お肉がほろほろ鶏もものコンフィ

骨からお肉がほろほろ外れる!
ジューシーで皮がパリパリで香ばしい!

BONIQ設定

80℃
3hr(180min)

材料


☆2人分☆
・ 骨付き鶏もも 2本(約350g)
・ 塩 5g(肉重量の1.2~1.5%)
・ タイム、ローズマリー 適量
・ にんにく(スライス)1かけ分

・ オリーブオイル 大さじ1

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質5g以下)
糖質  0.5 g
タンパク質  19.0 g  体重 x 1.2g ~ 1.5g
食物繊維  0.2 g 20 g 以上
カリウム  340 mg  3500 mg 以上
カルシウム 7 mg 650 mg 以上
マグネシウム  25 mg 350 mg 以上
鉄分  0.7 mg 7.5 mg 以上
亜鉛  1.8 mg  10 mg 以上

《手順》

鶏ももをマリネする

鶏ももは余分な皮や脂があれば取り除き、袋に鶏もも、塩、タイム、ローズマリー、にんにくを入れて揉み込み、冷蔵庫で1日マリネする。


BONIQをセット

BONIQを80℃ 3時間(180分)に設定する。

フリーザーバッグに入れる

①の鶏ももを袋から取り出して洗い、ペーパーで水気を拭き取って、フリーザーバッグにオリーブオイルと共に入れ空気を抜いて密封する。


BONIQに投入

設定温度に達したらBONIQの湯せんに入れ、低温調理をする。

鶏ももの皮目を焼く

フリーザーバッグから鶏ももを取り出してペーパーで水気を拭いたら、フライパンで皮面だけをパリパリに焼く(油は必要ない)。

盛り付け

皿に盛り、お好みでディジョンマスタードや粒マスタード(分量外)を添えて。

《作る際のポイント》
コンフィとは、たっぷりの油の中で肉を煮たフレンチの技法ですが、フレンチビストロなどで提供される鴨のコンフィでは、肉がひたひたに浸かる量の鴨脂の中で肉を煮ています。
しかし、ここではわずかなオリーブオイルしか使っていません。真空器を使って密封しているわけではないので、フリーザーバッグの中のわずかな空気を遮断するためにオイルを少し入れていますが、完全に真空にできるならばオイルも必要ありません。肉に火を通す温度と時間が重要になります。

《作った感想》
鶏ももではなく鴨が手に入れば、お店さながらの鴨のコンフィを作ることができますよ。その場合は羽根がところどころ残っている場合が多いので、マリネをする前に毛抜きで抜くことが必要です。後は鶏ももと同じ行程でOK。
付け合わせにはじゃがいもやきのこのソテーを添えて。
骨からお肉がほろほろ外れる、ジューシーで皮がパリパリの香ばしい鶏のコンフィ、是非ご家庭でもお試しください!

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

鶏もも肉は肉質が柔らかい部位ですが、低温のオイルで火を通すことで、しっとり柔らかくジューシーに仕上がります。

鶏もも肉は100g中にタンパク質16.6g、脂質14.2gを含みます。鶏むね肉が100g中にタンパク質21.3g、脂質5.9g含みますので、鶏むね肉と比較するとタンパク質が少なく、脂質は多い部位です。
鶏の皮が脂質を多く含むので、脂質が気になる方は皮を取り除けば、高タンパク質・低脂質な食材です。

栄養面では、ビタミンB2や鉄分、セレンが多いです。
ビタミンB2は、エネルギー代謝をサポートするだけでなく、発育のビタミンといわれ、体内でタンパク質の合成をサポートして、皮膚や髪の毛などをつくるのを促す働きがあります。
鉄分は、赤血球のヘモグロビンの構成している成分で、体内に酸素を運ぶ働きがあります。鉄分には体内に吸収されやすい形と吸収されにくい形がありますが、鶏肉に含まれる鉄分は吸収が良いタイプなので、効率よく鉄分が摂取できます。
またセレンは、抗酸化作用のある酵素の成分で、体内の活性酸素を分解します。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

レシピ動画もご覧ください

【お肉がほろほろ鶏もものコンフィ】BONIQ設定 – 80℃ 3hr(180min)

ASMR(NO MUSIC)はこちら




【注意】食中毒に関しては、下記のサイトをご一読下さい。

特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75度1分以上】の加熱をしてください。

→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
KEIKO

KEIKO

大学卒業後にフレンチを学びにル・コルドン・ブルー・ロンドンへ留学。 その後、La Maison Courtineパリにて料理人をした後、フレンチの鉄人坂井がオーナーを務める大阪の名門フレンチ ラ・ロシェルにて従事。日本ソムリエ協会公認ソムリエ。お酒にマッチするBONIQレシピを提案させて頂きます。

まろやかな優しいヨーグルト

ワインがすすむ和牛のタリアータ

関連記事

  1. 【究極!】史上最強に柔らかい蒸し鶏

    最高の柔らかさと、口に広がるジューシーな旨み。比較実験の結果をもとに…

  2. ホットワイン(赤)

    スパイスたっぷりの本格派。自宅で簡単、リッチ気分♪パーティーやおもてなし…

  3. どれが美味しい?究極の昆布だし 比較実験

    BONIQマニアにおくる、低温料理の疑問あれこれの検証。日々低温調理…

  4. お弁当に!手羽元フライドチキン

    時間が経ってもしっとり柔らかい!ピクニックのお弁当に最適です!BON…

  5. 塩麹漬けゆで鶏とビタミン野菜のオードブル

    BONIQならではのやわらかジューシーゆで鶏体にやさしいビタミン野菜…

  6. ふっくら柔らか鱈の塩レモン焼き

    ムニエルでもなく煮込みでもない食感は、低温調理ならでは!食感はとにかく柔…

  7. 漬け込み不要!スペアリブのみそ煮込み

    朝一BONIQして、夜にどうぞ。お箸で食べられる柔らかさで病みつきに!…

  8. 濃厚まろやか!チョコプリン

    いつものなめらかプリンとは、一味違う!チョコレートをぎゅっと凝縮、まろや…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP