56℃ 極上肉を格上げ!牧草牛のステーキ

上質なお肉×「理想」のミディアムレア。
BONIQとの相性は最強!まずは塩こしょうで召し上がれ。

BONIQ設定

56℃
3:20(3時間20分)

材料


・牧草牛(厚さ2cm)  300g
・塩  適量
・粗挽きこしょう  適量
・無塩バター  5g

当レシピの栄養素

栄養素(1人分) 1日の推奨摂取量
低糖質レベル (一食:糖質5g以下)
カロリー  379 kcal
糖質  0.2 g
タンパク質  26.9 g  体重 x 1.2g ~ 1.5 g
脂質  28.1 g
食物繊維  0 g 20 g 以上
カリウム  452 mg  3500 mg 以上
カルシウム 7 mg 650 mg 以上
マグネシウム  27 mg 350 mg 以上
鉄分  1.8 mg 7.5 mg 以上
亜鉛  8.7 mg  10 mg 以上

《手順》

BONIQをセット

56℃ 3:20(3時間20分)に設定する。

フリーザーバッグに投入

牛肉の両面に塩をふってフリーザーバッグに入れ、空気を抜いて密封する。

フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0

BONIQに投入

BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れ、低温調理をする。

焼き色をつける

BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、強火に熱したフライパンにバターを入れて牛肉の両面に焼き色をつける。

仕上げ

お好みでカットして皿に盛り付け、粗挽きこしょうを散らして出来上がり。


《作る際のポイント》
牧草牛の美味しさを存分に味わうため味付けはシンプルに塩と粗挽きこしょうだけにしていますが、山葵塩やゆずこしょうなども合うでしょう。

《作った感想》
牧草牛(グラスフェットビーフ)とは栄養価の高い牧草だけ食べて育った牛(牧草飼育牛)で、赤身肉です。
低脂肪・低カロリー・オメガ脂肪酸も豊富で、最近とても話題になっていますね。
そんな牧草牛、身近にあるスーパーでは手に入りにくく、ネットや百貨店で購入するのがベストです。
金額的にも気軽に買えるものではありませんが、ステーキハウスでの外食を1回我慢すれば自宅で良質なステーキを味わえます。
せっかくの牧草牛、失敗したくないのでBONIQでの温度管理は必須ですね。
仕上げにバターで焼き目をつけて粗挽きこしょうを挽けば、プロ並みの仕上がり。香ばしく美味しい牧草牛を堪能できるでしょう。
これぞ「BONIQならでは」なミディアムレアでしっとりジューシー、旨味あふれる最強の一品です。

BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス

グラスフェッドビーフは普通の牛肉よりも脂肪が少なく赤身が多いので、カロリーを低く抑えることができます。また、赤身が多い分鉄分や亜鉛も多く摂取することができます。
ただし、赤身が多く脂質が少ない分、焼きすぎてしまうとせっかくの良質なお肉が固くて噛みきれない…ということにもなりがち。

グラスフェッドビーフがどうしても手に入らない場合は、牛肉の他の部位でも十分おいしく召し上がれます。
調理法と調理時間をしっかり守れば低温調理をした柔らかいお肉を安全に食べることができます。
素材の部位や下味、ソースをアレンジすると自分なりのレシピを作ることもできますね。

栄養バランスの面を考えると、ステーキだけではなく付け合わせを工夫するとより健康的な食事になります。
肉類に不足しがちなビタミン類は、温野菜やサラダ・フルーツで補うと良いですよ。特にフレッシュフルーツには、肉の消化を助けてくれる酵素が含まれているものもあります。キウイフルーツやパイナップル、メロン等がおすすめです。

質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^

レシピ動画もご覧ください

【極上肉を格上げ!牧草牛のステーキ】BONIQ設定 – 56℃ 3:20(3時間20分)

※訂正「BONIQ設定」:(正)56℃ 3:20(3時間20分)にてご設定ください。

ASMR(NO MUSIC)

※訂正「BONIQ設定」:(正)56℃ 3:20(3時間20分)にてご設定ください。

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿






【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
NAO

NAO

1女・1男の母 カフェのレシピ開発をやっていた経験から、カフェ系アレンジでのBONIQ活用レシピを提案します。リクエストいただければ、それに沿ったレシピ提案もさせていただきます。

前のページ

次のページ

関連記事

  1. 63℃ やわらか牛タンのねぎ味噌焼き

    やわらか&しっとり牛タンを濃厚味噌だれで。野菜で巻いて楽しい♪メイン…

  2. 63℃ しっとりローストポーク 3種ソース添え

    しっとりとやわらかな口あたりのローストポーク。おもてなしや持ち寄りにも最…

  3. 90℃ 半熟煮卵低温調理 漬け時間比較実験

    黄身までねっとり、究極の美味しさ。まずはそのまま。ラーメンや丼ぶりにも♪…

  4. 80℃ あん肝テリーヌ バルサミコソース添え

    おうちでフレンチ!なめらかに口の中で溶ける、完璧な仕上がり。“海…

  5. 80℃ 甘くジューシーなバターコーン

    こんなに甘くジューシーに仕上がるなんて!しょうゆやスパイスを入れたり、い…

  6. 80℃ 1番美味しいのは?さつまいも 比較実験

    さつまいもが一番美味しくなる方法はどれか?5つの方法で比較実験!5つ…

  7. 63℃ 豚ロース肉の味噌粕漬け

    様々な効能があり、日々の食事に取り入れたい「酒粕」。さらにしっとりや…

  8. 63℃ チキンのトマトクリーム煮

    しっとりやわらかチキンときのこが美味しい、濃厚煮込み。簡単、ほっこり。お…

コメント

    • ケンケン
    • 2018年 9月 19日

    初めましてケンケンです。
    低温調理をしてサーロインステーキを作ってみました!
    とてもおいしかったです。

    ですが、お店でこの品質を出すとしたら、保存方法や調理工程はどうすればいいですかね?

    もしお分かりになればうれしいです。
    どうかよろしくお願いします。

    • boniq
      • boniq
      • 2018年 9月 21日

      コメントありがとうございます^^
      保存方法は同梱のガイドブックに詳細が記載ございますので
      そちらをご参考になってくださいませ。

      お店でのステーキの調理工程を効率化する場合ですが、
      先にBONIQで加熱工程まで済ませて冷蔵庫にストックした状態から、
      翌日以降オーダーが入ってから、加熱温度よりも少し低い温度(55度で加熱した場合、50
      度)で厚さに応じて5~10分程を目安に再加熱してください。

      あとは、最後に表面を焼くことで出来立てのステーキが素早く提供できると思います。

      上記のやり方で、営業効率が上がったという飲食店様がいらっしゃいますので
      ぜひお試しくださいませ。

    • 渡辺
    • 2018年 12月 21日

    基本的なことなのですが、教えてください。
    厚みや大きさによって結構違ってくるかとは思いますが、
    サーロインやヒレ肉の場合も同様のやり方でいいのでしようか?

    • さわだ
    • 2019年 7月 11日

    2,3枚作りたいときは同時に入れても大丈夫でしょうか?
    その場合の時間は同じで問題ないでしょうか?

    • boniq
      • boniq
      • 2019年 7月 12日

      お問い合わせありがとうございます。
      もちろん同時に入れていただいて問題ございません。
      時間は同じで大丈夫なのですが、食材同士が重なってしまうときちんと1つ1つに浸透していかないため、くっつかないように入れるようにしていただければと思います!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語 / Languages

公式SNS

       

PAGE TOP