魚介レシピ

61℃ ふっくら仕上げ ブリのごまニラ醤油がけ

0
(0)


しっとり・ふっくら仕上げはBONIQにお任せ!
万能調味料のタレと合わせて、召し上がれ!

BONIQ設定

61℃
0:30(30分)

材料


☆4人分☆
・ブリ(切り身)  4切れ
・醤油  大さじ2
・みりん  大さじ2

<タレ>
・ニラ  40g
・しょうゆ  大さじ2と1/2
・酢  大さじ2
・ごま油  小さじ2
・すりごま  小さじ2
・三温糖  ひとつまみ

<下処理用ブライニング液>
・水  400cc
・塩  小さじ4
・砂糖  小さじ1

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質20g以下)
カロリー  388 kcal -
糖質  7.1 g -
タンパク質  27.7 g  体重 x 1.2g ~ 1.5 g
脂質  25.2 g -
食物繊維  0.5 g 20 g 以上
カリウム  586 mg  3500 mg 以上
カルシウム 40 mg 650 mg 以上
マグネシウム  52 mg 350 mg 以上
鉄分  2.1 mg 7.5 mg 以上
亜鉛  1.2 mg  1.2 mg 以上

《手順》

ブライニングをする

ブライニング液の材料をボウルに合わせ、砂糖が溶けるようによく混ぜる。
ブリを入れて20分程寝かせて、臭みを取る。

BONIQをセット

61℃ 0:30(30分)に設定する。

ブリを洗う

ブリを流水で洗い流し、ペーパーで水気を拭き取る。

焼き色をつける

ブリの表面だけ焼き色をつけるように強火で焼き、しょうゆとみりんを入れて一度沸騰させる。

フリーザーバッグに投入

④を汁ごとフリーザーバッグに入れ、空気を抜いて密封する。

フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0

BONIQに投入

BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れ、低温調理をする。

タレを作る

ニラは小口切りにし、すべてのタレの材料をボウルに混ぜ合わせる。

仕上げ

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらブリを取り出して皿に盛り付け、⑦のタレをかけて出来上がり。

《作る際のポイント》
フリーザーバッグからブリを取り出す際、崩れやすいため気をつけて取り出すようにしてください。
ブライニングと呼ばれている塩水漬けの下処理を行うことで、匂いの強い魚も臭みなく食べられます。

《作った感想》
ブリを使ったメニューの定番に、ブリ大根やブリの照り焼きがありますが、通常調理ではどうしてもパサつきが気になりました。
今回、BONIQでの低温調理とブライニングによる下処理で、ブリの臭みもなく、そして、しっとりふっくらと仕上げることができました。
ニラ醤油は唐揚げの下味や、冷奴のタレなど、万能調味料として使えますので、多めに作って常備しておくと使えますよ。
お酢が入るのがポイントです!

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

ブリはタウリンやDHA・EPA、ビタミンB1やビタミンDなどが多く、いわずと知れた栄養価が高いお魚の代表格です。

タウリンは疲労回復やアルコール代謝に役立ち、DHAは脳の老化防止、EPAは血管疾患の予防にはたらきます。
ビタミンDはカルシウムの吸収率を高めるために必要な栄養素で、健康な骨の形成を促すはたらきがあります。
ビタミンB1は糖質のエネルギー代謝時に使われる栄養素であり、主食に多く含まれる糖質を効率よく燃やすために必要です。

このビタミンB1の吸収を促す働きを持つのが「アリシン」というネギ系の野菜に含まれる辛味成分なのですが、今回のレシピに登場するニラにも多く含まれています。
アリシンをビタミンB1と同時に摂取することでスタミナアップにもつながりますよ。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿






【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

NAO

1女・1男の母 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。リクエストいただければ、それに沿ったレシピ提案もさせていただきます。

最新記事 by NAO (全て見る)

このレシピを評価しませんか?

星をクリックして下さい!(評価は1回限りです)

現在の平均:0 (評価数:0 件)

評価がまだ1件もありません。

コメント

この記事へのコメントはありません。

BONIQ設定

  • 61℃
  • 0:30(30分)

材料一覧

  • ☆4人分☆
  • ・ブリ(切り身)  4切れ
  • ・醤油  大さじ2
  • ・みりん  大さじ2
  • <タレ>
  • ・ニラ  40g
  • ・しょうゆ  大さじ2と1/2
  • ・酢  大さじ2
  • ・ごま油  小さじ2
  • ・すりごま  小さじ2
  • ・三温糖  ひとつまみ
  • <下処理用ブライニング液>
  • ・水  400cc
  • ・塩  小さじ4
  • ・砂糖  小さじ1

新着レシピ

  1. 最速で極厚とんかつ!低温調理器の店舗活用法

  2. 60℃ 胃腸を丈夫に◎鶏ささみのタンドリー風

  3. 最速で最上級ステーキ!低温調理器の店舗活用法

  4. アスリート飯!長友選手シェフのミトコンボウル

  5. ホールディングは有効?比較実験~牛ももVo.3~