豚肉レシピ

88℃ 圧力鍋を超える スペアリブオレンジ煮込み

0
(0)


BONIQ設定
材料一食あたりの栄養素
手順
作る際のポイント
作った感想
BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス
レシピ動画

※「はちみつ」に関して
1歳未満の乳児には「はちみつ」や「はちみつを含む食品」を与えてはいけません。
乳児ボツリヌス症を発症するボツリヌス菌は熱に強いため、加熱や調理では死にません。

参照:厚生労働省「ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから。」

圧力鍋では再現できないジューシーさは、BONIQならでは!
甘酸っぱい味がやみつきに。ご飯もお酒も進む味わい。

BONIQ設定

88℃
5:00(5時間)〜8:00(8時間)

※詳細は《作る際のポイント》にあり。

材料


☆2人分☆
<BONIQする材料>
・豚スペアリブ(厚さ4cm)  400g
・塩  小さじ1/2
・こしょう  適量
・ピュアオリーブオイル  小さじ1
・にんにく  1片
・しょうが  1片

《煮詰める調味料》
・100%オレンジジュース  150ml
・はちみつ  大さじ2
・しょうゆ  大さじ3

<仕上げ> ※お好みで
・こしょう  適量
・オレンジ(スライス)  適量
・パセリなどのハーブ  適量

<ほか、調理器具など>
・フライパン
・バット
・キッチンペーパー

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質20g以下)
カロリー  316 kcal -
糖質  19.9 g -
タンパク質  20.2 g  体重 x 1.2g ~ 1.5 g
脂質  16.7 g -
食物繊維  0.3 g 20 g 以上
カリウム  494 mg  3500 mg 以上
カルシウム 14 mg 650 mg 以上
マグネシウム  37 mg 350 mg 以上
鉄分  1.1 mg 7.5 mg 以上
亜鉛  3.6 mg 10 mg 以上

《手順》

低温調理器 BONIQをセットする

鍋やコンテナに水を入れ、本体を挿す。
88℃ 5:00(5時間)〜 8:00(8時間)に設定する。

※肉、魚(生食用を除く)は種類と厚みに応じて加熱設定を変更する。参照:「低温調理 加熱時間基準表
※食材全体がきちんと湯せんに浸かるよう、十分な水量を用意する。
※高温・長時間調理時は蒸発による水位減少を防ぐため、最大水量を用意する。

BONIQ 低温調理コンテナ&コンテナアクセサリー(ラック、トレー、フタ、ジャケット)はこちら
BONIQ 深型ホーロー鍋はこちら

材料を準備する

にんにくは1/2にして潰し、しょうがは皮付きのまま厚くスライスする。
スペアリブに塩、こしょうをふる。

豚スペアリブを焼く

フライパンにピュアオリーブオイル、にんにく、しょうがを入れて弱火で熱する。
香りが立ってきたら中火にしてスペアリブを入れ、全面に焼き色をつけたらバットに取り出す。

調味料を煮詰める

手順3のフライパンの油をペーパーで拭い取る。
《煮詰める調味料》の材料(100%オレンジジュース、はちみつ、しょうゆ)を全て入れ、大きい泡が上がってくるとろみのついたソース状になるまで煮詰める。

耐熱袋に投入する

耐熱袋にスペアリブと煮詰めた調味料を入れる。
この時、スペアリブが重ならないように広げて入れる。

BONIQ 低温調理用耐熱袋「BONI BAG」はこちら

BONIQに投入する

設定温度に達したら袋を湯せんに入れ、低温調理をする。

※袋内に気泡が残らないよう湯せんに入れながらしっかり空気を抜き、密封する。(参考:動画「低温調理用バッグの密封方法」記事「ベストなバッグ密封の仕方 比較実験」
※食材全体が湯せんに浸かるようにする。浮いてくる場合は耐熱性の瓶や重しを乗せて完全に沈める。
※高温・長時間調理時は湯せんにカバーをする。(鍋:ラップ、コンテナ:フタ)

仕上げ

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったら袋を取り出す。
スペアリブを煮汁と共に皿に盛り付ける。
お好みでこしょうを挽き、オレンジ、ハーブを添えて出来上がり。




《作る際のポイント》
※「はちみつ」に関して
1歳未満の乳児には「はちみつ」や「はちみつを含む食品」を与えてはいけません。
乳児ボツリヌス症を発症するボツリヌス菌は熱に強いため、加熱や調理では死にません。

参照:厚生労働省「ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから。」

BONIQ設定時間について、5時間で骨から身がほろっと外れる十分やわらかい仕上がりになりますが、さらにやわらかさを求める場合は、8時間まで延長しても良いでしょう。

脂が気になる方は、手順7で湯せんから耐熱袋を取り出した後、袋ごと氷水で冷やしてください。脂が白く固まりますので、袋を開けてお玉やスプーンで取り除き、再び湯せんで温めてお召し上がりください。

《作った感想》
圧力鍋で作ると短時間で仕上がりますが、BONIQの低温調理とは仕上がりに差があります。
圧力鍋では間違いなく短時間でやわらかくなりますが、高温になりすぎるので低温調理に比べるとジューシーさを失ってしまいがちです。一方でBONIQでは、圧力鍋よりも低い温度を保ち、ジューシーさも残しつつ、ホロっと崩れるやわらかさになります。
オレンジの甘酸っぱい風味が食欲をそそり、やみつきになる味わいです。

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

肉をやわらかくする方法には様々あります。低温調理器でタンパク質が固くなる温度以下で調理するほかに長時間煮込む方法や、野菜や果物や麹などの酵素を使用する方法、オレンジジュースやヨーグルトなどの酸が入っている素材で酸性度を高める方法、圧力鍋で細胞を壊してやわらかくする方法など。

圧力スピーディーに調理できるのは圧力鍋ですが、圧力をかけて沸点を下げることで素材の細胞の中の水分が膨張し肉の細胞が壊れてしまいます。
お肉の繊維がホロホロと崩れていくほどやわらかくはなりますが、余計な細胞まで壊れてしまうことでせっかくの肉の旨味が水分の中に溶けだしてしまい、肉本来の旨味が薄くなってしまう印象があります。

BONIQでの調理は時間がかかりますが、BONIQで調理したスペアリブなら細胞を壊すことも無く、やわらかさを保ったまましっかり味をしみさせることができますよ。鍋の水分が蒸発しないようにアルミホイルでふたをしていれば、外出中も安心して調理し続けることもできます。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

レシピ動画もご覧ください

【88℃ 圧力鍋を超える スペアリブオレンジ煮込み】


※訂正「BONIQ設定」:概要欄内の【BONIQ設定】をご確認ください。

ASMR(NO MUSIC)


※訂正「BONIQ設定」:概要欄内の【BONIQ設定】をご確認ください。

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿








【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照くださいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

The following two tabs change content below.
nao
1女・1男の母 調理師兼フードコーディネーター。 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。美味しく、シンプルに簡単なレシピが得意です。 リクエストいただければ、それに沿ったレシピ提案もさせていただきます。
nao

最新記事 by nao (全て見る)

このレシピを評価しませんか?

星をクリックして下さい!(評価は1回限りです)

現在の平均:0 (評価数:0 件)

評価がまだ1件もありません。

コメント

    • Narumi Hirose
    • 2019.04.30

    レストランの味に仕上がりました。
    ポークリブはいつも料理していますが、今回が最高の出来でした。
    骨は簡単にはずれて、柔らかくホロホロ!
    ダーリンも私も大満足です。
    すばらしいレシピをありがとうございました。

    • BONIQ
      • boniq
      • 2019.05.01

      ありがとうございます^^
      とても嬉しいコメントありがとうございます!!

      コラーゲンをしっかりと破壊する事ができるので
      ホロホロに調理可能です。

      ぜひ、他にも作ったら教えてくださいませ!!

    • まき
    • 2019.09.21

    すっごく美味しかったです!!夫の誕生日パーティー用に作りましたが、夫にも子供にも好評で、リピ決定です。ありがとうございます!

    • BONIQ
      • boniq
      • 2019.09.22

      お誕生日おめでとうございます!
      お誕生日に作っていただき、また美味しくできてとっても嬉しいです!ありがとうございます^^
      お子さんも大人も、みんなが好きな味ですよね!しっとりとしてしっかり濃厚ながらも、オレンジのさっぱりさがたまらないですよね!

    • みつ
    • 2020.12.06

    2回作りました。
    類似品ではなく、レシピ写真と同じジップロックを使ったのですが、1回目は途中で袋が破れてしまい、液が鍋に出てしまいました。
    3袋やって、出たのは1つだけでしたが。
    2回目は念のためにジップロックを二重にして調理しました。
    すると内側のジップロックのみ破れてしまいました。
    破れていたのはジップロックの辺の部分なので、骨が尖っていて穴が開いたことは考えられません。
    それに、肉は焼いた後に手で持てる程度にきちんと冷まし、入れた後に穴が開いていないことも確認しました。
    内側のジップロックのみ破れていたので、ボニークにより水の温度は88度に保たれていても、豚肉の油はジップロックの耐熱限度の100度を超えることがあるのかななんて素人ながら考えています。
    味はもちろん間違いないのですが、、、みなさんこんなことはないのでしょうか。
    原因や対策を教えていただければありがたいです。

    • BONIQ
      • boniq
      • 2020.12.10

      お問い合わせありがとうございます。
      当社では、実験でも再現しなかったので原因や対策が分かりかねてしまいます。。
      お力になれず申し訳ございません。

BONIQ設定

材料一覧

  • ☆2人分☆
  • <BONIQする材料>
  • ・豚スペアリブ(厚さ4cm)  400g
  • ・塩  小さじ1/2
  • ・こしょう  適量
  • ・ピュアオリーブオイル  小さじ1
  • ・にんにく  1片
  • ・しょうが  1片
  • 《煮詰める調味料》
  • ・100%オレンジジュース  150ml
  • ・はちみつ  大さじ2
  • ・しょうゆ  大さじ3
  • <仕上げ> ※お好みで
  • ・こしょう  適量
  • ・オレンジ(スライス)  適量
  • ・パセリなどのハーブ  適量
  • <ほか、調理器具など>
  • ・フライパン
  • ・バット
  • ・キッチンペーパー

新着レシピ

  1. 61℃〜 生ホタルイカ低温調理 温度比較実験

  2. 61℃ しょうゆ麹鶏むねのオープンサンド弁当

  3. 43℃ 鯵のマリネ:低温調理で「飲めるアジ」!

  4. 63℃ 甘酢あんのやわらか肉団子弁当:ご飯進む

  5. 63℃ 豚ロースの西京漬け弁当:柔らかしっとり