85℃ ふっくら極上 牡蠣のしぐれ煮

低温調理でふっくらプリプリ&旨みたっぷり。
濃厚クリーミーな口どけが絶品、贅沢な旬を召し上がれ。

BONIQ設定

85℃
0:05(5分)

材料


☆4人分☆
・生食用牡蠣  12個(250g)
・白髪ねぎ  適量

<A>
・酒  50ml
・みりん  50ml

<B>
・三温糖  大さじ2と1/2
・醤油   大さじ3
・生姜  10g

《手順》

BONIQをセット

85℃ 0:05(5分)に設定する。

牡蠣を洗う

牡蠣を洗ってぬめりを取り、ペーパーで水気を押さえる。

調味料を合わせる

小鍋に<A>を入れ沸騰させて煮切る。
続いて<B>を加え、3〜4分煮詰めてとろみがついたら火から下ろし、あら熱を取る。

フリーザーバッグに投入

フリーザーバッグに重ならないように牡蠣を入れ、③の調味液を加える。

フリーザーバッグの真空密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0

BONIQに投入

BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れ、低温調理をする。

仕上げ

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、フリーザーバッグごと氷水につけてあら熱を取る。
牡蠣を皿に盛り付けてフリーザーバッグに残った汁をかけ、お好みで白髪ねぎをのせて出来上がり。



《作る際のポイント》
牡蠣は生食用で新鮮な物を使用してください。

《作った感想》
従来の鍋で作る牡蠣のしぐれ煮は、身が驚くほど縮み、硬くなってしまうのが残念でした。
BONIQの低温調理なら、ふっくらプリプリでやわらかい食感を残すことができます。
旨みが存分に引き出された旬の牡蠣、お酒もご飯もすすむ美味しさです。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿





【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【加熱温度基準表】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
NAO

NAO

1女・1男の母 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。リクエスト頂ければ、それに沿ったレシピ提案もさせて頂きます。

【絶品!鮭の西京焼き】レシピ動画

【簡単やわらかミートローフ】レシピ動画

関連記事

  1. 61℃ 極上天然プロテイン!最強サラダチキン

    「えっ、これが鶏むね肉なの!?」パサパサで食べてたくないけど、健康の為に…

  2. 85℃ カリフラワーのカレーナムル&ライス

    栄養満点カリフラワーを低温調理でシンプルに美味しくいただく。低温調理…

  3. 78℃ 簡単!なめらか美味しいプリン

    低温調理で自宅で簡単に作れるなめらかプリン。きっとこれを食べたら外でプリ…

  4. 85℃ 濃厚まろやか!チョコプリン

    いつものなめらかプリンとは、一味違う!チョコレートをぎゅっと凝縮、まろや…

  5. 61℃ スルメイカとトマトの白ワイン蒸し

    低温調理×シンプルな味付けで、食材の旨みを最大限に引き出して。プリプリな…

  6. 80℃ ホットワイン(白)

    ほっと一息、癒しの味わい♪アレンジ次第でリッチな味わいに♪BONIQ…

  7. 55℃ ふっくらやわらか♪たらのマリナーラ

    しっとりふっくら、ホロホロ食感。あっさり淡白なたらにマリナーラソースが効…

  8. 80℃ プリッとヘルシー 揚げない海老チリ

    プリプリな海老が濃厚ソースとしっかり絡み合う。ダイエット中でも罪悪感…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP