65℃ 冷凍メカジキ そのまま中華煮

冷凍のままBONIQできる!
ふっくら味が染み染み煮魚の出来上がり。

BONIQ設定

65℃
0:30(30分)

材料


☆2人分☆
・冷凍メカジキ  85g×2枚(厚さ約1cmのものを使用)※生メカジキももちろんOK
・しょうが  1かけ(みじんぎり)
・にんにく  1かけ(みじんぎり)
・たかのつめ(種取って小口切り)  1本分
・白ねぎ  15㎝分

<調味料>
・オイスターソース  大さじ1
・しょうゆ  大さじ1
・みりん(電子レンジなどで煮切る)  大さじ1
・ごま油  小さじ1

<仕上げ>
・白こしょう(黒こしょうでも可)  適量
・パクチー(春菊など香りの強いハーブや葉物)  適量

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質20g以下)
カロリー  173 kcal
糖質  6 g
タンパク質  16.9 g  体重 x 1.2g ~ 1.5 g
脂質  7.8 g
食物繊維  0.3 g 20 g 以上
カリウム  439 mg  3500 mg 以上
カルシウム 9 mg 650 mg 以上
マグネシウム  34 mg 350 mg 以上
鉄分  0.7 mg 7.5 mg 以上
亜鉛  0.8 mg  1.2 mg 以上

《手順》

BONIQをセット

65℃ 0:30(30分)に設定する。

材料をカットする

にんにく・しょうがはみじん切り、たかのつめは種を取って小口切りに、白ねぎは斜めの小口切りにする。

フリーザーバッグに投入

フリーザーバッグに凍ったままのメカジキと調味料をすべて入れ、空気を抜いて密封する。

フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0

BONIQに投入

BONIQが設定温度に達したら、フリーザーバッグを湯せんに入れ低温調理をする。

味をしみ込ませる

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、室温に置いて(1時間)あら熱を取りながら味を含ませる。
すぐに食べない場合は、フリーザーバッグを引き揚げたら氷水に浸けて急冷し、冷蔵庫に入れる。

仕上げ

食べる際は、
・BONIQ65℃の湯せんに約5分
・約80℃の湯せんに約2分
いずれかの方法で浸けて温め、汁ごと皿に盛る。
上から白こしょうを挽いて、パクチーや春菊などを添えて出来上がり。

《作る際のポイント》
ある日、急ぎで冷凍メカジキを流水解凍していてふと思いつきました。流水解凍するくらいなら、低温調理の湯せんで“解凍”と“調理”が同時に行えるのではないか?と。
そこで「冷凍魚は凍ったまま低温調理できるか?比較実験」を行いました。その結果、冷凍魚をそのまま低温調理してすぐのものは中まで味が染み込んでおらず、解凍して調理したものと比較しても塩ムラを感じました。そこで味を含ませる時間を置いたところ、全く問題なく均一に味をつけることができました。
それを応用したものがこのレシピとなります。

仕上げの湯せんで温める際は、再びBONIQ65℃の湯せんで温めるのが間違いないですが、湯せんの鍋を火にかけて約80℃(泡が底から浮き上がってくるくらい)に2分程浸けるという方法でも可能です。短時間であれば、せっかく低温調理してふっくら仕上がったメカジキに火を通しすぎることはないと思います。

《作った感想》
以前より冷凍のまま食材を低温調理できれば便利だなと考えていましたが、なかなか完成度の高いものができませんでした。
今回は中まで味がしっかり染みて身もふっくら!納得の仕上がりとなりました。
時間のない時でもBONIQは強い味方。ぜひお試しください!

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

メカジキは適度な脂質を持つ魚です。魚油には血栓予防作用があるEPAや、脳や細胞の酸化を防止するDHAが含まれています。メカジキは特にDHAを豊富に含んでいます。

魚を解凍した時に出る「ドリップ」という水分や、煮魚をした時の煮汁には魚の栄養素が少なからず染み出ています。煮汁にじんわり浮いている油はごま油だけでなく、魚自体の油も含まれています。
栄養価を考えるのであれば、煮汁まで丸ごと召し上がるのが良いです。ただし、塩分に制限がある方は煮汁は多めに残しましょう。

献立的にはメカジキとネギで、たんぱく質と脂質は補えますが、ビタミンやミネラルが不足します。
付け合わせやサイドメニューにはホウレンソウやカボチャ、トマトなどの緑黄色野菜を多く使い、2~3品で栄養バランスの良い食事を組み立てるようにしましょう。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿






【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
小野寺 桂子

小野寺 桂子

大学卒業後にフレンチを学びにル・コルドン・ブルー・ロンドンへ留学。 その後、La Maison Courtineパリにて料理人をした後、フレンチの鉄人坂井氏がプロデュースの大阪の名門フレンチ ラ・ロシェルにて従事。食育インストラクター・日本ソムリエ協会公認ソムリエ。お酒にマッチするBONIQレシピを提案させていただきます。

【ローストビーフ低温調理 比較実験】レシピ動画

【がっつり!お肉レシピ】TOP3

関連記事

  1. 70℃ 爽やか!桃のコンポート

    白ワインの風味とレモンの爽やかさ!アイスクリームやヨーグルトに添えても◎…

  2. 85℃〜 ブロッコリー低温調理 温度比較実験

    BONIQマニアにおくる、低温調理の疑問あれこれの検証。日々低温調理…

  3. 63℃ スパイシー!手羽元のタンドリーチキン

    骨付きでジューシーなタンドリーチキン!スパイシーで本格派な味をビールと共…

  4. 65℃ サラダフィッシュ ~サーモン~

    身が引き締まっているが、硬くない。パサつきがなく、しっとり。相性最強…

  5. 57℃ 秋鮭のムニエル 濃厚レモンソース

    市販の鮭も、ホロッとやわらか高級料理店の味わい。濃厚なのに後味さっぱ…

  6. BONIQおすすめ1週間レシピ

    仕事に、家事に、子育てに・・・。日々目まぐるしく追われている主婦にとって…

  7. 55℃ ふっくら柔らか鱈の塩レモン焼き

    ムニエルでもなく煮込みでもない食感は、低温調理ならでは!食感はとにかく柔…

  8. 94℃ 癒しのお粥

    食欲がない時もこれで解決!シンプルな癒しのお粥。BONIQ設定9…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP