牛肉レシピ

58℃ 牛もも肉のステーキ:高タンパク・低脂質

4.8
(4)


BONIQ設定
材料一食あたりの栄養素
手順
作る際のポイント
作った感想
BONIQ管理栄養士による栄養アドバイスレシピ動画

安価なお肉もBONIQにかかればこの通り!
厚切りなのに、ナイフがスッと入り込むやわらかさ。

BONIQ設定

58℃
2:40(2時間40分)

※参照:低温調理 加熱時間基準表(牛肉)

材料


☆2人分☆
<BONIQする材料>
・牛もも肉 ブロック/塊肉(厚さ3cm)  300g
・塩  小さじ1/2
・こしょう  適量

<ステーキソース>
・赤ワイン  大さじ2
・ケチャップ  大さじ1
・ウスターソース  大さじ1
・しょうゆ  小さじ2

<仕上げ>
・ピュアオリーブオイル  小さじ1
・黒こしょう  適量

<ほか、調理器具など>
・小鍋(ステーキソースを作る用)
・キッチンペーパー
・フライパン(牛もも肉を焼く用)

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質20g以下)
カロリー 308 kcal -
糖質 7.1 g -
タンパク質 43.4 g 体重 x 1.2g ~ 1.5 g
脂質 8.8 g -
食物繊維 0.3 g 20 g 以上
カリウム 783 mg 3500 mg 以上
カルシウム 18 mg 650 mg 以上
マグネシウム 56 mg 350 mg 以上
鉄分 5.7 mg 7.5 mg 以上
亜鉛 8.4 mg 10 mg 以上

《手順》

低温調理器 BONIQをセットする

鍋やコンテナに水を入れ、本体を挿す。
58℃ 2:40(2時間40分)に設定する。

※肉、魚(生食用を除く)は種類と厚みに応じて加熱設定を変更する。参照:「低温調理 加熱時間基準表
※食材全体がきちんと湯せんに浸かるよう、十分な水量を用意する。
※高温・長時間調理時は蒸発による水位減少を防ぐため、最大水量を用意する。

BONIQ 低温調理コンテナ&コンテナアクセサリー(ラック、トレー、フタ、ジャケット)はこちら
BONIQ 深型ホーロー鍋はこちら

耐熱袋に投入する

耐熱袋に<BONIQする材料>の材料(牛もも、塩、こしょう)を入れる。

BONIQ 低温調理用耐熱袋「BONI BAG」はこちら

BONIQに投入する

設定温度に達したら袋を湯せんに入れ、低温調理をする。

※袋内に気泡が残らないよう湯せんに入れながらしっかり空気を抜き、密封する。(参考:動画「低温調理用バッグの密封方法」記事「ベストなバッグ密封の仕方 比較実験」
※食材全体が湯せんに浸かるようにする。浮いてくる場合は耐熱性の瓶や重しを乗せて完全に沈める。
※高温・長時間調理時は湯せんにカバーをする。(鍋:ラップ、コンテナ:フタ)

ステーキソースを作る

小鍋に<ステーキソース>の材料(赤ワイン、ケチャップ、ウスターソース、しょうゆ)を全て入れ、1分ほど火にかけ、やや煮詰める。


牛もも肉を焼く

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったら袋を取り出す。
牛ももを取り出し、汁気をペーパーで押さえる。
フライパンにピュアオリーブオイルを入れて中火で熱し、牛ももの表面に焼き色を付ける。

仕上げ

牛ももを食べやすい大きさにカットし、皿に盛り付ける。
黒こしょうを挽き、ステーキソースを添えて出来上がり。





《作る際のポイント》
BONIQでステーキを作るには、フライパンで焼き色を付けます。肉の焼ける香りが食欲をそそり、香ばしさがプラスされます。では、お肉を低温調理「前」に焼くか「後」に焼くか、いつ焼けば良い?という問題がありますが、どちらにもそれぞれメリットがあります。
「前」に焼くと肉汁を閉じ込めることができ、低温調理している間に旨味がアップします。ローストビーフなど冷製で食べる場合にも有効です。「後」に焼くとパリッとした食感とフレッシュな香ばしさがプラスされるので、ステーキなどに適しています。
肉はいつ焼けば良いか、はたまた、焼かないで良いのか?を検証した「牛ももローストビーフ いつ焼くべきか?比較実験」があります。ご参照ください。

手順4、ステーキソースは煮詰めすぎると塩辛くなってしまいますので、1分程火にかけ、やや煮詰まる程度で火を止めてください。

手順5、牛ももは焼きすぎると硬くなってしまうので、強火はNG。中火で焼き色が付いたらすぐにフライパンから引き上げてください。

《作った感想》
和牛の高級ステーキも美味しいですが、最近はオージービーフなどの赤身肉を好んで食べることが多いです。BONIQの低温調理で安価なお肉も格上げ!
どの部分を食べてもしっとりジューシー。端でも真ん中でも火の通りは均一です。赤身なら脂身が少ない分、沢山食べても胃がもたれません。タンパク質の補給も◎
ナイフがスッと入るやわらかさ。絶品です!

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

ステーキは、お給料日やお祝い事の日・自分が頑張った日などの特別な日に食べるという贅沢なメニューである印象が大きいはず。
それもそのはず、やわらかくて口の中でとろける牛肉を買うのであれば、100g数百円〜数千円かかってしまいます。そしてせっかくの良いお肉も、焼き方を間違えれば美味しさが半減。
また、少し費用を抑えようと思ってランクの低いお肉を買うと、スジが多くて噛みきれないということも想定できます。
そんな時こそ、低温調理で安価な輸入牛もも肉をステーキにしてみてはいかがでしょうか?
牛もも肉であれば100g200円前後で購入することが可能で価格を抑えることができ、低温調理器を使った調理ならば火の通し方で失敗することはなく、もも肉には目立ったスジもないので老若男女美味しく食べることができます。
和牛のサーロインに比べて脂質が約1/4以下でヘルシーな点もうれしいですよね。
お祝い事にはおいしく調理したお肉をたくさんいただきましょう◎

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

レシピ動画もご覧ください

【58℃ 牛もも肉のステーキ:高タンパク・低脂質】


※訂正「BONIQ設定」:概要欄内の【BONIQ設定】をご確認ください。

ASMR(NO MUSIC)


※訂正「BONIQ設定」:概要欄内の【BONIQ設定】をご確認ください。

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿








【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照くださいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

The following two tabs change content below.
nao
1女・1男の母 調理師兼フードコーディネーター。 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。美味しく、シンプルに簡単なレシピが得意です。 リクエストいただければ、それに沿ったレシピ提案もさせていただきます。
nao

最新記事 by nao (全て見る)

このレシピを評価しませんか?

星をクリックして下さい!(評価は1回限りです)

現在の平均:4.8 (評価数:4 件)

評価がまだ1件もありません。

コメント

    • TK
    • 2020.04.15

    先日購入して以来、重宝させていただいております。
    素晴らしい製品・参考レシピを有難うございました。

    塩投入のタイミングについて、ローストビーフは、
    柔らかさ(美味しさ)の観点では加熱後を推奨されていたかと思います。
    他方ステーキのレシピでは、加熱前となっていますが、何か理由が御座いますか?

    • BONIQ
      • boniq
      • 2020.04.15

      コメントありがとうございます!ご愛用いただいており、大変嬉しいです^^

      後から入れると馴染ませる時間が必要になり、最初から入れた方がすぐ食べられるので(それで十分柔らかい)便宜上先に入れております。
      お時間の都合やお好みに合わせてお選びくださいませ!

    • mm
    • 2020.08.09

    いつも参考にさせていただいています。
    今回オーストラリア産のもも肉2cmのものを58℃、1時間で低温調理しました。切った断面は綺麗なピンク色でしたが、ナイフがスッと入る柔らかさとは程遠く、正直硬くて満足いく出来にはなりませんでした。。。
    厚さと時間以外はレシピ通りに行ってみたのですが。。。
    お肉はほぼ脂身がありませんでしたのでそのせいでしょうか?
    もしこういったお肉でも柔らかくしたい場合、温度や時間で工夫できますか?

    • キヨカワマサコ
    • 2020.09.06

    mm :
    いつも参考にさせていただいています。
    今回オーストラリア産のもも肉2cmのものを58℃、1時間で低温調理しました。切った断面は綺麗なピンク色でしたが、ナイフがスッと入る柔らかさとは程遠く、正直硬くて満足いく出来にはなりませんでした。。。
    厚さと時間以外はレシピ通りに行ってみたのですが。。。
    お肉はほぼ脂身がありませんでしたのでそのせいでしょうか?
    もしこういったお肉でも柔らかくしたい場合、温度や時間で工夫できますか?

    こちらの質問、私も同じです。
    5時間かけましたが、やわらか!っていう感じではなかったです。
    アドバイス等ございましたら、教えていただけると嬉しい限りです。
    よろしくお願い致します。

    • BONIQ
      • boniq
      • 2020.09.06

      お問い合わせありがとうございます。
      牛肉の部位はどちらで、どれくらいの厚みのものを5時間調理されましたでしょうか?
      食材や調理工程について詳しくご教示いただけましたら幸いです。

      同じ温度と厚みでしたら時間を長くするとパサツキを感じやすくなると思います。
      下記の加熱時間基準表に従って温度を下げてやってみてください。

      https://boniq.jp/pdf/ttguide.pdf

      どうぞよろしくお願いいたします。

BONIQ設定

材料一覧

  • ☆2人分☆
  • <BONIQする材料>
  • ・牛もも肉 ブロック/塊肉(厚さ3cm)  300g
  • ・塩  小さじ1/2
  • ・こしょう  適量
  • <ステーキソース>
  • ・赤ワイン  大さじ2
  • ・ケチャップ  大さじ1
  • ・ウスターソース  大さじ1
  • ・しょうゆ  小さじ2
  • <仕上げ>
  • ・ピュアオリーブオイル  小さじ1
  • ・黒こしょう  適量
  • <ほか、調理器具など>
  • ・小鍋(ステーキソースを作る用)
  • ・キッチンペーパー
  • ・フライパン(牛もも肉を焼く用)

新着レシピ

  1. 95℃ 米粉のチーズ蒸しパン:グルテンフリー

  2. 70℃〜 豚スペアリブの低温調理 温度比較実験

  3. 60℃ えびと帆立のマリネとペンネ弁当

  4. 60℃ ココア麹ペースト&活用法:砂糖不使用!

  5. 95℃ 米粉の中華風 蒸しパン:マーラーカオ