牛肉レシピ

58℃ 免疫力向上◎滑らかな牛肉のカルパッチョ

0
(0)


BONIQ設定
材料一食あたりの栄養素
手順
作る際のポイント
作った感想BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス
レシピ動画

旨味たっぷり、ジューシーな仕上がり。
ケッパーのアクセントが食欲をそそる。

BONIQ設定

58℃
2:00(2時間)

※参照:低温調理 加熱時間基準表(牛肉)

材料


☆2〜3人分☆
<BONIQする材料>
・牛ヒレ肉(または、牛肩ロース肉)  250g(厚さ2cm、画像は125g×2枚)
・ピュアオリーブオイル、または、サラダ油  30ml
・塩  2g
・こしょう  適量

<仕上げ>
・ケッパー  大さじ1
・こしょう  適量
・ピンクペッパー(お好みで)  適量
・お好みの野菜  適量

<ほか、調理器具など>
・氷 

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質5g以下)
カロリー 226 kcal -
糖質 0.3 g -
タンパク質 16.2 g 体重 x 1.2g ~ 1.5 g
脂質 16.9 g -
食物繊維 0 g 20 g 以上
カリウム 262 mg 3500 mg 以上
カルシウム 3 mg 650 mg 以上
マグネシウム 16 mg 350 mg 以上
鉄分 1.7 mg 7.5 mg 以上
亜鉛 3.9 mg 10 mg 以上

《手順》

低温調理器 BONIQをセットする

鍋やコンテナに水を入れ、本体を挿す。
58℃ 2:00(2時間)に設定する。

※肉、魚(生食用を除く)は種類と厚みに応じて加熱設定を変更する。参照:「低温調理 加熱時間基準表
※食材全体がきちんと湯せんに浸かるよう、十分な水量を用意する。
※高温・長時間調理時は蒸発による水位減少を防ぐため、最大水量を用意する。

BONIQ 深型ホーロー鍋はこちら
BONIQ 低温調理コンテナ&コンテナアクセサリー(ラック、トレー、フタ、ジャケット)はこちら

耐熱袋に投入する

耐熱袋に牛ヒレを入れ、油、塩、こしょうを加える。

BONIQ 低温調理用耐熱袋「BONI BAG」はこちら

BONIQに投入する

設定温度に達したら袋を湯せんに入れ、低温調理をする。

※袋内に気泡が残らないよう湯せんに入れながらしっかり空気を抜き、密封する。(参考:動画「低温調理用バッグの密封方法」記事「ベストなバッグ密封の仕方 比較実験」
※食材全体が湯せんに浸かるようにする。浮いてくる場合は耐熱性の瓶や重しを乗せて完全に沈める。
※高温・長時間調理時は湯せんにカバーをする。(鍋:ラップ、コンテナ:フタ)

仕上げ

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったら袋を取り出す。袋ごと氷水につけて冷却する。

薄くスライスしてお好みの野菜と共に皿に盛り付け、ケッパー、こしょう、お好みでピンクペッパーを散らして出来上がり。


《作る際のポイント》
BONIQの設定時間は厚み2cmの牛肉を基準にしています。
厚みが2cmと異なる場合は「低温調理 加熱時間基準表(牛肉)」を参照し、必ず正しい設定時間に設定してください。

手順4、BONIQから袋を取り出したら袋ごと氷水に浸け、冷却します。そうすることで肉汁を落ち着かせます。

《作った感想》
旨味たっぷり、ジューシーでなめらかな食感に仕上がります。
ケッパーのアクセントが食欲をそそります。
仕上げにこしょうをたっぷり挽くのがおすすめです。

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

レシピの1/3(野菜を除く)分の栄養価を計算しています。

牛肉は豚肉や鶏肉に比べて亜鉛が豊富です。
亜鉛は味覚を正常に保つために働いている栄養素です。舌にある「味蕾」という味のセンサーを担っている細胞は、比較的早い周期で細胞が入れ替わります。亜鉛が不足すると、その細胞の入れ替わりが遅くなってしまい味をうまく脳に伝達できなくなってしまうのです。

「牛肉」とひとことで言っても、どの牛の個体も全て同じ栄養価であるとは言えません。見た目でも違いがはっきり分かるのが、肥育と放牧牛での違いです。
お肉屋さんに並ぶ肉を見てわかるように、国産の高級な肉と、輸入牛とでは栄養価が違います。
一般的に、肥育された和牛は脂の乗りが良く、輸入牛は運動量が多いことから赤身の多い肉になります。このことから、輸入牛の方がカロリーが低い傾向にあります。
食べる人の好みにもよりますが、やわらかくてとろけるような食感を楽しみたい場合は脂の「サシ」が入った和牛を、ヘルシーに肉の味をしっかり味わいたいならば赤身の多い輸入牛を選んでみましょう。


質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

レシピ動画もご覧ください

【BONIQ 低温調理 滑らかな牛肉のカルパッチョ】BONIQ設定 - 58℃ 2:00(2時間)


※訂正「BONIQ設定」:(正)58℃ 2:00(2時間)にてご設定ください。

ASMR(NO MUSIC)


※訂正「BONIQ設定」:(正)58℃ 2:00(2時間)にてご設定ください。

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿








【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照くださいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

The following two tabs change content below.
nao
1女・1男の母 調理師兼フードコーディネーター。 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。美味しく、シンプルに簡単なレシピが得意です。 リクエストいただければ、それに沿ったレシピ提案もさせていただきます。
nao

最新記事 by nao (全て見る)

このレシピを評価しませんか?

星をクリックして下さい!(評価は1回限りです)

現在の平均:0 (評価数:0 件)

評価がまだ1件もありません。

コメント

    • とみぃ
    • 2023.05.04

    高めのお肉と、安いお肉で挑戦しました。確かに、安い肉も高い肉と変わらないしっとり感と美味しかったです。ソースを工夫して色々楽しくチャレンジできそうです!

    • BONIQ

      コメントありがとうございます!同じ温度で比較ができたり、温度を変えてみたりと、気軽に比較できるのも低温調理ならではですね!
      おいしくいただけたとのこと、嬉しいです^^
      他レシピなどもご参考に、ぜひ色んなソースや味付けで楽しんじゃってくださいませ!

BONIQ設定

材料一覧

  • ☆2〜3人分☆
  • <BONIQする材料>
  • ・牛ヒレ肉(または、牛肩ロース肉)  250g(厚さ2cm、画像は125g×2枚)
  • ・ピュアオリーブオイル、または、サラダ油  30ml
  • ・塩  2g
  • ・こしょう  適量
  • <仕上げ>
  • ・ケッパー  大さじ1
  • ・こしょう  適量
  • ・ピンクペッパー(お好みで)  適量
  • ・お好みの野菜  適量
  • <ほか、調理器具など>
  • ・氷 

新着レシピ

  1. 63℃ 自家製チャーシュー握り弁当:肉おにぎり

  2. 60℃ 栗麹&活用法(どら焼き、モンブラン)

  3. 57℃ 牧草牛のローストビーフ弁当:完璧な火入れ

  4. 60℃ 塩麹 鶏ささみ:しっとり、やわらか食感

  5. 63℃ 自家製ツナのカンパーニュサンド弁当