人気ランキング

日常に取り入れたい【低温調理 麹レシピ】TOP3

5
(1)


実はBONIQ 低温調理レシピサイトで人気の「麹(糀)」レシピ。
〝カラダにいいもの〟をライフスタイルに取り入れたいと意識されている方が多い証拠かもしれません。
そこで今回は1,000以上の低温調理レシピ・ブログを公開しているBONIQ 公式低温調理レシピサイトにおける「低温調理で作る麹レシピ」人気TOP3を発表!

BONIQの低温調理なら、麹作りだって〝セットさえしてしまえば、あとはほったらかし〟でOK!BONIQ終了のタイマーが鳴ったら麹も出来上がり。
温度管理が得意でほったらかし調理が可能なBONIQの低温調理で、麹初心者でも簡単に麹作りができます。
化学調味料の変わりに。塩麹を塩の代わりに。甘麹や甘酒を砂糖の代わりに。もちろん、肉や魚の味付けや、ドレッシングとしても◎

低温調理のように、日常に取り入れたら〝いいことづくし〟な麹。麹初挑戦という方も、麹マイスターの方も。人気TOP3のレシピ、要注目です!

聞いたことはあるけど・・・「麹」って何がいいの?

日常に取り入れたい【低温調理 麹レシピ】No.3!


人気の低温調理 麹シリーズ。低温調理で作る、簡単麹レシピ。
作り置きが可能な万能発酵調味料で、いつもの肉・魚料理をワンランクアップ。
食材のやわらかさアップの他にも、栄養価向上、免疫細胞活性化など嬉しい効能が。

BONIQレシピ開発者の作った感想
いつもの調味料を発酵調味料に置き換えると、米麹が生成する酵素の働きで、甘味と塩味に加えて旨味やコクがアップし、料理が上品でふくよかな味わいになりました。
菌の拮抗作用でバリアができ、腐敗菌が入りにくくなり保存性が高まります。
肉や魚の味付けに発酵調味料を使って低温調理することにより、食材の水分を保ちつつ、発酵調味料が内部まで浸透していくことで筋繊維がほぐれ、ふっくらやわらかく仕上がります。
おかずの味付けに万能で、食材の栄養価を高めたり、栄養をスムーズに吸収させ、免疫細胞を活性化させるなどの嬉しい作用も◎
発酵調味料を使った料理を取り入れることで、からだの中から美しくなり、健康の維持増進に繋がります。



日常に取り入れたい【低温調理 麹レシピ】No.2!


玉ねぎと麹、両方の栄養を摂取!
低温調理で簡単に作れる、玉ねぎ麹とその活用レシピ。
低温調理で新玉ねぎの甘さが引き立って、辛味なし!
肉や魚の漬け地から、コンソメ・塩・しょうゆ代わりにも。

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:30 kcal、タンパク質:0.7 g、糖質:6.1 g、脂質:0.2 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
麹や甘酒等の麹加工品の注目が高まってきていることもあり、塩麹を使用したことがある方はたくさんいらっしゃると思います。
今回は塩麹の応用として、水を使用せずに玉ねぎの水分で作る玉ねぎ麹を作りました。
低温調理で加熱することで、新玉ねぎの甘さが引き立ち、辛味は全くありません。
また、塩味の他に新玉ねぎの旨味や麹の甘味もあり、これ一つあればコンソメの代わりになるような万能調味料になると感じました。
化学調味料無添加で安心感もあり、癖のない味わいはどんな料理にも活用できると思います。
ドレッシングに玉ねぎ麹を加えることで味に深みが増します。調味料を変えれば色々な種類のドレッシングが出来上がるのでお好みの組み合わせを見つけるのも楽しいですね。
ドレッシングだけでなく、お肉の下味にも、スープのコンソメ代わりにも、様々な使い方ができるのでお試しください!
玉ねぎ麹の利点は、ジャンルや調理法を選ばす幅広い範囲で活用できること、身体に優しく栄養の側面から言っても良い点が多くあること、簡単に作れてお財布にも優しいこと・・・など、たくさんあります◎



日常に取り入れたい【低温調理 麹レシピ】No.1!


