクセス数に基づいてランク付けしています。

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿








【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照くださいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

The following two tabs change content below.
BONIQ
BONIQは、ユーザー様それぞれの本質的な目的をサポートする為のパートナーとなるべく低温調理器やそれをより楽しむためのアクセサリー、レシピ、実験記事などを開発しております。 低温調理の可能性を飛躍させ、【日本に低温調理文化を…】を創業以来掲げるテーマとして、一家に1台低温調理器の普及を目指し、そんな方々を見つめその目的達成の一役を担う事を最大の喜びとして、人生を捧げております。 どんな世界でも希望と覚悟を持って生きたいと願う全ての方々と共に・・・ 〜 Let's change your life 〜

このレシピを評価しませんか?

星をクリックして下さい!(評価は1回限りです)

現在の平均:0 (評価数:0 件)

評価がまだ1件もありません。

コメント

この記事へのコメントはありません。

新着レシピ

  1. 95℃ 米粉のチーズ蒸しパン:グルテンフリー

  2. 70℃〜 豚スペアリブの低温調理 温度比較実験

  3. 60℃ えびと帆立のマリネとペンネ弁当

  4. 60℃ ココア麹ペースト&活用法:砂糖不使用!

  5. 95℃ 米粉の中華風 蒸しパン:マーラーカオ