進化版低温調理器「BONIQ Pro」到着

大変お待たせいたしました!!

みなさまにお届けするボックスから、超スタイリッシュに進化を遂げたBONIQ Pro。
箱を開ける瞬間から、わくわくドキドキきっと喜んでいただけるはずです。

いよいよ第一便が出荷され、今まさに日本到着を目前にしています。
今回は一足先に、みなさまのお手元に届く様子と「BONIQ Pro」の進化したポイントを動画でご紹介させていただきます。
ぜひ実際に開封いただく瞬間をイメージして、お楽しみくださいませ。

『ダイエット、筋トレ、グルメ、健康、栄養、時短、手軽、経済的・・・』

発売2年で約2万3千台の実績を誇る低温調理器「BONIQ」の進化版、
パワーアップした「BONIQ Pro」が登場。
10月31日まで、クラウドファンディング「Makuake」で先行発売中!

※今ならコンテナを含めた全BONIQ Proアクセサリーがついてきます!!
「BONIQ Pro」クラウドファンディング プロジェクトページ

【低温調理とは?】
従来のフライパンや鍋を使った調理方法では難しい、「たんぱく質が最も美味しくなる温度」で加熱することが出来る、科学的調理方法。

【「BONIQ Pro」とは?】
2年前にクラウドファンディング、Makuakeで大ヒットした低温調理器「BONIQ」が、スタイリッシュに進化を遂げて、パワーアップ。
家庭ではなかなか調理の難しいたんぱく質がレストランクオリティでいつでも自宅で手軽に食べられる、画期的商品。

【「BONIQ」→「BONIQ Pro」進化したポイント】
・ハイパワー(1200W)
・防水仕様(IPX7)
・小型化(約36%サイズダウン)
・高剛性(フルアルミボディ)
・装着性(脱着式クリップホルダー)
・アプリ連動(遠隔操作)

【ダイエットやトレーニング、健康、グルメ、美容など食事に目的がある方】
これらの方々は、必ず「買ってよかった」と言っていただける方々です。
食意識の高い方は、美味しい高たんぱく食を作るのに苦戦していますが、それはたんぱく質は加熱すると縮んでしまうからです。
例えば鶏むね肉や赤身牛は脂肪分が少ないので、より顕著にたんぱく質の縮みを感じて固くなりパサパサして食べにくくなってしまいます。
しかし、「BONIQ」を使えば鶏むね肉ですら異次元の仕上がりになります。
多くのユーザー様にご愛用いただき、「BONIQがなければもう生きられない」と言っていただくことも多くございます。

【なるべく毎日の料理を効率化したい】
そんな方々にも、BONIQは大きく貢献します。
食材に下味をつけてBONIQをセットすれば、あとは出来上がりまで放置でOK、いつもの料理のようにキッチンに立ってずっと様子を見る必要はありません。
さらに、通常であれば作る料理の分増える洗い物も、BONIQならありません。
また、加熱温度が一緒であれば一気に複数の料理を同時に調理することができます。これはとっても強い魅力の一つです。
例えば、「鶏むね肉、鶏レバー、豚肉、半熟たまご、昆布出汁」は全て加熱温度63℃なので、これらを一度に一気に作ることができるのです。今日の分、明日の分、冷蔵・冷凍しておいて来週の分・・・など、作り置きしておけるのはかなり楽ですよね。

【栄養のある食事を摂りたい】
はい、まさにBONIQです^^
低温調理の素晴らしいところは食材そのモノがやわらかくジューシーに調理できるので、シンプルな調味料で美味しく、不要な添加物を摂取することや過度に味つける必要がなくなります。
日々の食事が10年後、20年後のカラダを作ります。決してないがしろにはできません。
さらに、BONIQなら熱に弱い栄養素も逃しません。流出してもフリーザーバッグの中に留まるので、フリーザーバッグの中に残った分もスープやソースなどとして活用することで、食材の栄養素をまるごと摂取することができるのです。
また、「サーモンやししゃものコンフィ」などで良質なフィッシュオイルの摂取も可能です。

【BONIQユーザーさまの生の声】
ぜひ、Instagramで「#boniq」で検索してみてください。
美味しいのに栄養満点で健康やダイエット、体作りに重宝するため、BONIQはプロのスポーツ選手などにもご愛用いただいてます^^

とにかくいいことづくしの低温調理ですが、わたしたちは単純に低温調理器を販売することが目的ではありません。
BONIQのテーマ、それは「日本人の食習慣を変え生活習慣病をなくす」です。

30年後に「BONIQユーザーはやけに健康寿命が長い・・・」と言われることが真のゴールだと考え、今後もさまざまな活動を続けてまいります。

発売2年で約2万3千台の実績を誇る低温調理器「BONIQ」の進化版、
パワーアップした「BONIQ Pro」が登場。
10月31日まで、クラウドファンディング「Makuake」で先行発売中!

※今ならコンテナを含めた全BONIQ Proアクセサリーがついてきます!!
「BONIQ Pro」クラウドファンディング プロジェクトページ

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿







【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照下さいませ。

また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
boniq

boniq

BONIQは、ユーザー様それぞれの本質的な目的をサポートする為のパートナーとなるべく低温調理器やそれをより楽しむためのアクセサリー、レシピ、実験記事などを開発しております。 低温調理の可能性を飛躍させ、【日本に低温調理文化を…】を創業以来掲げるテーマとして、一家に1台低温調理器の普及を目指し、そんな方々を見つめその目的達成の一役を担う事を最大の喜びとして、人生を捧げております。 どんな世界でも希望と覚悟を持って生きたいと願う全ての方々と共に・・・ 〜 Let's change your life 〜

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事