2種の鶏ハムロール (大葉チーズと人参ラペ)

華やかな見た目にテンションもUP!
おもてなしにぴったりな、鶏肉の手作りハムロール。

BONIQ設定

・63℃
・60min(1hr)

材料


☆大葉チーズ☆
・鶏むね肉  1枚(皮を剥いで250g)
・大葉  3枚
・プロセスチーズ  2本(20g)
・塩  適量

☆キャロットラペ&オリーブ☆
・鶏むね肉  1枚(皮を剥いで250g)
・人参  1本(90g)
・ブラックオリーブ  5個
・塩  適量

<A>
・オリーブオイル  大さじ2
・レモン汁  小さじ1
・塩  適量
・こしょう  適量

《手順》

キャロットラペを作る

人参の皮を剥き、なるべく細い千切りにし、塩をふる。
10分程おいたら絞って水気を切り、<A>を加えて混ぜ合わせ、味を馴染ませる。

BONIQをセット

63℃ 1時間にセットする。

鶏むねの下処理

鶏むねの皮をそれぞれ剥ぎ、余分な脂身を取る。
厚みがある部分を開き、包丁の背か綿棒で軽く叩いて厚さを均一にする。

鶏むねで巻く(大葉チーズ)

鶏むねの水気をペーパーで抑え、両面に塩をふる。
まな板に鶏むね2枚を並べ、そのうち1枚の鶏むねの上に大葉を横向きに3枚並べる。
真ん中より少し手前にチーズを並べ、手前からきつめに巻いていく。

鶏むねで巻く(キャロットラペ)

もう1枚の鶏むねに、軽く水気を切ったキャロットラペを全体的に広げ、ラペの真ん中よりやや手前にオリーブを横向きに並べる。
手前からきつめに巻いていく。

キャンディ巻きにする

それぞれ大きめにラップをとり、巻き終わりを下にしてラップでキャンディ状にきつめに巻いていく。巻き終わりの左右の端は結ぶ。
同じ事をもう一度繰り返し、二重巻きにしておく。

BONIQに投入

BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れ、低温調理をする。

冷やす

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったら鶏ハムロールを取り出し、あら熱を取ってから冷蔵庫で冷やす。

出来上がり

1.5cm幅にカットしてお皿に盛り付けたら、完成です。


《作る際のポイント》
今回のような見た目にインパクトのある色(人参×ブラックオリーブ)を使い、カッティングボードに盛り付けるだけで、テーブルが一気に華やかになります。
ラップの巻きがゆるいとBONIQ調理時にお湯が入ってしまいますので、不安な方はさらにフリーザーバッグに入れるようにしてください。

《作った感想》
まんまるで色鮮やかな鶏ハムロール、見た目も可愛くて女子ウケしそうな仕上がりに、思わずテンションUP!
カッティングボードでカットしてそのまま提供するのも良いですね!
通常、鶏むね肉(キャンディー巻きにしない場合)を低温調理する時はBONIQを60℃ 1時間にセットしますが、巻いたり重量が大きい時、また、もも肉を使う時などは、私は63℃ 1時間でセットします。
何回か鶏肉調理をすると、その時の条件や自分の好みにベストな仕上がりの温度と時間に辿り着きますよ!
ぜひ色々試してみてくださいね。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^




【注意】食中毒に関しては、下記のサイトをご一読下さい。

特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75度1分以上】の加熱をしてください。

→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
NAO

NAO

1女・1男の母 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。リクエスト頂ければ、それに沿ったレシピ提案もさせて頂きます。

豚ロースの黒酢バルサミコ照り焼き

柔らかしっとり、丸ごと食べられる自家製ツナ

関連記事

  1. 【究極!】史上最強に柔らかい蒸し鶏

    最高の柔らかさと、口に広がるジューシーな旨み。比較実験の結果をもとに…

  2. 爽やかな甘さの揚げ焼きオレンジチキン

    パサつきがちな手羽元もしっとりジューシー!オレンジの甘酸っぱさにご飯…

  3. 合鴨の和風ロース煮

    ロゼ色で狙った通りのシットリ感!日本酒が進むこと間違いなし!BONI…

  4. ホロッホロ♪骨付き鶏もも肉の香草焼き

    香ばしい香りにうっとり・・・♪本当に美味しい骨付きチキンを召し上がれ…

  5. お弁当に最適!しっとりタンドリーチキン

    翌日のお弁当でもパサつくむね肉とは思えないほど、しっとりとしたタンドリー…

  6. チキンステーキ トマトソース

    ふっくらジューシーなのにヘルシーソースをアレンジしても楽しめる♪BO…

  7. しっとり鶏ささみのアボガドタルタルソース

    低カロリー・高タンパクで、ヘルシー!パサつかずにしっとり、ソースとの相性…

  8. 簡単なのに完璧!筑前煮

    低温調理の新たな可能性を発見!硬さの違ういろいろな具材の火通りが、完璧に…

コメント

    • 渡辺
    • 2018年 12月 23日

    一度作ってみたところ、上手くできました。
    綺麗だし美味しいので、お正月用に作りたい(真空パック機使用)と思うのですが、
    基本的に、真空と低音の組み合わせであれば、粗熱をとった後冷凍しての保存が
    可能だと考えるのですが、いかがでしょうか?
    この料理の場合も大丈夫ですよね。
    その場合、解凍は調理した温度を超えない温度で湯煎すればいいのでしょうか?

    • boniq
      • boniq
      • 2018年 12月 24日

      お問い合わせありがとうございます。

      >>
      基本的に、真空と低音の組み合わせであれば、粗熱をとった後冷凍しての保存が
      可能だと考えるのですが、いかがでしょうか?
      >>

      ジップロックよりも、真空パック用のフィルムは空気を通さないので保存には向いていると思います。
      どのレシピでも、基本は粗熱を取って冷凍(-18度以下)保存で3ヶ月ほどは保存可能です。

      解凍に関しては、最初に加熱した温度を超えない方がいいです。
      最初の加熱温度から-5度くらいの再加熱温度が良いと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP