64℃ ふわふわ ひじきと豆腐のヘルシーつくね

ふわふわ鶏肉にひじきをプラスして、鉄分や食物繊維を摂取。
ひじきが苦手なお子様や、お弁当にも最適!

BONIQ設定

64℃
2:30(2時間30分)

材料


☆4人分☆
・鶏もも 挽肉  470g
・乾燥ひじき  6g
・絹豆腐  150g
・長ねぎ  25g
・片栗粉  大さじ3
・酒  大さじ1

<A>
・ごま油  小さじ1
・塩こしょう  少々

<B>
・三温糖  大さじ3
・みりん  50cc
・酒  50cc
・しょうゆ  50cc

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質40g以下)
カロリー  329 kcal
糖質  28.1 g
タンパク質  28.8 g  体重 x 1.2g ~ 1.5 g
脂質  7.8 g
食物繊維  1 g 20 g 以上
カリウム  454 mg  3500 mg 以上
カルシウム 57 mg 650 mg 以上
マグネシウム  61 mg 350 mg 以上
鉄分  3.9 mg 7.5 mg 以上
亜鉛  3.1 mg  1.2 mg 以上

《手順》

ひじきを戻す

大きめのボウルにたっぷりの水を張り、ひじきを戻す(約30分)。
豆腐はペーパーで包んで耐熱容器に入れ、ラップをせずにレンジで2分加熱し、あら熱を取る。
ねぎはみじん切りにする。

水気をきる

ひじきの水気をきる。

BONIQをセット

64℃ 2:30(2時間30分)に設定する。

タネを作る

ボウルに鶏ひき肉と<A>をすべて入れ、よくこねて混ぜ合わせる。
粘り気が出たら豆腐、ひじき、ねぎ、片栗粉、酒(大さじ1)を入れ、さらにこねる。

キャンディ巻きにする

ラップを2枚大きく広げ、それぞれラップの手前側に半分ずつタネをのせる。
手前から巻いてキャンディー巻きにする。(4cmの円柱状にする。)
巻き終わりを下にして左右を閉じる。

BONIQに投入

BONIQが設定温度に達したら、キャンディ巻きにしたタネをそのまま、もしくはフリーザーバッグに入れて空気を抜いて密封し、湯せんに入れて低温調理をする。

フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0

たれを作る

<B>の材料をすべて小鍋に合わせ、火にかける。
一度沸騰させたら弱火にし、少しとろみがつくまで煮つめる。

カットする

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらつくねを取り出し、ラップを解いて2〜3cm幅にカットする。

仕上げ

つくねを皿に盛り付け、たれを添えてできあがり。



《作る際のポイント》
ラップの巻きが緩いと中にお湯が入ってしまうので、手前に強く巻き込むようにしてきつく巻いてください。
念のためフリーザーバッグに入れ、空気を抜いて密封しても仕上がりに影響はありません。

《作った感想》
甘しょっぱいたれがよく馴染む鶏つくねも、ひじきと豆腐が入ることでよりヘルシー、かつ低温調理効果でふわっふわの食感に仕上がります。
豆腐の代わりに長芋や山芋を使ってもOK!
つくねに混ぜ込むだけで、ひじきが苦手なお子様も抵抗なく食べられます。
多めに作ってたれに1日漬け込めば中まで味が染み込み、お弁当のおかずにもピッタリです。

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

鶏肉はほかのお肉に比べて鉄分が少ないのですが、ヒジキをプラスすることで鉄分や食物繊維を併せて摂取することができます。
鶏もも肉のひき肉は鶏むね肉のひき肉に比べてしっとりしていて食べやすいのが特徴です。ただ、鶏むね肉よりも脂質が多いのでカロリーを気にする場合は豆腐を加えてカサを増すと食べごたえがある上にヘルシーなつくねを楽しむことができます。

ヒジキを水で戻す前に計ってみると量が少ないように見えますが、ヒジキは乾物なので水をよく吸収します。水で戻すと元の乾燥重量の8~10倍になります。「もうちょっと入れようかな」と思ってうかつに量を増やすと、ヒジキが多すぎて見た目が真っ黒なつくねになってしまうので注意してください。

つくねのタレに砂糖とみりんが入っているので糖質が多いように見えますが、糖質を減らすためにポン酢や酢醤油を付けダレにしてつくねを食べるのもおすすめです。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿





【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【加熱時間基準表】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
NAO

NAO

1女・1男の母 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。リクエストいただければ、それに沿ったレシピ提案もさせていただきます。

49℃ フレンチ♪炙りサーモン 白ワインソース

2.17 BONIQ WorkOutイベント w/ KANA

関連記事

  1. 58℃ 絶品!贅沢な牛もも肉の厚切りステーキ

    安価なお肉もBONIQにかかればこの通り!厚切りなのに、ナイフがスッと入…

  2. 65℃ ヤリイカのバター焼き

    いつもと全く異なる、いかの食感に驚き!甘味と旨味、栄養もたっぷりでダイエ…

  3. 58℃ 鴨胸肉のロースト イチジクソース

    レストランの鴨ローストが家庭で味わえる。簡単で、おしゃれに、しかも極上お…

  4. 85℃ ブロッコリーとアスパラガスの胡麻和え

    熱に弱い最強野菜も、BONIQなら栄養そのまま!「あと一品」にちょうど良…

  5. 65℃ 鶏むねのしっとりバンバンジー風

    やわらかジューシー鶏肉はBONIQ安定のおいしさ!濃厚ピーナッツソースと…

  6. 60℃ 油淋鶏(ユウリンチー)鶏肉の甘酢がけ

    香ばしくジューシーな鶏ももに、甘酢っぱいタレが絡む!ご飯とビールが進むこ…

  7. 95℃ 煮鮑(あわび)濃厚肝ソース

    説明不要なくらい、記憶に残る感動の美味しさ。口に入れれば、旨みの海が…

  8. 57℃ 牛ヒレ幽庵焼き きのこのみぞれあん

    これぞBONIQの実力、”漬ける”と”低温調理”を同時進行で!火通りも味…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP