食べ応え満点♪屋台のイカ焼き

みんな大好き、あの味をご家庭で♪
香ばしい香りと、丸かぶりできるやわらかさ。

BONIQ設定

・65℃
・20min

材料


☆1〜2人分☆
・するめいか  1杯

<フリーザーバッグに入れる調味料>
・醤油  大さじ1
・酒  大さじ1
・砂糖  大さじ1
・みりん  大さじ1/2
・しょうが(おろし)  1片分(約5g)

<添える調味料>
・七味(一味)  適量
・マヨネーズ  適量

《手順》

BONIQをセット

65℃ 20分にセットする。

イカの下ごしらえ(1)

イカは軟骨に沿ってワタを引きはがし、足をひっぱりながらワタを引き抜く。さらに、胴に指を入れて軟骨を引き抜く。
胴を洗い、キッチンペーパーで水気を拭く。
足の吸盤の硬い部分は、手でしごきながら流水で洗い流すか、もしくは包丁で切り落とす。

イカの下ごしらえ(2)

胴の片面に切り込みを入れる。表面の皮と身に包丁を入れ、調理後にイカが縮まないようにする。

フリーザーバッグに投入

フリーザーバッグに調味料と③のイカを入れ、空気を抜いて密封する。

BONIQに投入

フリーザーバッグを設定温度に到達したBONIQの湯せんに入れ、低温調理をする。

イカに味を含ませる

BONIQの終了タイマーが鳴ったら、フリーザーバッグを取り出してそのまま冷まし、イカに味を含ませる。
すぐに食べない場合はあら熱が取れてから、冷蔵庫へ。

仕上げ

食べる際は再度湯せんでフリーザーバッグごと温める。温まったらイカを取り出し、胴と足の両面をバーナーで炙る。
皿に盛り、七味マヨネーズを添えたら出来上がり。

《作る際のポイント》
関西人なら“イカ焼き”と聞くと、たいていの人はお好み焼きに似た粉もんを想像すると思いますが、このイカ焼きは屋台などで見かける”イカの姿焼き”です。
コンロのグリルで仕上げる方法も試してみましたが、表面に焼き色が付く前に中に火が入り、やや硬くなってしまいました。
バーナーで炙る方法だと柔らかさを失わず、香ばしい焼き目がつけられます。

《作った感想》
幼い頃父に連れられて行った神社のお祭りで、出店からすごく香ばしい醤油の焦げた香りがしてきました。
父に「あれがほしい!」と言って丸ごと串に刺して焼き上げられたのを買ってもらったのが、イカ焼きを食べた最初です。
味は美味しかったのですが、幼かったからもあってかなかなか噛み切れず、少ししか食べられなかった記憶があります。それ以来、私にとって屋台のイカ焼きは脅威でした。
あの頃にBONIQがあれば・・・!
丸かぶりもできる柔らかくて香ばしいイカ焼き。七味マヨネーズをつけて、ガブッとかぶりついて召し上がれ!

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^


【注意】食中毒に関しては、下記のサイトをご一読下さい。

特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75度1分以上】の加熱をしてください。

→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
KEIKO

KEIKO

大学卒業後にフレンチを学びにル・コルドン・ブルー・ロンドンへ留学。 その後、La Maison Courtineパリにて料理人をした後、フレンチの鉄人坂井がオーナーを務める大阪の名門フレンチ ラ・ロシェルにて従事。日本ソムリエ協会公認ソムリエ。お酒にマッチするBONIQレシピを提案させて頂きます。

コクうま 鶏スペアリブの中華風煮込み

絶品!鮭の西京焼き

関連記事

  1. しっとりふっくら鯖の味噌煮

    箸を入れた瞬間ほろっと柔らかい!しっとりふっくら鯖の味噌煮が簡単に出来ます!BONIQ設定…

  2. 絶品!鮭の西京焼き

    まるで料亭の味!準備も調理も簡単なのに、その味わいは格別!BONIQ設定・61℃…

  3. ふわふわ蒸し鯛のごまだれ風味

    ごまだれの香ばしい風味がまるで料亭で食べてるみたい!シンプルかつ贅沢な味をお楽しみください!…

  4. メカジキのソテー 焦がしバターソース

    面倒な下ごしらえは必要なし!ソースも本格的なのに簡単です!BONIQ設定50℃30m…

  5. びんちょうマグロの香草オイル漬け

    もちっとおいしく、お酒のお供に♪見た目も華やかで、おもてなし料理にも最適!BONIQ設定…

  6. 柔らかしっとり、丸ごと食べられる自家製ツナ

    柔らかくてしっとり、感動の味わい!オイルまで美味しくいただけます♪BONIQ設定・6…

  7. 毛鹿鮫のムニエル ゆず胡椒クリームソース

    日本海などにいるサメの一種「毛鹿鮫」を、BONIQでクセのないフワッフワな仕上がりに!B…

  8. 65℃ 紋甲イカ(モンゴウイカ)のコンフィ

    松笠開いて美味しさも開く。見た目にも美しい究極の柔らかさを味わう。BONIQ設定・65℃…

コメント

    • 渡辺
    • 2018年 8月 26日

    お世話になります。
    2度目になります。
    いくつか教えてください。
    どのくらい寝かせたらあんな色になりますか?
    また、再度湯せんで温める場合、
    何度でどれくらい温めたらいいでしょうか?
    その際、残った調味料は流してしまって差し支えありませんか?

    • boniq
      • boniq
      • 2018年 8月 28日

      イカと調味料をBONIQ後、常温において味を含ませたのは1時間程になります。
      (ただ画像は写真撮りの時にライトを当てて撮影していますので、実際に目で見るのとは多少違いがあると思います。)
      湯煎で再度温める場合、温度は調理の時と同じ65℃以下、時間は最短10分ほどで温まると思います。
      残った調味料に関しては流してしまっても大丈夫ですし、イカの旨味が出てますので海鮮や野菜炒めなどの味付けに使っていただいても美味しいと思います。
      ぜひ再加熱してみてくださいませ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP