たまごレシピ

72℃ 濃厚なめらか♪エッグベネディクト

0
(0)


BONIQの低温調理ならポーチドエッグも簡単!
白身と黄身のバランスが絶妙でマフィンとの相性も抜群!

BONIQ設定

72℃
0:20(20分)

材料


☆1人分☆
・イングリッシュマフィン  1個
・卵  2個(材料写真では1個ですが、2個使用)
・ベーコンスライス  1枚(半分にカット)
・粗挽きこしょう  適量

<オランデソース>
・卵黄  1個分
・マヨネーズ  大さじ1
・バター  25g
・レモン汁  小さじ1
・塩  適量

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質40g以下)
カロリー  645 kcal -
糖質  23.3 g -
タンパク質  18.9 g  体重 x 1.2g ~ 1.5 g
脂質  51.1 g -
食物繊維  0.7 g 20 g 以上
カリウム  194 mg  3500 mg 以上
カルシウム 108 mg 650 mg 以上
マグネシウム  24 mg 350 mg 以上
鉄分  3.3 mg 7.5 mg 以上
亜鉛  2.4 mg  10 mg 以上

《手順》

BONIQをセット

食材全体がきちんと湯せんに浸かるよう、十分な水量を用意する。
72℃ 0:20(20分)にセットする。

バターを溶かす

バターをレンジで溶かしてあら熱を取る。

BONIQに投入

BOINQが設定温度に達したら卵を直接湯せんに入れ、低温調理をする。
この時、卵を完全に沈めて食材全体が湯せんに浸かるようにする。
(全体が完全に浸かっていないと熱が適切に伝わらず、加熱ムラが生じる。)

オランデソースを作る

卵黄とマヨネーズを混ぜる。
冷めた状態の溶かしバターを少量ずつ数回に分けて入れながら、混ぜ合わせる。
レモン汁を加え、味を見ながら塩で調節する。


急冷する

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったら卵を取り出し、氷水で急冷する。

ベーコン・マフィンを焼く

ベーコンを焼く。
マフィンは上下で半分にカットしてトースターで焼く。

仕上げ

マフィンの上にベーコン、ポーチドエッグの順にのせる。
仕上げに④のオランデソースをかけ、粗挽きこしょうをふって出来上がり。


《作る際のポイント》
オランデソースを作るとき、バターを冷ました状態で少しずつ入れ、しっかり混ぜて乳化させます。
一気にバターを入れてしまうと分離する原因にもなります。
またこのときソースに粗挽きこしょうを振るのが一般的ですが、あえて仕上げにソースの上から振ることで見た目も味も絞まります。

《作った感想》
エッグベネディクトに欠かせないポーチドエッグですが、基本的な作り方は鍋でお湯を沸かし、そこに酢を入れ卵を落として菜箸などでかき混ぜ、対流で卵黄に卵白を絡ませる方法になります。
コツを掴むまでは黄身が割れてしまったり、うまく絡まなかったり、一度に何個も作るとつきっきりになり、それはとても大変な作業でした。
今回、BONIQでポーチドエッグを作るにあたり温泉卵との温度の違いに気をつけて温度設定を決めました。
まず、温泉卵とポーチドエッグの違いは温泉卵の卵白は半熟で、卵黄は半凝固。
ポーチドエッグの卵白は半凝固で、卵黄は半熟です。
卵黄は約65℃、卵白は約75℃で固まるので、BONIQで調理する際は68℃ 30分で、完璧な温泉卵を作ることができます。
私の経験上、お店で頼んだエッグベネディクトはナイフを入れた時に黄身がタラっと流れる感じでフォトジェニックではあるのですが、なにせ食べにくい・・・!
黄身は全て流れ出て、白身もゆるく、マフィンもベチャベチャで手もベタベタ・・・なので、自分で作る時は食べやすいポーチドエッグを作るようにしています。
低温調理のポーチドエッグはねっとり濃厚で、鍋で作る半熟卵とはまったくの別物です。
失敗することもなく一度にたくさん作ることもできるので、ぜひ多めに作って色んなアレンジをしてみてくださいね。

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

今回ご紹介したエッグベネディクトは、1人前当たり卵を2つ使用するレシピになっています。
家庭で「卵は1日1個まで」と言われて育った人もいるかもしれません。実は、私の家庭もそうでした。
これは、「卵にはコレステロールが多く含まれており、卵を食べすぎるとコレステロールを摂取しすぎてしまう」という認識があってのことです。実際、過去にはコレステロールの摂取上限が定められており、その基準値は卵を2個食べてしまうとギリギリの数値になってしまいます。

しかし、2015年に厚生労働省はコレステロール値の摂取上限を撤廃しています。その理由としては、コレステロールと人体の各疾患に関連する研究結果が無いという点と、コレステロールは人体でも作られる栄養素であり、人間の生命活動に必要不可欠であるということです。口から入ったコレステロールは、肝臓によって血中コレステロール値が正常な値になるよう調整されています。つまり、口からコレステロールを多く摂取しても、血液中のコレステロール値にすぐに反映されるという訳ではないのです。

コレステロールは免疫力を高める働きがあり、体に無数にある細胞や伝達物質(ホルモン)の材料になる栄養素です。卵は1日2個ほど摂取しても体に害はありませんよ。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

レシピ動画もご覧ください

【濃厚なめらか♪エッグベネディクト】BONIQ設定 - 72℃ 0:20(20分)

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿






【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

nao

1女・1男の母 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。リクエストいただければ、それに沿ったレシピ提案もさせていただきます。

最新記事 by nao (全て見る)

このレシピを評価しませんか?

星をクリックして下さい!(評価は1回限りです)

現在の平均:0 (評価数:0 件)

評価がまだ1件もありません。

コメント

この記事へのコメントはありません。

BONIQ設定

  • 72℃
  • 0:20(20分)

材料一覧

  • ☆1人分☆
  • ・イングリッシュマフィン  1個
  • ・卵  2個(材料写真では1個ですが、2個使用)
  • ・ベーコンスライス  1枚(半分にカット)
  • ・粗挽きこしょう  適量
  • <オランデソース>
  • ・卵黄  1個分
  • ・マヨネーズ  大さじ1
  • ・バター  25g
  • ・レモン汁  小さじ1
  • ・塩  適量

新着レシピ

  1. 65℃ なめらか濃厚クリーミー!レバーペースト

  2. 60℃ 下味冷凍→そのまま低温調理 鶏むねソテー

  3. 【低温調理ならではの豚ロース肉レシピ】TOP9

  4. 70℃ 優しい甘み びわのコンポート

  5. 65℃ ガイヤーン 〜鶏もものタイ風焼き鳥~