魚介レシピ

55℃ めかじきのムニエル ココナッツオイル

0
(0)


嬉しい効果満載のココナッツオイルを使って。
BONIQならではのふわっふわ仕上げ!

BONIQ設定

55℃
0:20(20分)

材料


☆2人分☆
・めかじき(約80g)  2枚
・塩  適量
・粗挽きこしょう  適量
・薄力粉  15g
・にんにく  1片
・バージンココナッツオイル  大さじ3
・タイム  2本

<ココナッツオイルソース>
・トマト  70g
・ブラックオリーブ  2粒
・ケーパース  9粒

<仕上げ>
・パルメザンチーズ  5g

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質20g以下)
カロリー  371 kcal -
糖質  7.7 g -
タンパク質  16.8 g  体重 x 1.2g ~ 1.5 g
脂質  28.8 g -
食物繊維  0.9 g 20 g 以上
カリウム  468 mg  3500 mg 以上
カルシウム 44 mg 650 mg 以上
マグネシウム  29 mg 350 mg 以上
鉄分  0.6 mg 7.5 mg 以上
亜鉛  0.9 mg  10 mg 以上

《手順》

めかじきに下味をつける

めかじきの水分をペーパーで押さえ、水気をしっかり切って両面に塩、粗挽きこしょうをふる。

BONIQをセット

55℃ 0:20(20分)にセットする。

野菜をカットする

にんにくは縦に半割りにし、芯を取り除いて薄くスライスする。オリーブもスライスする。
トマトは1cmの角切りにする。

めかじきに薄力粉をまぶす

めかじきの両面に薄力粉をふる。余分な粉は払い落とす。

めかじきをソテーする

フライパンにココナッツオイルを熱し、温まったらスライスしたにんにくをソテーする。
焦がさないようじっくりにんにくの香りをオイルに移したら、めかじきの表面だけを強火でさっと両面焼く。
フライパンに残ったオイルとにんにくはソースで使うので、そのまま残しておく。

フリーザーバッグに投入

⑤のめかじきのみをフリーザーバッグに入れ、上からタイムをのせる。
フリーザーバッグの空気を抜いて密封する。

フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0

BONIQに投入

BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れ、低温調理をする。

ココナッツオイルソースを作る

⑤のフライパンを再度温め、トマト、オリーブ、ケーパースを軽くソテーする。

仕上げ

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらめかじきを取り出し、皿に盛り付ける。
ココナッツオイルソースとパルメザンチーズをかけて、出来上がり。



《作る際のポイント》
・めかじきの水分はしっかり切ってください。
・ココナッツオイルとヴァージンココナッツオイルの2種類がありますが、体にやさしいのはバージンココナッツオイルです。その違いは精製されているかいなかによって異なります。

《作った感想》
ハリウッドのセレブ女優の間で流行ったことで以前より注目されているココナッツオイル。
具体的な効能は、
①美肌 活性酸素を除去し、アンチエイジング効果を高める。
②ダイエット 体内でケトン体が作られるため、ブドウ糖の代わりに効率良く脂肪を燃焼させてくれる。通常の4倍以上の早さで消化吸収され、エネルギーとして利用されると言われています。
③便秘解消 ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸を摂取することで善玉菌が増え、腸内環境が整い便通を促してくれる。
④生活習慣病の予防 血液ドロドロを防ぎ、糖尿病予防にも効果的。
⑤認知症やアルツハイマー病の予防 ココナッツオイルを摂取することで作られるケトン体は脳のエネルギーとなり、これらの病気を予防します。
女性に限らず、男性からお年寄りまで嬉しい効果が盛りだくさんですね。
ココナッツオイルに合うおすすめな食材は、白身の淡白な魚(めかじき、もうか鮫、たらなど)や脂肪分が少ない鶏むね肉、鶏ささみ、豚もも肉などです。
淡白な食材ほど、フライパンやオーブンで高温調理をしてしまうと身がパサパサで繊維を噛んでるような食感になりがちなため、BONIQでの低温調理がベストですね。
めかじきもココナッツオイルでソテー後、中まで低温でゆっくり熱を通すことでふわっふわに仕上がりました!
残ったオイルもソースに使い回しができるので無駄もなく、そして淡白なめかじきとコクのあるココナッツオイルにトマトの酸味とオリーブの塩気が絶妙にマッチしていて、家庭料理とは思えません!
20分という手軽さも良いですね!

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

メカジキは「カジキマグロ」とも呼ばれる魚ですが、マグロの仲間ではありません。よって、身はタンパクな白身で鉄分はそれほど多くはないです。

メカジキにはビタミンDが多く含まれています。ビタミンDはカルシウムが骨や歯へ沈着する過程を助けるビタミンです。
骨を丈夫にしたい時にカルシウムをたくさん摂取しても、ビタミンDが不足していると正常にカルシウムを運用できずに骨粗しょう症や骨軟化につながります。

また、ビタミンDは血液中のカルシウム濃度を保つ働きもあります。血液中のカルシウムは筋肉や心臓の収縮、神経伝達にかかわるミネラルです。

ヒトは紫外線に当たることでビタミンDを作ることもできますが、外に出る機会が少ない人や偏った食生活をしている人には不足しやすい栄養素です。キノコ類や魚介類に多く含まれているので、骨を健康に保つために多めの摂取を心がけましょう。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿






【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

NAO

1女・1男の母 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。リクエストいただければ、それに沿ったレシピ提案もさせていただきます。

最新記事 by NAO (全て見る)

このレシピを評価しませんか?

星をクリックして下さい!(評価は1回限りです)

現在の平均:0 (評価数:0 件)

評価がまだ1件もありません。

コメント

    • ポッキー
    • 2019.05.14

    先に低温真空調理して、後からオイルソテーするのはどうでしょうか??味はかわりますか?

    • boniq
      • boniq
      • 2019.05.23

      コメントありがとうございます!
      味が変わるかはやってみないとというところではございますが、後からオイルソテーしても大丈夫(大きく味が変わることはない)かと存じます。
      なお、先の場合も後の場合にも、焼き過ぎにはご注意くださいませ。

BONIQ設定

  • 55℃
  • 0:20(20分)

材料一覧

  • ☆2人分☆
  • ・めかじき(約80g)  2枚
  • ・塩  適量
  • ・粗挽きこしょう  適量
  • ・薄力粉  15g
  • ・にんにく  1片
  • ・バージンココナッツオイル  大さじ3
  • ・タイム  2本
  • <ココナッツオイルソース>
  • ・トマト  70g
  • ・ブラックオリーブ  2粒
  • ・ケーパース  9粒
  • <仕上げ>
  • ・パルメザンチーズ  5g

新着レシピ

  1. 55℃ シェフ直伝 旨みの塊!丸ごと春子鯛&鶏胸

  2. 63℃ 和菓子のような鶏むね 桜餅風ロールチキン

  3. 1週間ダイエット献立 Vo.9(土)夕食

  4. 1週間ダイエット献立 Vo.9(土)昼食

  5. 1週間ダイエット献立 Vo.9(土)朝食