余計なものはなし!コスパも◎!
発酵パワーで体に嬉しい栄養成分がたっぷり。
いろんな料理に使える万能調味料、塩麹と塩麹豆腐。

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:塩麹 = 57.2 kcal
糖質:塩麹 = 11.5 g
タンパク質:塩麹 = 1.2 g
脂質: 塩麹 = 0.3 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
我が家では肉の漬け込みや魚介のソース、塩麹豆腐等、色んな食材に使える万能調味料として、冷蔵庫にかかせない必須アイテムの1つです。
以前は市販の液体と粒状の塩麹を使い分けていましたが、カスピ海ヨーグルト以降、発酵にハマってからは手作りするようにしています。
揃える材料は塩と乾燥米麹だけ。まさに自家製ならではで余計な物も入っておらず、コスパも良くて、最高です!


《まとめ》
麹菌は菌の一種で、みそやしょうゆ、みりんや米酢、甘酒や日本酒などの原料であり、日本人にはとても馴染み深い発酵食品です。
意識していなくても、食卓に幾度となく登場しています。
そんな麹、具体的に何がいいの?という方もいらっしゃると思います。
・腸内環境が整う(免疫力UP、ダイエット)
・豊富な酵素とビタミン群(代謝UP、老廃物を排出)
・カラダの内側からきれいに(肌が変わる)
・不要な添加物なし
・肉や魚をやわらかくする(旨みもUP)
など・・!麹パワーは計り知れません。
不要な添加物や化学調味料を使わないカラダにやさしい手作り麹を日常に取り入れたら、きっと〝なんだか最近いい感じ・・!〟とカラダの内側からの変化を感じられるはず。
「麹」レシピの人気の高さからも、その魅力を実感している方が多いことが伺えます。
材料を準備し、バッグに入れたらあとはBONIQの低温調理におまかせ!完成までほったかし調理ができてとっても簡単に作ることができるので、「麹大好き!」という方はもちろん、「麹気になってた」という初心者の方や初めての方もぜひ、挑戦してみてくださいね。
ランクインした麹レシピはすべて60℃ 7:00(7時間)と同じ温度、同じ時間で作ることができます。
全種類でも良いですし、気になったものをいくつかでも良いでしょう。もしくは、気になった1種類を複数個、でも良いでしょう。
たくさん作ってヘルシーをプレゼントしたいご家族やお友達におすそ分けをしても良いですね!

※本ランキングは当社の公式低温調理レシピサイト(https://boniq.jp/recipe/)における、「2022年9月度における全レシピ」の総アクセス数に基づいてランク付けしています。

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿








【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
BONIQ
BONIQは、ユーザー様それぞれの本質的な目的をサポートする為のパートナーとなるべく低温調理器やそれをより楽しむためのアクセサリー、レシピ、実験記事などを開発しております。 低温調理の可能性を飛躍させ、【日本に低温調理文化を…】を創業以来掲げるテーマとして、一家に1台低温調理器の普及を目指し、そんな方々を見つめその目的達成の一役を担う事を最大の喜びとして、人生を捧げております。 どんな世界でも希望と覚悟を持って生きたいと願う全ての方々と共に・・・ 〜 Let's change your life 〜

このレシピを評価しませんか?

星をクリックして下さい!(評価は1回限りです)

現在の平均:5 (評価数:1 件)

評価がまだ1件もありません。

コメント

この記事へのコメントはありません。

新着レシピ

  1. 60℃ 冷凍鶏むねと万能だれのアスリート飯 2品

  2. 90℃ 改訂版 揚げずにヘルシー!ナスの煮浸し

  3. 63℃ やわらか 豚ヒレ肉のヘルシー黒酢酢豚弁当

  4. 63℃ シャキッ&ふっくら!キャベツ シュウマイ

  5. 【12月のレシピアクセスランキング】人気TOP9