鶏肉レシピ

65℃ タンパク質◎ガイヤーン 〜タイ風焼き鳥~

5
(2)


BONIQ設定
材料
一食あたりの栄養素
手順
作る際のポイント
作った感想
BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

ユーザーさんからのリクエストレシピ!
おうちで気軽に楽しめる本格タイ料理。
低温調理でやわらかジューシー!肉汁あふれる鶏もも肉と、
ナンプラー、パクチーの相性は抜群!

BONIQ設定

65℃
0:40(40分)

材料


☆2人分☆
<BONIQする材料>
・鶏もも肉  1枚(320g。厚み1.5cm)
・パクチー  2~3本
・オイスターソース  小さじ2
・ナンプラー  大さじ2
・はちみつ  小さじ2
・おろしにんにく  小さじ1/2
・おろししょうが  小さじ1/2

<仕上げ>
・パクチー  2~3本
・きゅうり  適量
・トマト  適量
・スイートチリソース  適量

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質20g 以下)
カロリー 383.6 kcal -
糖質 10.8 g -
タンパク質 29 g 体重 x 1.2g ~ 1.5 g
脂質 22.9 g -
食物繊維 0.7 g 20 g 以上
カリウム 674 mg 3500 mg 以上
カルシウム 34 mg 650 mg 以上
マグネシウム 60 mg 350 mg 以上
鉄分 1.6 mg 7.5 mg 以上
亜鉛 2.9 mg 0.5 mg 以上

《手順》

BONIQをセット

食材全体がきちんと湯せんに浸かるよう、十分な水量を用意する。
65℃ 0:40(40分)に設定する。

鶏ももの下処理

鶏ももの筋と余分な脂を切り落とす。

調味料を合わせる

ボウルにすべての調味料を入れ、混ぜる。

パクチーをカットする

パクチーは2〜3本を飾り用に取っておき、残りはザク切りにする。

フリーザーバッグに投入

③の調味料、鶏もも、ザク切りにしたパクチーをフリーザーバッグに入れ、よく揉む。

BONIQに投入

BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れながら、バッグ内に気泡が残らないようにしっかり空気を抜いて密封し、低温調理をする。
この時、バッグを完全に沈めて食材全体が湯せんに浸かるようにする。
(気泡が残っていたり食材全体が完全に浸かっていないと、熱が適切に伝わらず、加熱ムラが生じる。)

フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0

仕上げ

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、バーナーで鶏ももの皮面を軽く炙る。
鶏ももを食べやすい大きさにカットし、スライスしたきゅうり、トマトとともに皿に盛り付ける。
パクチーを飾り、スイートチリソースを添えて出来上がり。





《作る際のポイント》
パクチーの量はお好みで調整してください。

工程⑦、バーナーで炙る際、炙り過ぎてしまうと皮が焦げついて苦くなってしまいます。サッと軽く炙るようにしましょう。
参照:「65℃ 鶏ももステーキ 皮の焼き方比較実験

バーナーがない場合は、強火に熱したフライパンでサッと皮面に焼き色をつけます。

《作った感想》
ユーザーさんからいただいたリクエストレシピです。
ガイヤーンはタイの郷土料理で、ナンプラー、しょうが、にんにくなどで下味をつけて炭火でじっくり焼く焼き鳥です。
現地の屋台ではしっかり焼き色がついた状態で提供され、私がいただいたガイヤーンは、味は美味しかったのですが少し焼き過ぎで硬かった記憶があります。
BONIQの低温調理ならしっかり中まで火入れをしながらもやわらかジューシー、硬さは一切感じません。BONIQ後はバーナーでサッと炙るだけ。
やわらかジューシー、肉汁あふれる低温調理鶏ももとパクチー、ナンプラーの相性は抜群。甘くて辛い味にやみつき!アジア・エスニック料理好きにはたまりません。
おうちに居ながら本格タイ料理、ぜひご堪能ください。

BONIQ栄養士による栄養アドバイス

鶏もも肉は100gあたりタンパク質が16.6g、脂質が14.2gと脂質がほどよくあり、クセもなく、肉質の柔らかいジューシーで食べやすい部位です。
鶏肉の脂肪は、血中コレステロールを抑える不飽和脂肪酸が多いため血栓の予防になります。

タンパク質を分解すると、数十種類の「アミノ酸」という小さな単位になります。
アミノ酸はたんぱく質を構成するほか、種類によっては旨味のもとになったり、体に有用な働きを持っています。
その中でも「必須アミノ酸」と呼ぶ人が食品から摂取しなければならないアミノ酸は9種類あり、必須アミノ酸の摂取バランスが偏ると他のアミノ酸が効率よく働けなくなってしまいます。
アミノ酸は「たくさん摂れば良い」わけでなく、バランスが大切なのです。鶏肉のタンパク質を構成するアミノ酸スコア(バランスの良さ)は「100」で、バランスが良いたんぱく質です。

ナンプラーは日本でいう「魚醤」で、塩で魚を漬けこみ発酵させた醤油に似た調味料です。原材料の魚にはタウリンが多く、タウリンは疲労回復やアルコーブ分解を助ける働きをしてくれます。
また、タウリンもアミノ酸の一種であることから旨味を持っており、料理に数滴に入れるだけでコクと深みが増します。
独特の匂いがあり、人によって好き嫌いが分かれる調味料ですが、タイ料理には欠かせません。
ナンプラーが余りがちで困っている方はみそ汁や鍋料理を作る際にだしの代わりに使ってみると、いつもよりも深み出ておいしくなりますよ。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿






【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
1女・1男の母 調理師兼フードコーディネーター。 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。美味しく、シンプルに簡単なレシピが得意です。 リクエストいただければ、それに沿ったレシピ提案もさせていただきます。

最新記事 by nao (全て見る)

このレシピを評価しませんか?

星をクリックして下さい!(評価は1回限りです)

現在の平均:5 (評価数:2 件)

評価がまだ1件もありません。

コメント

この記事へのコメントはありません。

BONIQ設定

  • 65℃
  • 0:40(40分)

材料一覧

  • ☆2人分☆
  • <BONIQする材料>
  • ・鶏もも肉  1枚(320g。厚み1.5cm)
  • ・パクチー  2~3本
  • ・オイスターソース  小さじ2
  • ・ナンプラー  大さじ2
  • ・はちみつ  小さじ2
  • ・おろしにんにく  小さじ1/2
  • ・おろししょうが  小さじ1/2
  • <仕上げ>
  • ・パクチー  2~3本
  • ・きゅうり  適量
  • ・トマト  適量
  • ・スイートチリソース  適量

新着レシピ

  1. 56℃ 極上!牧草牛のバルサミコマリネステーキ

  2. 鶏むね肉の切り方 繊維方向と柔らかさ比較実験

  3. 【時短&簡単!低温調理お弁当レシピ】人気TOP9

  4. 63℃ お肉柔らか!台湾名物ルーロー飯弁当

  5. 50℃ 美容効果も◎サーモンと帆立 ケッカソース