65℃ 紋甲イカ(モンゴウイカ)のコンフィ

松笠開いて美味しさも開く。
見た目にも美しい究極の柔らかさを味わう。

BONIQ設定

・65℃
・15min

材料


☆2人分☆
・紋甲イカ(むき身)  150g
・ピュアオリーブオイル(サラダ油なども可)  150g

<たれ>
・しょうゆ  小さじ1
・ごま油  小さじ1/2
・おろしにんにく  少々

<薬味>
・白髪ねぎ  5cm分
・赤パプリカ  1/8 または、赤ピーマン  1/2
・コリアンダーの葉  少々

・こしょう  少々

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質5g以下)
カロリー  146 kcal
糖質  2.8 g
タンパク質  14.3 g  体重 x 1.2g ~ 1.5 g
脂質  8 g
食物繊維  0.9 g 20 g 以上
カリウム  333 mg  3500 mg 以上
カルシウム 24 mg 650 mg 以上
マグネシウム  48 mg 350 mg 以上
鉄分  0.3 mg 7.5 mg 以上
亜鉛  1.3 mg  10 mg 以上

《手順》

BONIQをセット

65℃ 15分に設定する。

イカの下処理

紋甲イカを松笠切りにする。
下の画像のように、端から斜めに包丁を入れ、斜め格子状にする。

イカを炙る

松笠切りにした方の面をバーナーで炙り、格子状の焼き目をつける。
7mm幅にスライスする。

フリーザーバッグに投入

スライスしたイカとオリーブオイルをフリーザーバッグに入れ、空気を抜いて密封する。

BONIQに投入

BONIQが設定温度に達したら、フリーザーバッグを湯せんに入れ低温調理をする。

たれを作る

たれの材料をすべて混ぜ合わせる。

薬味を作る

白髪ねぎと赤パプリカは薄くせん切りにして水にさらす。

仕上げ

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、イカの油をザルで切って皿に盛り付ける。

薬味を盛り、上からタレをかけこしょうを挽いて、出来上がり。

《作る際のポイント》
ほたてやスライスしたイカなど、柔らかく繊細な魚介をフリーザーバッグに入れて低温調理すると、形が変形してしまうという問題がありました。
そこで「フリーザーバッグに油は必要か ~ほたて編~」の実験によって、食材と同量のたっぷりの油の中で調理すれば、変形が少なくなることがわかりました。
今回はイカを飾り切りしていますが、従来はイカを湯通しして身を縮ませることで松笠を開かせることができます。しかし65℃の低温では身が縮まないので、柔らかく仕上がる代わりに松笠が開きません。
80℃ 10分でさっとBONIQすれば開くのでは、とやってみましたが、やはり65℃と比べると身が硬くなってしまいました。
そこで最初にイカをバーナーで炙ることによって、松笠を開かせることができ、それによってタレがきちんとイカに絡み、見た目にも美しく究極の柔らかさはそのままに仕上げることができました。

《作った感想》
以前はイカが変形してしまったりで何度も失敗して眠っていたレシピですが、やっと美しく柔らかく美味しく仕上げられ、日の目を見ることができました。
おもてなしにもぴったりな逸品。自信を持っておすすめします。
イカをコンフィしたオリーブオイルは「オイルを楽しむ!えびとオリーブのアヒージョ」などにぜひ活用してくださいね。

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

紋甲イカは、西日本で主に漁獲されるイカです。スルメイカなどに比べると身が非常に厚く、甘みがあるのが特徴です。

イカは低脂質、高タンパクな食材です。
栄養価も良く、特にパントテン酸とビタミンEが豊富に含まれています。

ビタミンEは「抗酸化ビタミン」とも呼ばれており、体内の脂質や細胞の酸化を防ぐ働きがあります。酸化を防ぐことで、老化防止や疾病の予防につながります。

パントテン酸はビタミンB群の中の一つです。糖質、脂質、タンパク質の代謝の際に助けとなる働きがあります。また、善玉コレステロールや神経伝達物質、免疫を正常に保つ役割もあります。
パントテン酸が不足するとエネルギー産生がうまくできず、体の不調を引き起こすことになりますが、通常に食事をしている場合は不足することは先ずありません。
ただし、アルコールやカフェインを多く摂取すると代謝に多くパントテン酸を消費してしまいます。飲み会がある日にはパントテン酸を多く含む食材を積極的に食べるようにすると、次の日に疲れが少なくなるかもしれません。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^




【注意】食中毒に関しては、下記のサイトをご一読下さい。

特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75度1分以上】の加熱をしてください。

→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
KEIKO

KEIKO

大学卒業後にフレンチを学びにル・コルドン・ブルー・ロンドンへ留学。 その後、La Maison Courtineパリにて料理人をした後、フレンチの鉄人坂井がオーナーを務める大阪の名門フレンチ ラ・ロシェルにて従事。日本ソムリエ協会公認ソムリエ。お酒にマッチするBONIQレシピを提案させて頂きます。

風邪に負けない!【免疫力を高めるレシピ】TOP3

濃厚!旨味たっぷりガーリックシュリンプ

関連記事

  1. ホットワイン(白)

    ほっと一息、癒しの味わい♪アレンジ次第でリッチな味わいに♪BONIQ…

  2. 塩鯖の冷製カレーマリネ

    カレー風味で子供も喜ぶ♪低温調理ならではのしっとりやわらか食感♪BO…

  3. 魅惑的なトリュフの香りヴィシソワーズ

    素材の旨みを最大限に生かしたスープ!魅惑的なトリュフの香りをご家庭でどう…

  4. しっとりフワフワ チーズスフレケーキ

    フワフワなのにしっかり濃厚な仕上がり♪口どけの良いスフレケーキ、食後のデ…

  5. 台湾名物 ルーロー飯

    台湾のおふくろの味をBONIQで♪しっとりジューシー、ご飯がすすむ!…

  6. 真蛸(マダコ)のふっくら柔らか煮

    失敗しらずの簡単やわらか煮。お酒のお供にもぴったり!BONIQ設定…

  7. 50℃帆立コンフィ ケッパーとレモンバターソース…

    冷凍ほたてでも、ふっくらしっとり!ほたてに絡むバターの香りに、ケッパ…

  8. まろやかな優しいヨーグルト

    手作りならではのまろやかな優しい味!ジャムやフルーツをトッピングしてどう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP